ピクシブ百科事典

カラ松

からまつ

『おそ松くん』に登場する六つ子の一人。次男。
目次[非表示]

概要

赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』およびその派生作品に登場する六つ子の次男。

他の六つ子とは一卵性六つ子の関係であり、誕生日は共通して5月24日(双子座)、血液型も共通してA型である。
名前の由来は、植物の名前「唐松」から。

小学5年生の設定である『おそ松くん』と成人後の設定である2015年10月のアニメ作品『おそ松さん』では性格が異なるが、ここでは合わせて紹介する。

本名は通常設定では松野カラ松である(初期設定やパラレルでは異なる場合がある)。

担当キャスト

一作目(白黒):鈴木恵美子
二作目(カラー):真柴摩利ハタ坊も兼任)
三作目『おそ松さん』:中村悠一


おそ松くんでの人物像

「カラカラカラっぽ!カラ松だい!!」

カラっとしていてさっぱりしているが、飽きっぽい。
六つ子の中ではすぐにカッとして喧嘩したがる方。だが公式で喧嘩が一番強いのはおそ松とされており、したがるだけで強くはない様子。
頭も財布の中身もカラっぽと言われており、実際にトランプが出来ないと発言したこともある。六つ子が所持金を確認したときは無一文のおそ松、14円しか持っていなかった十四松に続いてワースト3位だった。
単純な性格が災いしてか、喧嘩に参戦する確率は高いが敗北してにされる、最初に飛び出して行って怪我して戻ってくる(そして他の兄弟が報復に向かう)、などの痛い目に遭う描写が多く見られる。
留守番を頼まれたとき、一人で家族八人分のご飯をまとめておにぎりにして全て食べてしまったこともあり、かなりの大食らいであることも伺える。

おそ松さんでの人物像

「フッ、必要ないサ。なぜならこの世は毎日が誰かのバースデーだから」
(6話A「おたんじょうび会ダジョー」)

六つ子の中では参謀のような存在。基本的にクールでカッコつけている。(1クール目公式サイト)
常に自分の世界に浸り、カッコつけているぜ。(2クール目公式サイト)
向こう見ずで熱い性格の持ち主でもある。(公式Twitter)
ナルシストでカッコつける姿がイタく、中二病的な感性をこじらせたまま大人になってしまったタイプ。公式PVでは特徴として「イタい」と表現されている。

上記のように、ナルシストでイタい中二病キャラ。
どれだけイタいかと言うと、魚とおっさんしかいない釣り堀に来てまでカッコつけている。
サングラスをかけ、何でもないような台詞をポエムのように語り、回りくどい表現で述べ、ポーズも付ける。
自分ではかっこいいと思っているようだが、他者からかっこいいと評されたことはなく、モテてもいない。
見え見えにカッコつけているくせに自分では「普通」と答える。それがまたイタい。おしゃれに気を遣っているであろう末弟からは群を抜いてツッコまれている。「イッタいよねぇ~」
中二設定では、静寂孤独を愛するらしい(第1期担当EDなど)。
自身のファンの女子(妄想)をカラ松ガールズと呼んでいる。
平日の昼間に兄弟が思い思いに遊ぶ中では、で延々自分の顔を眺めていた。
そんな彼のイタい行動や言動には、兄弟含め周囲からドン引かれたりスルーされることが多い(恐らくイタいモードの彼は自分の世界に浸りすぎており話が理解できない、会話が成り立たないためだろうと思われる)。

イメージカラーは。一人称は「オレ(俺)」。
なお「フェス松さん」のパンフや「an・an」等では六つ子の一人称の表記がそれぞれ書き分けられており、カラ松はカタカナ表記の「オレ」になっている。
外見上の特徴は、他の兄弟より太めのキリッとした眉毛。アホ毛は二本。外ではサングラスを着用していることが多い。
パーカー姿では、基本的に腕まくりをしており、細身のスキニーを穿いている。私服では革ジャンドクロのベルトがデフォルト。
つなぎ姿でも腕まくりをし、ファスナーを開けて襟ぐりの開いた黒シャツにチェーンネックレスをつけている。パジャ松さんではバスローブにサングラスに赤い液体の入ったグラスを持って登場。
兄弟の中ではトド松と並んでおしゃれに気を使っている方であり、メンズファッション誌なども参考にしているようだ。ただし、ジャンルチョイスがイタい。
サングラスは投げ捨てるもの。ズボンは時に光る。どこで買ってきた。
終いに革ジャンの下に自分の顔がプリントされたタンクトップを着用し、サングラスの下にカラコンを装着している姿まで見せた。そのあまりのイタさに長男のアバラは折れた。20話Aでは真冬に前述のタンクトップ一枚と金ラメシューズホットパンツで決め、寒さで凍え死にそうになりながらカッコつけていた。バカじゃん!?
痛々しいこれらは本人曰く「パーフェクトファッション」とのこと。
厚生労働省のポスターでは鳶職の姿で登場。

