ピクシブ百科事典

坂井三郎

さかいさぶろう

日本のエースパイロット。この人もまた伝説的な武勇伝もちである。
目次[非表示]

「もう、眠ってもいいかな?」(主治医に発した辞世の句。この主治医が最期を看取った)

大日本帝国海軍軍人戦闘機搭乗員(1916年~2000年)。最終階級は中尉。

太平洋戦争では主に攻勢期を前線において過ごし、後述するガ島上空での負傷により内地に帰還する。その後しばらく教官として後進の育成に当たるが、戦局の逼迫に伴い再び戦線に復帰した。
エースパイロット(撃墜王)の一人として知られた。
公認撃墜数は64機(自称)。
本人は「飛行機を壊さなかったこと」
「僚機を撃墜されなかったこと」の方を誇りにしていたという。
(僚機を撃墜されなかったエースパイロットは史上唯一である)

略歴

ラバウル基地所属時代のガダルカナル争奪戦を含め、零式艦上戦闘機で200回以上出撃している。

撃墜数100機オーバーがゴロゴロいるドイツ軍のエースたちと比べると、坂井のスコアはいささか見劣りするように見える。また、日本軍にも岩本徹三という坂井の2倍以上のスコアを誇るエースがいる。しかし、坂井がその活動期間を通じてほとんど太平洋方面で活動したことを考慮する必要がある。太平洋戦線は日米とも戦場と根拠地(または空母)が離れているため、ヨーロッパ大陸や中国大陸と比べ撃墜数や出撃回数は控えめになりがちである(1回の出撃がほとんど1日がかり)。

その中でも増槽なしで航続距離が2000kmを超える零戦専門のパイロットとしては最多出撃数を記録している。心身に多大な負担がかかる長距離飛行を繰り返しながら、多数の敵機を撃墜し、さらに同時に出撃した僚機を失わなかったことは、他に例を見ない(実際は反証やそれを裏付ける資料もあるのだが、正確性ではドングリの背比べ状態で、当人が鬼籍に入っているのもあって解明はほぼ不可能である)。リアルチートの1人である。当人も上記のように僚機の絶対的な生存率を誇りとしていたため、撃墜スコアの方は完全に二の次にしており、後年になって「もっと少なかったか、もっと多かったんじゃないかな」みたいな発言も残している(ちなみに公式認定撃墜スコアは28機とのこと。この数字が仮に事実としても、あのラバウル航空隊の仲間たちと競り合って稼いだのだから十分大戦果であろう)。

日本のエースと呼ばれる人物の中で、一般人にまである程度その名が浸透しているという点では陸軍の加藤建夫とともにツートップだろう。

逸話

戦闘機乗りになるまで

元々スピードに対して憧れがあった少年時代、低空で旋回する飛行艇を眺めていたことにより「早いものとしての飛行機」に憧れ、「海軍少年航空兵」募集のポスターを見て二回受験したが不合格
ならば「飛行機のある海軍に入れば触ることぐらいできるだろう。」というノリで海軍に志願兵として受験し合格。1933年5月1日に四等水兵として佐世保海兵団へ入団の後、5ヶ月後には戦艦霧島の15センチ副砲砲手として乗艦する。

1935年には横須賀の海軍砲術学校に入校し、200人中2位という成績を残し卒業、戦艦榛名二番主砲砲手に任せられるが、演習で榛名から射出される艦載機を見て搭乗員の夢を捨て切れず上官に打ち明け、年齢的に最後となる操縦練習生を受験して合格した。
(この当時は大艦巨砲主義真っ只中であり、それも戦艦の主砲砲手という花型からの転身は異例であり、上官に受験を打ち明けてからは砲手から外され弾庫員に回されるなど苦労もあった。)

輸送機

1942年初頭のインドネシア方面の上空で、
オランダ軍の大型輸送機を撃墜、または基地に誘導するべく接近した。
しかし、コクピット後方に民間人の母娘の乗客を確認し、流石に人道に外れるよう真似はできず輸送機はわざと見逃した。
(司令部には『敵が雲の中に逃げたので追跡は断念した』と報告。実際その通りだったが)
この輸送機の乗客の一人とは戦後に再会を果たしている。
本人は軍命に背いた事を恥じており、終生秘密にしておくつもりだったようで90年代半ばにようやく明かした。
実際、戦後に刊行された著書の中には司令部に報告したとおりのことのみが語られ、民間人の母子については一切触れられていないものもある。
著書の執筆時期が、マッカーサーが戦犯追及に入れあげていた頃だったのも大きい。

