ピクシブ百科事典

千堂武士

せんどうたけし

「はじめの一歩」の登場人物。
目次[非表示]

ロッキーゆうても、映画のやないで。ロッキー・マルシアノのロッキーや!

概要

cv:小野坂昌也(アニメ・ドラマCD版)、氷上恭子(幼少期)
大阪なにわ拳闘会所属。階級はフェザー級。
モデルは赤井英和

「浪速の」「浪速のロッキー」の異名を持ち、幕之内一歩に匹敵するほどの豪腕を誇るインファイターだが、お手本に忠実な幕之内一歩とは異なり、より攻撃に特化した野性的なタイプ。
左右から繰り出す斜め下からのスマッシュが武器。

コテコテの関西弁を操る典型的な下町の大阪人で、気性が荒いが根は優しい兄貴肌。いつも群がってくる近所の子供たちにファイトマネーで褒美を買ってやったり、後輩の星洋行や入院した沢村竜平の面倒をみたり、義理人情に厚い熱血漢。また大の好きで、自身の飼い猫のみならず出会った猫と片っ端から友達になるのが特技であり趣味

学生時代不良だったからか、学力は低い。本人曰く「喧嘩が好きで、相手をぶっ飛ばしてばかりいたら、いつの間にかプロボクサーになっていた」らしい。この時「名古屋の竜」と言われていた沢村と出会っている。

現在までに一歩と公式戦で二度戦った唯一の相手である(千堂の2戦2敗)

今でも一歩を一方的にライバル視しており、WBAの王者になった後真っ先に指名し再戦すると豪語しているが一歩の家に宿泊したり一緒に試合を観戦しようとジムまで訪ねてきたりしている為に「馴れ合い野郎」等と言われたりした。

なお、鷹村によれば一歩並みの巨チンらしい。

戦歴

一歩が東日本新人王に輝いたのと同時に西日本新人王となった。似たような経歴でなおかつ素晴らしいファイトをする一歩のことを早くからライバルとして認めており、全日本新人王決定戦で対決したが、テンプルに直撃をくらい3RTKO負けを喫した。
その後、伊達英二が返還した日本チャンピオンの座を巡ってヴォルグ・ザンギエフと対戦。ヴォルグのテクニックに苦戦を強いられ若干劣勢であったものの、審判のホームタウンディシジョンともとれる判定によって判定勝ちとなり、日本チャンピオンに輝いた。
防衛戦では一歩と戦った相手である冴木卓麻を下し、コンバットサウスポーの使い手である茂田晃にも苦戦しつつ最後は圧倒的な爆発力で勝利した。
一歩とのタイトルマッチにて再び激突し、両者とも丁々発止の凄まじい戦いを繰り広げた。互いに死力を尽くし戦い続け、ミックスアップと呼ばれる試合を通じての成長を遂げるほどの名試合を展開。最後は一歩のデンプシーロールの完成形を食らう形で敗北。
その後は世界戦を目指して試合を繰り返している。

関連タグ

はじめの一歩 柳岡かずひろ

pixivに投稿された作品 pixivで「千堂武士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1265714

コメント