ピクシブ百科事典

伊401

しおい

伊401とは、旧日本海軍所属の潜水艦、伊400型潜水艦二番艦こと伊号第四〇一潜水艦(いごうだいよんひゃくいちせんすいかん)、伊401のことである。ここでは、それをモチーフとした「艦隊これくしょん」のキャラクターについて解説する。
目次[非表示]

モチーフ元はこちらを参照のこと→伊400

データ

艦名伊401
図鑑No.155
艦級潜特型(伊400型潜水艦)2番艦
艦種潜水空母
CV伊瀬茉莉也
イラストしばふ


概要

愛称は「しおい」。
2013年12月の「蒼き鋼のアルペジオ」とのコラボイベントのクリア報酬として先行実装された。
以降、ドロップは確認されていないためコラボイベント以外では入手不可能だったが、2014年9月26日のアップデートで大型艦建造により入手可能になった。
他にも6-1海域の空母棲鬼が出現するハズレマスでのドロップも報告されているが、確率は極めて低い。

日焼けと思わしき褐色肌が印象的。これまでの潜水艦娘同様、スクール水着を着用しており、その上にセーラー服風のノースリーブを着用している。ちなみに今までの潜水艦娘よりも胸部装甲は薄めのようだが、身長は他の潜水艦娘より心なしか大きめである(通常動力式の潜水艦としては世界最大の全長122m・水中排水量:6,560トン。現在稼働している世界最大の「通常動力式戦術潜水艦」である海上自衛隊のそうりゅう型ですら84m・4,200トンである)

今までの潜水艦娘と違い、史実の伊401潜水艦に倣っているため改造前から潜水空母である。そのステータスは他の潜水艦と比べ、耐久・装甲等の値が基本的に高い(あくまで「潜水艦の中では」であり、軽巡flagshipを相手にした場合、ケッコンしていようが反航戦以上だと単縦でも無傷から大破を貰う可能性がある。決してしおいちゃんが無能なわけではないので怒らないように)が、それの引き換えとして燃費が多少悪い。他の伊号潜水艦を潜水空母に改造した場合よりも悪燃費となっている。
(とは言え、駆逐艦~軽巡洋艦レベルの低燃費ではある)
また、耐久が高いせいで入渠時間が長くなりがちであり、やや囮役としての適性は低め。
しかし、他の潜水艦より低レベルで改造が可能なのは大きな利点。最初から潜水空母なので「改造すると潜水空母になって困る」ということもなく、迷わず改造が可能である。改造すると開発不可の試製晴嵐を持ってきてくれるのも見逃せない。
試製晴嵐の記述にある「あの潜水艦に是非搭載を」とは彼女のことである。
また史実で終戦まで生き残っていたことを反映して運の数値が高いため、魚雷を二つ装備すれば夜戦でカットインを狙いやすい。


性格は他の潜水艦娘より大人びた容姿とは対照的に無邪気で天真爛漫な元気っ子。
小破時に入渠させると「お風呂にどぼーん!してきます!」と元気よくドックに飛び込んでいく。
朝方はかなりのハイテンションなのだが、日が傾くに連れて大人しくなっていき、午後6時で疲れ果てている様が見受けられる。
その元気な無邪気さから非常に精神的に幼い印象を受ける。健康的なお色気から「泳ぐLO」と呼ばれることもしばしば。
提督との関係も良好で父親と娘、または叔父と姪のような関係だが、あまりに彼女が無邪気すぎるため、男女の仲に発展するのはなかなかむずかしそうだ。

アニメ版蒼き鋼のアルペジオの第1話エンドカードにイオナと共に描かれており、「コラボイベントの報酬は彼女だろう」と事前予測していた提督がほとんどだった。

なお、絵師のしばふ氏曰く
しおいは下は日焼け跡があるけど上は全部日焼けしている」とのこと。
つまり……。
なお、しばふ氏はイベントで取り逃してしまった模様。

中の人関連

1月16日の伊瀬茉莉也さんのTwitterにて、自ら伊401の声を担当したことが発表された。
(参照)

ちなみにイオナ声優も、「黄色のプリキュア」を演じていたことで共通点があったりする。
ついでにプリキュア繋がりなら、伊168伊58声優最新作主人公を担当している。
2014年8月には、また一人黄色プリキュア声優が『艦これ』に参加していたりする。

なお、彼女はしおいの実装当初から2014年9月現在に至るまで、伊瀬茉莉也が担当する唯一の役である(他の中の人は深海棲艦を含め、必ず複数の役を担当している)。

pixivに投稿された作品 pixivで「伊401」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5678646

コメント