ちなみにエロ本の隠し場所は棚の後ろ。……生p(ry
その他、分かりやすく「オザキ」を敬愛している。

プリントキャラマイドのセリフは「俺のパンタロンルックに惚れるなよ……」
パンタロンとは別名ベルボトムとも言われる、裾が広いパンツ(ズボン)のこと。ブーツカットにも似ているが、それよりも裾が広がっているものを指すことが多い。
日本のファッション史においてはしばしばブームになる形状のパンツであるが、パンタロンと呼ばれて流行したのは昭和40年代のことである。
しかしファッション用語の「~ルック」は本来は「アーミールック」といったように「~風ファッション」を意味するため、特定の衣服名の後につけるのはおかしい。
この残念なイタさがまさにカラ松といったところか。

酒には弱い体質であり、一杯程度で酔ってしまって飲めなくなるという(飲まないわけではない)。
好きな酒はウイスキー……に見せかけた麦茶、好きなつまみはから揚げなどのなら何でもいいタイプ(スペシャル上映イベントにて)。

周囲からイタがられるついでにダメージボケの扱いが徹底されている節があり、話のオチに充てられることも多い。

寝る時の位置は足元から見て左から二番目。一松トド松の間。


おそ松さん各話から見える性格・性質など


作中では、カラ松の対応が相手の望んだものであったかどうかに関係無く、スルーされたり(寝かせてください13話ほか)物理的に攻撃されたり(7話A8話Bなど)と酷い返しをされることが多々ある。
時には話を跨いでオチ要員とされていることも……扱いが全然ちがあぁ~う!!!
作中での自分の扱いが酷いことは自覚しているらしく、11話のダヨーン相談室では、「2クール目ではもう少しだけでいいから扱いを良くしてくれ」と訴えていた。しかし、言い終わる前にボッシュートされ爆破までされた。(22話でも、同じくトド松にやられており、さらにチョロ松・一松にセメントで埋められている)
「ちょっとかわいそうっていう意見も、出てるよーーー!!」

カッコつけて男らしさを見せている(つもりの)彼だが、チラホラと性根が弱い本性も見えている。
公式をして「メンタルは弱く、ガラスハート」(PASH!2015年12月号)。
暴言程度ならイタさでかわすこともできるようだが、手を出されたり驚かされたりするのには大変弱く、すぐに委縮して涙目になっていたりする。
また上記のように普段の一人称は「俺」だが、4話Aでの両親の離婚発表などの緊急時は着飾る余裕が無いのか親に対しては丸くなるのか、自分を「僕」と呼んでいた。
声優曰く「カッコつけでナルシストだが設定が徹底されていない為、すぐに素が出る」。

優しいと評される事について

容赦なくあしらわれる中二な彼だが、話中の所々に見える姿は存外穏やかだったりする。
逆作画崩壊した1話では肉食でありつつ優しいと評されていたが、実際にアニメージュ2015年12月号でも「優しい一面も持っており、人に対してなかなか怒らない。素の感情が出ると涙もろいヤツであり、意外と泣く」と明記された。
彼自身から他の兄弟へ直接的な罵りが生じたことは殆ど無く、色々痛い目に遭っても強くやり返したことも無い。
……と思ったら10話ではまさかの「イタい」の意味を知らず、取り違えていることが判明。その上で、イタがられている=他の兄弟が「痛み」を訴えていると思い、自分の行動が兄弟を傷付けているのではないかと悩んでいた。
また、16話Bでは、モノローグではあるが「その優しさはなんなんだ」とまで言わしめていた……。

酔いつぶれた一松を背負ったり、トド松の言動に心身に矢傷を受けた十四松の矢を、自分のより先に抜こうとしたりと弟思いな面がある。
そんな一方で、監督は彼の優しさについて「優しい自分が好きだから優しいんですよ、人に対して優しいんじゃなくて。そういうナルシズムです。」と言及している(2016年3月号PASHより)。
ただし、監督はアニメージュ2016年2月号のインタビューではカラ松のことをイイ奴と評しており、これらを踏まえると、「ナルシズム的な優しさ」も、そして「素の優しさ」も持ちあわせているという事だろう。
また、大江戸温泉物語で実施された「おんせん松さん」では脚本家の松原秀氏による描きおろしのシナリオが公開されたが、その中でチョロ松に「お前のその優しさはいつか身を滅ぼすぞ」とも言われており、兄弟からもその優しさは認識されているらしい。

