ピクシブ百科事典

フレンダ=セイヴェルン

ふれんだせいゔぇるん

フレンダ=セイヴェルンとは、「とある魔術の禁書目録」とその外伝「とある科学の超電磁砲」の登場人物である。通称「フレンダ」。
目次[非表示]

『結局、日頃の行いな訳よ』

CV. 内田真礼

概要

通称「フレンダ」。ファミリーネームが「新約」1巻において妹のフレメア=セイヴェルンが登場したため、確定。
口癖は「結局~」、「~訳よ」。脚線美が自慢で、恐らく高校生。

学園都市の暗部で活動する組織の1つ『アイテム』に所属するメンバーの一人。学園都市の暗部にはあまり関心はなく、面倒事を避けて楽しく暮らしていければいいと思っており、『アイテム』にいるのも深い理由ではない(広く浅い友達の一端との認識)。
性格はお調子者で楽観的、暗部の仕事(ターゲットの排除を含む)を軽く見ている。だが仲間には優しく、滝壺理后を気遣っていた。口が軽く自己保身にすぐ走るという悪癖があり、これが後に身を滅ぼす要因となっている。

能力は作中では不明だが、「とある科学の超電磁砲」にて御坂美琴との交戦の際に一切能力を使わなかった事から、戦闘向きの能力ではない、もしくは低レベル能力者ではないのかと予想されていた。
しかし、アニメ「とある科学の超電磁砲S」第18話にて、フレンダがレベル4(能力はunknownとなっている)であることが確認できる。

基本はトラップや爆発物を用いて戦うスタイルで心理戦に秀でていたが、それらを看破されると即座に美琴のを掴んで投げ飛ばすなど、肉弾戦も得意である模様。
しかし肝心なところでミスをしてしまい台無しにしてしまう事も。他の『アイテム』メンバーである絹旗最愛やリーダーの麦野沈利にもたびたび指摘されており仲間内での信頼度は高くないようだ。


非公式

「アイテムのキャラはみんなかわいい!」という評判通り、やっぱりフレンダも可愛いキャラなのだが、無残な死(ネタバレにて)に様に衝撃を受けたファンたちは、二次創作の世界で「フレンダ生存説」を展開している。

言うなれば、前述のような「フレ/ンダ(ネタバレ注意)」にならなかった時間線のストーリーを描く人もいれば、「御坂妹」のようなクローンとしてフレンダが復活してくるというストーリーもある。さらにはフレンダが冥土帰しの手術で奇跡的に復活を遂げる、といったストーリーまで存在する。

余談

彼女の能力だが、スカートの中に尋常じゃない量の武器を収納しているところを見るにどこからかアポートしている可能性がある。だが他にも別の能力らしき様子があるため、実態は謎のままである。そもそも、原作では台詞が一つ二つしかないちょいキャラなので設定が固まっていない可能性あり。

関連イラスト

フレンダ
フレンダ
Frenda
フレンダさん




関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲

絹旗最愛 滝壺理后 麦野沈利 浜面仕上 御坂美琴 フレメア=セイヴェルン

プラシド←上記の真っ二つネタ繋がり

ジャズ上に同じ。
以下ネタバレ注意















とある魔術の禁書目録


暗部組織間抗争では対『スクール』戦で負傷、他のメンバーとはぐれた際に『スクール』に捕まってしまう。その際に保身に走り、情報を渡すかわりに見逃してもらったが裏切りを許さない麦野の手によって粛清、上半身と下半身を真っ二つにされてしまうという無残な死を遂げた。

彼女の遺体は第十学区にある墓地に埋葬された。

新約5巻でまさかの復活…と思われたが、実際は麦野の義眼に介入し、彼女の脳に誤認させていただけの偽物だった。ちなみに後ほど駆けつけた絹旗によると、正体は中年のオッサンとのこと。
麦野への復讐という形を装い麦野を襲うが、『死んだ人間は生き返らない』ことを理解していた麦野にはあっさり偽物だと見抜かれ、敗北。瀕死の状態で得体の知れない研究所の前に捨てられる。

新約12では非常に友達思いの少女だったと判明し、そしてその友人の一人が藍花悦を偽りフレンダを助けに行こうとした。
フレンダは友達全員分に誕生日プレゼントとボイスメッセージを残しており、それが浜面と上条の手によって発見された。

ぶっちゃけ、原作では死んだ後の方が輝きを増しているし、出番も多い。

とある科学の超電磁砲

美琴との対戦の際、電撃による尋問を受け、口が電撃で痺れたために結果的になにも喋らなかったものの、「情報を漏らしても麦野が負けるはずない」とあっさり口を割ろうとしており、間接的に『スクール』に仲間を売った際の内情を示唆している。この通りフレンダは麦野を非常に信頼しており、麦野も実はフレンダを結構可愛がっていた。それがどうしてああなった

また、新約12巻で語られた意外な事実を裏付けるように、なんと9月下旬から佐天さんと友人関係だったことが判明。
サバ缶を買い求めた折りに出会い、その日中に佐天さんの家で手作りサバ缶カレーを馳走になり、なんだかんだで結局SNSでやりとりする仲にまでなるという、驚きのコミュ力を見せつけた。つまり、旧約禁書15巻で仲間に語った「サバ缶カレーが最高!」の旨は、佐天さんの手料理に基づいていたのであった。
それどころか、ひょんなことから『スクール』に襲われた佐天さんを目撃した際には、浜面まで呼び出して本人にも『アイテム』にも一文の得にもならない死闘を行い、『スクール』下部構成員と弓箭猟虎を下して佐天さんを救出してみせた。聞きしに勝る友達想いである。
その翌日、SNSで「一週間後にサバ缶パーティーをする」約束を佐天さんと交わすが……前節参照。

あと、どうでもいいが、それと同じあたりの時点で滝壺より少し小さい程度のバストサイズであることも判明。絹旗が「超成長」と表現し愕然とし、本人すら「下着がすぐキツくなるから頻繁に買い替えなきゃならない」と文句を言うほどの急増量らしい。本人は「妹に揉まれるからかな」などと考えているが、ともあれ将来有望。将来なんてないけど
二次創作では貧乳キャラ扱いされることが多い彼女の意外な真実に界隈には衝撃が走ったとか走らないとか。

原作にもまして、死が確定しているキャラにも関わらず、これでもかと魅力を後付けする鬼畜采配であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「フレンダ=セイヴェルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1972951

コメント