ピクシブ百科事典

レベル0

れべるぜろ

「レベル0」とは、ケーブルテレビ、地デジなどの電波受信レベル。全く電波を受信していない事を指す。または、「とある魔術の禁書目録」、「とある科学の超電磁砲」に登場する言葉。
目次[非表示]
  1. ケーブルテレビ、地デジなどの電波受信レベル。全く電波を受信してない事を指し、同時に番組を見れない事も指す。
  2. とある魔術の禁書目録」、「とある科学の超電磁砲」における「能力者格付け」の最下位を指す言葉。


ここでは2について説明。

概要

別名「無能力者」。学園都市内では落ちこぼれ扱いであり、「禁書」の主人公である上条当麻もこの位置にいる。
その冷たい待遇からグレて「スキルアウト」に入り、つるんでいる連中もいるようだ。とはいっても、学園都市の人口の6割がこれにあてはまるので、そこまで珍しい存在ではない。
中には木山春生のような自身の能力開発のためではなく、人の能力によって生じるAIM拡散力場などの研究を優先する科学者も学園都市内で居住している。

ちなみに「無能力者」と呼称されているが、超能力を全く有していない訳ではなく、程度は低いながらも能力を持つ者もいる。このレベルというのは学園都市の計測器がはじき出した数値を元に格付けされているので、計測器で観測できないカテゴリーの能力や、誤差範囲内だと断定されていしまった者もこのレベルにされてしまう。
また、能力の覚醒とレベルが上がるのは全く持って関係がない。例えば土御門元春はレベル0ではあるが「肉体再生(オートリバース)」という能力が開花している。
また同じく下層であるレベル1であっても結果的にレベル5になる一例(御坂美琴)もあるので、一概にも言えないかもしれない。

レベル0の快挙

レベル5撃破

基本的に能力の高い者こそが強く、能力レベルの高さが高ければ強いという考えが学園都市で通っており当然レベル0の人間が生身で協力戦闘能力を持ったレベル5を真っ向から倒す一例はないとされているが、結果的に、レベル0がレベル5に勝利すると言った学園都市の概念を覆す事例もある。
ただしこれをやってしまうと、学園都市の上層部からマークされて命を狙われる羽目になる。

  • レベル0の上条当麻は学園都市第三位のレベル5である御坂美琴に対し、傷つけはしなかったが攻撃を無効化し何度も勝ち逃げしている(6月中旬~7月17日)。
  • 同じく上条当麻は学園都市第一位のレベル5である一方通行(アクセラレータ)と2度交戦するもいずれも撃破している(8月21日・10月30日)。
  • レベル0の浜面仕上は、学園都市第四位のレベル5である麦野沈利と2度交戦するもいずれも撃破している(10月9日・10月17日)。しかも一対一である(上条当麻が一方通行に最初に勝利したときは周囲の協力アリ)。
※ただし、上条当麻は計測不可能な「幻想殺し」があるため、名目上レベル0ではあるが完全な無能力者では無い。浜面仕上は完全な無能力者。実質、完全な無能力者がレベル5を相手に勝利をおさめた例は、麦野沈利を破った浜面仕上のみ。

異性間で下克上をやっちゃった結果がこれだよ!

キャパシティダウン破壊

キャパシティダウンとは「とある科学の超電磁砲」で登場したテレスティーナ・木原・ベアトリーチェが開発した装置。ノイズを発して能力者の演算能力を大いに狂わせるチート兵器で、効果範囲は能力者全般。能力者は演算能力のみならず、神経や身体能力なども低下するようだ。
レベル5の美琴ですらこれで動きを封じられてテレスティーナ・木原・ライフラインにボコボコにされた。しかし無能力者にとってはただのノイズに過ぎないため、最終話でレベル0の佐天涙子に隙を突かれ破壊されている。

公式にレベル0だと明確にされている人物

※魔術サイド一筋のキャラは除外。

pixivに投稿された作品 pixivで「レベル0」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93418

コメント