ピクシブ百科事典

処女膜

しょじょまく

性交の経験がない女性の膣の入り口にある膜状の組織。
目次[非表示]

概要

性交の経験がない女性の入り口にある状の組織。粘膜のひだで、膣口を狭めているが、完全な膜ではなく、通常は開口していて、月経血などを通す。多くの場合、初回の性交時に裂けるが、稀にそれ以外の原因で損傷することもある。

形態

基本的に膣前庭を構成する一部で、口を狭窄する形で存在する。
あくまで狭窄させているだけなので月経血の排出は出来るし、タンポンの使用も可能である。また、弾力があるため思春期のエストロゲン発来以降の場合、
直径2cm程度までなら破綻することなく開口できる。
穴の形状は多岐に及び、形状毎の名称も存在する。

発生学においては膣形成の際に分化しきらずに残ってしまった外皮
(尿生殖洞上皮)の一種と考えられている。
「発生学上は処女膜のない状態が人体として最も正常な形」
「高齢者になると膜がアポトーシスで消失する」という俗説があるが
高齢者でも処女膜および処女膜痕は膣前庭を構成する尿生殖洞上皮として残存する。

また個人によってはこの膜によって膣が完全に閉塞してしまっている
処女膜閉鎖症という症例があるが、確率的には極めて稀な例である。
この場合、月経の際に生じるおりものの排出が出来ずに体内に残って非常に危険なため、
早急な外科的治療が必要となる。

性交その他による形態の変化

性交または陰唇索引状態での開口径を上回る異物の挿入によって何らかの破綻が起こるが、
そのまま拡張される形で残る例もある。
多くの事例において背側処女膜縁の基部に達する離断・拡張が観測され、
所謂処女検査に置ける判別点も背側処女膜縁と脱力時の左右開口径を判断基準とする
性交後によって破綻した処女膜、処女膜痕は破綻処女膜と言われる。

出産や拡張プレイ等の器具を交えた激しい性行為、短い周期での頻繁な性交によっては背側処女膜縁を構成する破綻処女膜乳頭粘膜が坐滅してしまうことがある。
その場合、膣口から膣壁が大きく露出する形となり、性交未経験女性のそれと比較して大きく形態が変化する。

創作作品と現実

成年コミック同人誌等では、のかなり奥の方に存在する様に描かれていることが多いが、そもそも処女膜の指すものが性交経験のない膣口の呼称であり美容整形における処女膜再生が破綻処女膜収束による膣口の再狭窄化施術であることや、医学的に処女膜が完全かどうかを判断する判定基準を鑑みる限り、間違いであるとしか言いようがない

乗馬や自転車、バレエレッスンや新体操、激しい運動でも処女膜破綻が起きるという
俗説が存在するが、性器を強打する事故においてはまず先に小陰唇裂傷が大半であり
股割り等の開脚運動においても医学的検査の小陰唇索引よりも膣口が開くということは
物理的にありえない訳であり複数の医学書・論文によって科学的にありえないと断言されている。

初交における痛感や出血に関しては専門医でない者による俗説が入り乱れているが
処女膜の形状と性徴に於ける変化は個人差が大きいことと同じく
出血痛覚の有無の実態に関しても個人差が極めて大きい部分であり実際は不明である。
※性暴行事例において被害者本人が出血を認識していないにもかかわらず
実際は出血していたことが医師の診断によって見極められることがある

生物   性器 女性器
処女 破瓜

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「処女膜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7835663

コメント