普段は穏やかな彼だが全く怒らないというわけでもない。
特に長男には、脅かされて殴り返す財布を磨られて睨みつけるなど、他の弟に対してよりも一対一での当たりが強めのように思われる。
また末弟にも、自分らを虫けら扱いした上に噓をでっちあげてバイト先の女の子らと合コンに参加しようとしたのを知ってバイト先を荒らしたり、仲間と見せかけて裏切りリア充たちのバーベキューに参加する姿に静かな殺意を抱いたく、また自分の手に熱湯をかけた彼を睨むと厳しめの対応が見られている。

そして、兄弟そろってのクズ作業(10月31日パチンコ警察など)にはノリノリで参加する時がある上、1クール目担当EDでは、カッコつけつつも「次男だから責任はないし自立もしない」「最後まで実家から離れない」といった、他の兄弟たちと違わぬクズ宣言をし、第18話の予告も「労働と同じくらい不毛なこと」としてサボろうとしていた。

OAW(3話)にて、中学時代は演劇部で主役をやったことがあると判明している。しかし、16話Bパートで見せたのモノマネ演技は本人からは不評だった。また、第22話では合コンオーディションのつなぎ目でカチンコ係を担当してた。

尾崎豊関係のパロディをたくさん用いており、9話の予告ではサブタイトルを「OH MY LITTLE おでん」「十四の夜(「15の夜」と十四松を掛けたパロディ)」と言っていたり、先述の十四松にツッコミを入れているシーンに『OH MY LITTLE GIRL』の歌詞のパロディがセリフの中にあった。

第23話の次回予告では、これらの扱いを我慢してきた結果からか、普段のクールさ(かっこつけ)からは想像ができないくらい駄々をこねていた。
やーだーやーだー!!!!


24話Bパートでは、チョロ松の就職を家族たちと祝い、チョロ松に自分の顔がプリントされた痛いパンツや橋本にゃーの財布をプレゼントしたり、機嫌の悪いおそ松の代わりにパーティを進行させていた。しかし、はしゃいでいた十四松がぶつかったことにおそ松が激怒し手を出したのを見ると、おそ松を殴って外へ連れ出した……。カラ松がマジギレしたのは、これが初である。
その後、実家を出て行きチビ太の家に居候しながら就活を始める。そしてその夜、例のタンクトップを着ながら履歴書を書いていたのであった……。

だが、25話では・・・。

美術の才能

原作おそ松くんで巨大なくつ下を縫っていたり、雑誌で手作りと思われるエスパーニャンコのぬいぐるみを抱いていたりしていたが、美術の才能がある、という設定があるとの事。ギターの弾き語りをしたり、演劇部だった過去からも彼は文系なのかもしれない。
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1463980648
(リンク先より:引用 アニメで明かされた演劇部だった過去に続いて、「おそ松六年生」では美術の才能があるという一面が明かされています。)

大江戸温泉コラボ内での松原氏描き下ろしストーリーにて、
5話で兄弟たちに放置され殺されたことに対するトラウマが示唆されている。

関連イラスト

ガイアが囁いている
喧騒と通り雨とカラ松


カラ松ガールズ専用2
White Valentine.



関連タグ

おそ松くん おそ松さん 六つ子(おそ松くん) 

カラ松事変…5話Aパート。カラ松の初メイン回。 
チビ太の花のいのち…15話Cパートのタイトル。カラ松が、なんと結婚!?

カラ松ガールズカラ松ガールズの聖地)…カラ松のファンの呼び名(?) 
カラ松マジ天使マジ天使系タグのカラ松版。 
安定のカラ松…扱いの悪いカラ松のイラストや漫画につけられるタグ。 
やだやだカラ松…24話の次回予告のカラ松。 
筋肉松マジ天使マジ天使系タグの筋肉松(カラ松&十四松)版。
カラ松兄さんマジ兄さん…カラ松の評価タグ。
クソ松…カラ松の蔑称。
カラ子じょし松さんにて。 
クソタンクトップ…カラ松自信の顔がプリントされたタンクトップ。命名はおそ松。  

痛い
うざかわいい

メンズナックル※第16話「一松事変」に登場したカラ松のファッション雑誌の元ネタ。

コンビタグ

長兄松=おそ松と
水陸松=チョロ松と
色松=一松と
筋肉松=十四松と
材木松=トド松と

トリオタグ

兄松六つ子兄組)=おそ松、チョロ松と
事変組グラデ松)=おそ松、一松と
原色松=おそ松、十四松と
寒色松=チョロ松、一松と
扶養保留組六つ子不合格組)=チョロ松、十四松と
カタカナ松=チョロ松、トド松と
偶数松=一松、トド松と
六つ子問題児組=一松、十四松と

pixivに投稿された作品 pixivで「カラ松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 348408726

コメント