ピクシブ百科事典

一松

いちまつ

『おそ松くん』に登場する六つ子の一人。四男。
目次[非表示]

概要

赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』およびその派生作品に登場する六つ子の四男。

他の六つ子とは一卵性六つ子の関係であり、誕生日は共通して5月24日(双子座)、血液型も共通してA型である。名前の由来は模様の種類である「市松模様」から。

小学5年生の設定である『おそ松くん』と成人後の設定である2015年10月のアニメ作品『おそ松さん』では性格が異なるが、ここでは合わせて紹介する。

本名は通常設定では松野一松である(初期設定やパラレルでは異なる場合がある)。

担当キャスト

CV
一作目(白黒):北浜晴子
二作目(カラー):横尾まり松本梨香(一部代役)
三作目『おそ松さん』:福山潤

実写版
舞台版『おそ松さん』:北村諒

おそ松くんでの人物像

「一松でございやす。」

「一」がついているが四男であり、またよく名前を「市松」と間違われることが不満らしい。
すぐにチビ太をいじめたり悪巧みを始める傾向のある六つ子の中では、比較的真面目で粋(ただし、まったく悪巧みに加担しないわけではない)な性格。また、比較的真面目なだけなので学力がずば抜けて他の兄弟より良いということは決してなく、クラスでビリである。(六人共)
自分の意思が強いと評価されており、他の兄弟が手を焼くわがままな子供キャラとして登場したチビ太と、対話を試みようとしたこともある。近所の叔母さんの子設定のチビ太の世話を六人で頼まれた際、皆でやんちゃなチビ太に振り回され、七階建てのビルに逃げられチビ太を追いかけて疲れている兄弟が次々とバテて行く中、五階までカラ松と残るもカラ松はそこでバテてしまい、「だらしないぞカラ松」と言って棒で頭を叩き(ちなみに各階でバテた兄弟から順に誰かが「だらしない」と言って棒で頭を叩いている。)、自分は六階まで上がるものの、「だらしないぞ一松」と言って自分の頭を棒で叩きバテる。自他共両面に厳しい傾向も見られる。
自分より小さな子供や他の兄弟への面倒見の良さがある。だが必ず優しい訳ではない。一方で、目上の言うことには素直に従うが、兄達の破天荒な行動は「つまらないと思います」などとバッサリ切り捨て、理不尽な行動をされた時には実力行使も辞さない描写がある。
基本的には喧嘩する前に対話で解決しようとするタイプではあるが、参戦するときは容赦なく相手をロードローラーで轢く描写もあるところから、敵に回すとえげつない攻撃してくるときがある。
また、真面目な性格ゆえか、六つ子が所持金を確認した時は彼が一番貯金が多かった。

おそ松さんでの人物像

「みんなよくやるよね、まわりに合わせてさ。 友達? 仲間? 俺には一生いらない」
(5話B『エスパーニャンコ』)

マイペースな皮肉屋で、とにかくしれっと毒を吐くことが多い(1クール目公式サイト)。
徹底的に斜に構えた薄暗い雰囲気の人物。
卑屈であり、自分のことをやたら「クズ」「ゴミ」と述べる。
2クール目からは公式サイトの記述が「マイペースでぼそぼそとしゃべるアブナイ奴」となった。

イメージカラーは。一人称は「おれ(俺)」が基本だが、エスパーニャンコが零した本音や前期ED曲では「ぼく(僕)」となっている。
なお「フェス松さん」のパンフや「an・an」等では六つ子の一人称の表記がそれぞれ書き分けられており、一松はひらがな表記の「おれ」になっている。
外見の特徴は、他の兄弟よりぼさぼさな髪と眠たげな半目、そして猫背。全体的に気怠げな雰囲気。アホ毛は二本。ただし半目については他の兄弟も普通にすることが多く、一松自身もごくたまに瞼を全開することがあるため、特徴的なボサ髪の方で見分けると判別しやすい。
おそ松に並んで松パーカーで過ごす時間が多く、マスクを着用している姿も見られる。着ている服が他の兄弟より大きめの印象を受けるが、サイズが大きいのか猫背のためなのかは不明。
松パーカー姿では、一本ラインの入ったジャージを穿き、つっかけのサンダルを着用。他の兄弟が靴下着用の中、彼だけは裸足でいる率が高い。ポケットにはネコジャラシが入っていたりする。
通常の寝間着は兄弟と同じだが、「パジャ松さん」では「DAT」と描かれた紫のトレーナーを着ていた。ちなみにこのトレーナーは外着としても2話で着用しており、ネコフュージョンするとプリントが「CAT」に変わる。
つなぎ姿ではファスナーを襟元までしめおり、やはりだぼだぼ気味。あと猫背

