ピクシブ百科事典

一松事変

いちまつじへん

「一松事変」とは、アニメ『おそ松さん』の第16話Bパートの題名である。
目次[非表示]

概要

アニメ「おそ松さん」の第16話Bパートの話。
一松カラ松に扮して巻き起こすドタバタ劇(という名のおそ松との攻防)が描かれている。
普段の一松からは想像もつかないような行動(テンパり具合やズレ具合)、発言(常識的なツッコミや心の本音)なども描かれており、第5話Bパートの「エスパーニャンコ」とはまた違った形で、彼の意外な一面を見ることが出来る回。


ストーリー(ネタバレ注意)

ある日の昼下がり、一松は二階の部屋のソファーで眠るカラ松を見つける。その足元にはカラ松が脱ぎ捨てたいつものイタい私服と、参考にしていると思われるメンズファッション誌
すると一松は突然、猫耳を生やし周囲を確認。そろそろとファッション誌に手を伸ばし…………次の場面ではカラ松の私服を着込んだ一松が現れた。

が、そこへパチンコに行っていたはずのおそ松が帰ってくる。
日頃馬鹿にしているカラ松の服を、それも勝手に着ていることがバレたら我が身の破滅。だが、おそ松が服装だけを見て「カラ松」と呼びかけてきたことを幸いに、一松はそのままカラ松になりすまして誤魔化すことを決めた

おそ松の「声、いつもと違くね?」「髪がボサボサ」「闇のオーラと友達いないオーラと、性格ひん曲がったクソみたいな雰囲気を感じる」との数々のツッコミにも、ちょっとズレたカラ松のイタい真似と、「風邪」という言い訳で強引に押し通しつつ、一松は何とかおそ松を追っ払おうとする。
しかしその場を去るどころか腰を落ち着けてしまったおそ松は「一松がネコのエサ用に買っていた煮干し」を取り出してきた。
「友達のための食べ物」をおやつとして一緒に食べるように勧めてくるおそ松に内心では殺意全開になる一松だが、保身を優先して一緒に食べてしまう
しかし、その様子を友達(ネコ)に見られてしまい……(違うんだぁぁぁぁ!!)

そんな一松の気も知らずおそ松は、今度は「そのサングラスと皮ジャンを着てみたい」と言い出す。それどころではないと押し問答する内に、一松は苦し紛れに

「俺は…お前が好きなんだよ!最近そっちに目覚めたんだ。だからお前の前で薄着になんかなったら……」

と意味不明な嘘をついてしまう。もちろんおそ松はドン引き。一松はますます自分の首を絞める結果に。

苦肉の策として「1000円やるから競馬に行け」と金を渡し、ギャンブルを餌になんとかおそ松を追い出しかけ、安堵する一松。
だが、最悪のタイミングで寝ていた本物のカラ松が起きてしまう。今度こそ終わったと、気を失いかける一松。
ところが、カラ松は即座に何が起きているかを把握したのか、置いてあった一松の服を代わりに着て自分が一松のふりをすることでこの場を収めようとしてきた
カラ松による一松の真似はツッコミどころ満載のものだったが、それはともかくその優しさに感動した一松はか心の中で叫ぶのであった。
(オレはもうカラ松boysだよぉぉぉぉぉ!!!)


そんな二人を怪しみつつも、ようやくおそ松は出て行く。
おそ松が去った後、事情を聞こうとするカラ松だが、一松は「誰にもバラすな」と逆ギレする。この状況で強気。
そして、とにかくまず着替えようとカラ松に言いつけ大慌てでお互いの服を元に戻そうとした一松だったが、足がもつれて転んでしまう。
そこへまたおそ松が「忘れ物をした」と戻ってきてしまう。
おそ松が見たものは、上半身裸で折り重なって床に倒れているカラ松と一松の姿だった。

「お邪魔しましたー、誰にも言わない」
「やめてよ、カラ松兄さん……」
「違うってぇぇぇぇぇぇ……!」

こうして一松カラ松に事の責任をなすり付けることに成功。
訳が分からないまま巻き込まれるという安定のカラ松オチで話は終了した。



「ネコカフェ」

ネコカフェで働くために面接に行く一松だったが店員として働くのではなく、自分も猫になって猫たちと戯れていたのであった。

関連イラスト

一松事変
一松事変



関連タグ

おそ松さん
一松 おそ松 カラ松

pixivに投稿された作品 pixivで「一松事変」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12659645

コメント