ピクシブ百科事典

冴月麟

さつきりん

冴月麟とは、東方Projectに登場予定だった没キャラ。 名前、スペルカードの一部以外すべて未設定である。
目次[非表示]

容姿

当初は東方紅魔郷の発売されたC62サークルカットに出ている謎のキャラクターがそうでないかと考えられていた。これがそのサークルカット
モノクロのサークルカットなので色は不明。手に中国の絃楽器の「六角二胡」を持っている。

C62のサークルカットのアレ:2.22


C62のサークルカットのアレ
C62のサークルカットのアレ(改)



しかし、C86において有志がZUN氏に直接問い合わせたところ、「C62のサークルカットの娘は適当に描いた名無しのキャラ」であることと「紅魔郷に出す予定は無かった」ことが判明し、名前を持ち紅魔郷に登場する予定だった冴月麟と、名前を持たず尚且つ紅魔郷に登場する予定も無かったC62サークルカット娘は事実上別人となった。

ただし、これは混雑したコミックマーケット会場内での回答のため、質問者をあしらうためにZUN氏が適当な回答をした可能性もあることを留意されたし。
(しかしもしこれが本当なのだとしたら、残る可能性は・・・)

尚、現在多く描かれている「紅白の服装・金髪」の配色は、東方紅魔郷リリースの約1年半前(2001/02/04)にZUN氏が
「新しいキャラを創ろうとか思いつつ金髪の謎巫女さん。」として描いたイラスト【 神道国幻想 】(蓬莱少女繪幻想に掲載)を参考に、あくまで個人の想像で二次創作として描かれた配色が広まった状態(ソース)であり、「同じ自機キャラの霊夢・魔理沙と色が被るのは不自然だ」という指摘もあるため、同じサークルカットのキャラクターでも異なる配色、またはモノクロでも描かれている。

無題
あなたはだぁれ?
謎のカラーバリエーション
2013年描き始め


死胎の産声



また別デザインの冴月麟を想像して描かれている場合もある。

「幻想になれなかった空想」 【冴月麟】
初めてCGを描きました
自分なりの冴月麟


東方紅魔郷ボツキャラ



姿・性格設定ともに公式で再登場をする機会でも無い限りは、あくまで二次創作の域を出ないキャラに過ぎない、ということに注意するべきである。

『風符』と『花符』

東方紅魔郷のデータに名前らしき文字が存在している。データは以下のような文字列。ちなみに「メモ帳」などのアプリケーションでゲームの起動アイコンを選ぶと確認できる。

冴月 麟 (風) 冴月 麟 (花) 霧雨 魔理沙 (恋) 霧雨 魔理沙 (魔) 博麗 霊夢 (夢) 博麗 霊夢 (霊)

これを見ると、符名が『風』と『花』だった事が分かる。----現在東方紅魔郷以降の登場キャラクターで、『風符』と『花符』を使用しているキャラクターは、
『風符』は射命丸文が、『花符』は風見幽香の2名のみ。
スペルカードシステム採用以降の原作ゲーム作品では、この2名が初登場したのは偶然にも同じ東方花映塚だった。
東方Project作品全体での初出は、文は書籍「東方文花帖」、幽香は旧作「東方幻想郷」である)

没理由

仕様ではもっとボリュームがあったんですけど、残り3ヶ月の時点で無理な仕様を片端から切りました。
カラフルピュアガール2003年9月号「急ピッチで開発した『東方紅魔郷』」のZUN氏インタビューより

でも突然新キャラで自キャラを用意されても愛着がわかない。
「東方永夜抄 体験版」の「おまけ.txt」より

「紅魔郷では時間が足りなかったため、カットせざるを得なかった」
「ZUN Q&A at Anime Weekend Atlanta」より

と言うような理由で未登場(没)になったとのことである。

読み方

『さつきりん』と一般的には読まれているが、

『冴』はさえこおるとも読め、
『月』はげつがつとも読める。
『麟』はりんという音読みだけしかない。

種族

Windows版以降の作品は、一部例外のキャラはいるが基本的に主人公(自機組)は人間である為、このキャラクターも人間として設定されていた可能性は高い。
その他に、『麟』は『麒麟』の文字なので「種族は麒麟ではないか」と言う意見もある。

関連イラスト

東方妖々夢のデータ内にに冴月麟が入っていた件
【東方】ゆうき麟りん 1話



関連タグ

東方Project 自機組 博麗霊夢 霧雨魔理沙

現時点で同じ符名を使用するキャラ
『風符』射命丸文 『花符』風見幽香

pixivに投稿された作品 pixivで「冴月麟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1071597

コメント