自らに「クズ」のレッテルを貼っており、何が原因なのかは不明だが、やたらとネガティブで後ろ向き思考を述べる暗い性格。だが特に引っ込み思案というわけでもなく、委縮することはほとんど無い。むしろ、しれっと毒を吐く。
自虐がデフォルトであるものの、かと言って他の兄弟のことを特別尊敬している節も無い。
1クール目担当EDでは「長男から末弟までそろってクズ」と言い切っていた。はっきりとは明言していないが、自分はその中でも一番のクズ、というのが彼の認識らしい。

なお、厚生労働省のポスターでは何かしらの現場作業員姿で登場。

酒に弱い体質であり、上映イベントで明かされた「好みの酒」はアルコールですらないドクペ。好みのつまみは手羽先。ドクペを飲みながら延々と手羽先を食べ続けるらしい。

寝る時の位置は足元から見て一番左端。カラ松の隣である。


おそ松さん各話から見える性格・性質など

2話Aパートの居酒屋では兄弟たちに社会不適合者の可能性をからかわれたり、4話Aパートでの母親との面接では、「誰かと一緒にいないと何をするか分からない」「息子の中から犯罪者が出てもいいのか」などといった、冗談か本気か分からないアブナイ発言をしている。
オーラ漂う危険人物としての認識は兄弟間でも共通しているようで、トド松からは「闇松兄さん」、おそ松からは「闇人形」、チョロ松からは「一番行動の読めないジョーカー」などと言われている。
ローテンションで無気力、常に我関せずのように見える彼だが、案外ノリがいいようで兄弟間のコント(7話Aデリバリーコント14話Bなど)には率先して参加している。表情も常に眠たげな無表情なわけでもなく、焦ったり泣いたりする描写も多い。
2話Aパートでは「兄弟たちに付いて来ただけ」「意味ないもん」とハローワークに行くことすら消極的な姿勢を見せていたが、イヤミの紹介で就職させられたブラック工場ではしれっと「終身名誉班長」の座に就き、いち早くライン作業から抜け出していた。また、16話アバンでは一人で猫カフェの面接に来ていた。

兄弟以外の人と行動することの少ない彼は、ネコが友達である。
自宅で飼っているわけではないが、一人出掛けた先の路地裏でネコと戯れたりエサをやったりする他、家の中でも抱いていたり撫でていたりと野良猫の扱いが非常にうまい。「親友」にあげるためにおいしい煮干しを部屋にこっそり隠している。
さらに、本人はネコ人間になることが可能(→猫松)。どういう原理かは分からないが、路地裏でネコとフュージョンしたのを皮切りに、その後もたびたび単独でも変身している。変身中でも本人の意識はちゃんとある模様。2クール目のEDでも猫耳を装着した直後にネコ顔に変身していた。なお、ネコ人間の時には人間の耳とネコ耳の両方ともが付いている。
また、完全なネコ人間ではない部分的な変身も可能なようで、10話では一瞬猫耳のみが生えて威嚇したり、16話Bパートでは通常の一松に猫耳としっぽが生えた姿にもなっていた。
十四松とは方向性や程度は違うが、まあまあ普通の人間ではない節がある。
ネコ以外に友達がいないことは自覚があるらしく、別に気にしていない素振りも見せていたが、5話Bパートでは……。

次男に対しては特に鬱陶しいと思っているようで当たりがやや厳しめで、胸倉を掴んだりバズーカでツッコミを入れたりする(長男曰く「カラ松にいじられたときの一松はヤバイ」。しかし話が進むに連れて別に仲が悪いわけではない様子も描かれている)。他にも、末弟相手にも、スタバァを兄弟と共に荒らし、合コンで兄弟達に哀れな姿にされた彼にいい笑顔で「おかえり」と囁いたり、彼のあざといキャラクターをいじったり、と若干厳しめである。また9話Bで十四松がデートしていた相手に告白することを知った際はプロレス技を「ギブアップ」されても止めずにかけ続けるなど、兄弟をいじることに関してはなかなか積極的である。不可解な言動の多い十四松と馬が合い、17話にてカラ松から「(十四松と)一緒にいる時が多い」と評されている。
さらには、第10話のオチで自分達を騙して大金を巻き上げたイヤミチビ太の檻に放り込んで黒い笑みを浮かべていた。そういえば、虎はネコ科だった…。

