ピクシブ百科事典

三国太一

さんごくたいち

『イナズマイレブンGO』の登場人物。
目次[非表示]

CV:佐藤健輔

概要

プロフィール

雷門中サッカー部所属3年生。ポジションはGK。
雷門の裏のキャプテンと言われている。3年に進級した際、キャプテンの座を神童に託す。
母子家庭で育ち、料理の腕は天馬と同じくらい美味しいと称賛するほど。
母親にはフィフスセクターの指示によりサッカーの勝敗が決められていることを伝えておらず、指示に従っている自分の姿を見せたくなかったために今まで試合に呼んでいなかった。
家庭環境から安定した進路を取るためにフィフスセクターの指示に従おうとしていたが、天馬との接触や応援に来た母親の姿を見て自分の本音と向き合い、天河原中との試合でフィフスに逆らいゴールを守ることを宣言する。
海王学園との試合にてゴールを守れずGKのポジションを天馬に交代させられるが、天馬が魔神ペガサスでゴールを守ったことにより自分たちのサッカーを守る熱意とボールに向かっていく姿勢を教えられ、その後再びGKに戻り雷門のゴールを守った。この試合で新技フェンス・オブ・ガイアを習得。
幻影学園戦後、西園信助を次期キーパー候補に見込み、いろいろと指導する。新雲学園戦以降は信助がキーパーとして出場することがあり、彼の出番は減った。

イナズマイレブンGOクロノ・ストーンで雷門サッカー部が消えたパラレル世界では相撲部に入っている。
サッカー部が戻ってからも時空最強イレブン探しに連れて行ってもらえなかったりと出番は少なめ。
終盤、セカンドステージ・チルドレンとの対戦の際に登場したときは、なんと前作ラスボスポジションであるロココ・ウルパの必殺技、「真ゴッドハンドX」を習得していた(その後試合中に「絶ゴッドハンドX」に進化)。

特徴

ブロッコリーのような褐色の角刈り頭が特徴。
チームメイトから信頼の厚い、雷門中を支える柱のような存在。
メンタル面でもチームを支える縁の下の力持ち。いわゆるオカンポジである。(さらに公式にもそのような扱いを受けている)

子供のころから母親が試合の応援に来ると必ず勝つというジンクスがあり、母親は周囲の子供たちに「勝利の女神」と呼ばれていた。
三国自身も恥ずかしがってはいるが、自分にとっての勝利の女神は母だと認識している。

しかしアニメでは敵のシュートを受け止められる確率が著しく低い(演出上仕方が無いが)ため
「ザルキーパー」「ZARU(フェーダのSARUをもじった呼び方)」などと呼ばれ、
一部のユーザーからは「三国さんがキーパーだから負け確定」等と言われる事も多い。
母親は勝利の女神なのに、三国本人は疫病神扱いされるという皮肉な状態になってしまっている。

GO2ではあまり目立った活躍はなく、信助がGKであるため時空最強イレブンには
選ばれなかったのだが、パラレルワールドイベントでは別の意味で大活躍している。

パラレルワールドイベントの雷門イケメンコンテストでは
何とイケメンコンテストの前回優勝者となっている。しかしモテているハズの
霧野・神童・太陽が三国の顔を羨ましがる様子を見て、天馬は
「ここは美意識がねじまがった世界なんだ」と発言。つまり三国さんはゲフンゲフン

性格も普段の三国の性格とは少し変わっており、
「はあああっ!あなたの心をバーニングキャッチ!」「雷門のイケメンは俺が守る!」等と
妙な事を叫んでいる。おまけにコンテスト優勝の座は飛び入りしてきた天城に掻っ攫われ、
激しく落胆するなど普段の三国からは考えられないような凄まじいネタっぷりを発揮している。

またこれ以外にもイベントが・・・詳しくは下記で。

化身

パラレルワールドでは念願の化身を習得。
しかし、習得した化身は精鋭兵ポーン(MF化身)であり
三国は自慢げに信助に見せびらかしたが、信助は苦い表情をしていた。
ちなみにアームドも可能。

必殺技

  • バーニングキャッチ
  • フェンス・オブ・ガイア
  • 無頼ハンド
  • 真ゴッドハンドX(試合中に真から絶に進化)


関連イラスト

(いいシュートだ……!!!)
三国



関連タグ

イナズマイレブンGO

pixivに投稿された作品 pixivで「三国太一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2414285

コメント