ガダルカナル上空にて

ガダルカナル上空では攻撃機の銃座に撃たれて重傷を負った。
失血で遠のく意識の中、4時間の帰路を操縦して帰投を果たしている。
この負傷により右目の視力を失い、ラバウル配属以前に左目の視力が低下していた(被弾時に破片が瞳孔に直撃するも、なんとワセリンを塗ってもらって0.8程度までの低下に抑えた)のと重なり、
ほぼ盲目手前の状態となってしまう。
当然、これが原因で坂井は搭乗員を辞めさせられそうになっている。
しかし新しい司令官の理解もあって最前線復帰。
更にそれと前後して左目の視力が奇跡的に復活した。
それでも最前線に立ち続けるのは難しく、後に長崎の大村や横須賀の教育部隊に異動、後進の指導に当たる。
しかし、理解者の少ない環境や、見解が周囲とは大きく食い違っていたなどの悪条件から、度々トラブルに見舞われ、時には自分がトラブルを起こしたという。

硫黄島防空戦

1944年6月22日、坂井三郎は本土に温存されていた戦力として硫黄島防衛にかり出された。
同6月24日、アメリカ海軍は先手を打って硫黄島を空襲。
迎撃に出撃した坂井であったが、不意に右後方から銃撃されている事に気付く。
そこで肩バンドを外して後ろを振り返り、片目である不利を補いながら切り抜けている。

さて本当に凄いのはここからである。
空戦が一段落し、引き上げようとした坂井だったが、なんと敵編隊に合流してしまった事に気付く。
15対1という圧倒的不利にも関わらず、敵の射撃をすべてかわして帰還している。
敵の中でも経験の浅い4人は円陣を組んで相互防御していたのだが、坂井の巧みな操縦で防御陣形を崩されている。
本人は著書のなかで『逃げるので精一杯だった』と書いているが、
敵編隊側にしてみれば「それはこっちのセリフである」と言いたかったことだろう。
しかもこの後、正確な航法でもって基地へ帰還している。
(さすがに堪えたらしく、この後体調を崩して地上待機になっている)

戦後

戦後は印刷会社に務めながら戦記ものや人生論などの本を執筆し、
とくに『大空のサムライ』は世界的ベストセラーとなった。

ある時坂井氏は、戦記漫画を描いていた頃の漫画家水木しげるに、
「勝った内容じゃなければダメだ」とアドバイスを送ったことがある。
しかし、日本軍優勢時に活躍した坂井氏と、劣勢期の戦場にいた水木では、戦争の捉え方が違っており、
水木は坂井氏の言葉を理解できず、アドバイス通りに描けず苦労したという。
その後の水木は妖怪漫画に転向し、後に実体験を題材にした漫画『総員玉砕せよ!』を描いた。

戦後、スキャンダルや問題発言からかつての仲間たちから距離を置かれ、葬儀にも僅か4名ほどしか出席していない。
しかし、講演会などで精力的に活動しており、テレビ番組に出演した際の発言が見学していた若者たちに絶賛されたこともあるなど、晩年は決して不遇ではなかった。
冒頭に記した最期の言葉が、それを物語っている。

余談

ストライクウィッチーズの登場人物である坂本美緒の元ネタ。彼女もまた伝説的なことを劇中にてやっている。

関連イラスト

大空のサムライ



関連タグ

パイロット 戦闘機
大日本帝国 大日本帝国海軍
零戦 撃墜王
大空のサムライ

坂本美緒ストライクウィッチーズのキャラクター。「坂井三郎」がイメージモデル。

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル:ドイツ空軍のエースパイロット。
エーリヒ・ハルトマン:ドイツ空軍のエースパイロット。彼も寮機のパイロットを一度も失っていない。
生存フラグ:僚機を失わずに連れ帰る
戦艦霧島戦艦榛名:戦闘機搭乗員になる前に砲手として配属。
藤岡弘、:映画『大空のサムライ』にて坂井氏を演じた。
永遠の0:主人公・宮部久蔵のラバウル航空隊時代に登場。
コジロー・サカイ:『宇宙一の無責任男シリーズ』:「無責任艦長タイラー」に登場するキャラクター。「坂井三郎」をモデルとしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「坂井三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54344

コメント