ところで、アニメ公式WEBラジオ『シェーWAVE』第3回の放送内で、隠れ設定としてキャラクター設定資料に「一松は実はMと書かれていることが明言された(6話Aパート「おたんじょうび会ダジョー」のオチで一松が喘ぎに近い声を発した件についての視聴者からのお便りに対し、あのセリフはそれを踏まえての福山潤によるアドリブであると回答があった)。
これによって、日頃の自虐ネタ、特に1クール目担当EDの「もっと蔑んでも、いいですよ」といったセリフなどの解釈がファンの中では変わってきている。→M松
一方で、上記のようにイヤミらに虎をけしかけたり、、14話Aパートでは兄弟にたいして看病と称した調教を行ったりと、Mに留まらない二面性を見せている。

他者に構わない「闇人間」呼ばわりされる彼だが、作中にはその内面も見え隠れしている。
まず下戸であり、アニメ冒頭である2話では同じく下戸である次男に背負われるほど酔い潰れていた。

また、4話Bパートトト子の部屋に呼び出された際には、ビジュアル系バンドマンのような格好で登場し居合わせた兄弟を驚かせた。その他、5話AパートではGLAYの歌を歌いながら踊ったりと、意外にロック系統への趣味があるのではとファンから推測されている。ちなみに、9話Bパート十四松への応援の際に兄弟達が考えたコーディネートのひとつには、これまたロックな姿があり、これも一松の仕業かと囁かれている。
そして16話Bパートでは……。

注射は何歳になっても苦手らしく、十四松に捕まえられ注射が行われそうになった場面では普段ぼそぼそしゃべる彼からは想像もつかないくらいの大声で泣き叫んでいた。
前述のように、兄弟たちに看病と称した調教を行ったりして振り回す一方、兄弟の中では二人で行動することの多い十四松には、彼のぶっ飛んだ奇行に振り回され痛い目に遭ったりすることも多々見られている。

エキセントリックなボケが多い彼だが、14話Aパートでは調教プレイの一方氷水に浸したタオルを作るという兄弟たちの中で唯一まともな看病をしていたり、第16話のBパートでは、おそ松の奇跡のバカ行動ラッシュに内心で真っ当なツッコミをしていたりする。

という風に闇以外の人格も持ち合わせる彼だが、13話Cパートではトド松からその点を「ノーマル四男」と揶揄された。それに対する一松は相手の服を銭湯の外へ持ち去るという仕返しをしていた。的確だったために戸惑ったのか、単に揶揄われて怒ったのかは不明である。

24話Bパートでは、おそ松を除く兄弟の中で1番最後に実家を出て、野良猫に最後に餌をあげていた。しかし、行く宛もなくフラフラな状態になっていた。その時にあの話に登場したカップルに助けられる。

だが、25話では・・・。

関連イラスト

弟松
いちまつ!


ぼくのともだち
松野家4男



関連タグ

おそ松くん おそ松さん 六つ子(おそ松くん)

エスパーニャンコ…5話Bパートのタイトル及びこの話に出てきたキャラクター。一松初メイン回で、彼の本心が明らかに。
ブラックサンタ…11話「クリスマスおそ松さん」の中の話の1つ。
一松事変…16話Bパートのタイトル。これもまた、一松の本心が分かる話。

一松マジ天使マジ天使系タグの一松版。
hide松4話Bパートのネタ。モデル本さんだ。
ゲス一松10話にて作られたタグ。
一子じょし松さんにて。 
一松様14話Aパートより。 
猫松…猫化した一松。 
M松…シェーwaveより。 
闇松兄さん6話Aパートにて、トド松が一松に対して言ったあだ名。
カラ松ボーイズ16話Bパートより。由来は、カラ松ガールズ。 
ティンカーイチ17話の中の話の1つである十四松パンにて妖精になった一松。
一松さん18話Bパートより。

イチゲルゲ童貞ゴッド…※未放送の3.5話ネタであるため、ネタバレ注意

こわいい


コンビタグ

パーカー松=おそ松、一松
色松=カラ松、一松
年中松=チョロ松、一松
数字松=一松、十四松
110松=一松、トド松

トリオタグ

弟松 六つ子弟組=十四松、トド松
偶数松=カラ松、トド松と
扶養合格組=おそ松、トド松と
六つ子問題児組=カラ松、十四松と
グラデ松=おそ松、カラ松と
寒色松=カラ松、チョロ松と
混色松=チョロ松、トド松と
ピタゴラ松=チョロ松、十四松と
円周松=おそ松、チョロ松と
ひよこ松=おそ松、十四松と

pixivに投稿された作品 pixivで「一松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 341098659

コメント