ピクシブ百科事典

広島電鉄

ひろしまでんてつ

広島電鉄は、広島県をエリアとする電車・バス事業を行う会社。 広電(ひろでん)の愛称で親しまれる。ここではおもに同社が運営する電車について記述する。
目次[非表示]

運行系統

基本的な運行系統は以下の8つであるが、このほかに臨時や入出庫などの扱いで運転される0号線がある。
また2号線には西広島から宮島方面への発着、商工センター入口やJA広島病院前、広電廿日市発着の区間便があり、3号線の昼間時間帯は宇品二丁目折返し運転であるなど、区間便がいくつか存在するが、同じ系統であれば区間便も同一の系統番号を名乗る。
なお、何故か4号線のみ欠番となっている。
(忌み番号もしくは発音の問題(行先を示す「for」と混同される)と噂されるが不明)

1号線:広島駅-八丁堀-紙屋町東-広島港(宇品)
2号線:広島駅-八丁堀-紙屋町(紙屋町東・紙屋町西)-十日市町-広電西広島(己斐)-広電宮島口
3号線:広島港(宇品)-紙屋町西-十日市町-広電西広島(己斐)
5号線:広島駅-的場町-比治山下-広島港(宇品)
6号線:広島駅-八丁堀-紙屋町(紙屋町東・紙屋町西)-十日市町-江波
7号線:広電本社前-紙屋町西-十日市町-横川駅
8号線:江波-十日市町-横川駅
9号線:八丁堀-白島

路線

市内線

文字通り広島の市内を運行する路線で、独立した系統である9号線を除いては殆どの電車が複数路線間で直通運転を行っている。たとえば1号線は本線と宇品線、2号線は本線と宮島線、といった具合である。市内線区間の路線は以下の通りである。

本線(M):広島駅-八丁堀-紙屋町(紙屋町東・紙屋町西)-十日市町-広電西広島(己斐)
宇品線(U):広島港(宇品)-広電本社前-紙屋町(紙屋町東・紙屋町西)
白島線(W):白島-八丁堀
横川線(Y):横川駅-十日市町
江波線(E):江波-土橋
皆実線(比治山線)(H):皆実町六丁目-比治山下-的場町

宮島線

広電西広島(己斐)と広電宮島口を結ぶ路線で、他の路線が軌道なのに対してこちらは「鉄道」、つまり郊外電車区間である。大部分が山陽本線と並行しているが、駅間距離が短く電車の本数もこちらのほうが多い。ただ、前便が各駅停車であるため広島市内から宮島口方面へは時間がかかる。このため急行運転が要望されているが、依然としてメドは立っていないようだ。

電停・駅ナンバリング

広電では、駅ナンバリングを採用している。なお、路面電車では広電のほかに豊橋鉄道(東田本線)、京福電気鉄道(嵐電)、長崎電気軌道がナンバリングを採用している。

本線・宮島線:直通運転先の宮島線(Miyajima)のM
宇品線:宇品(Ujina)のU
白島線:白島(Hakushima)のH、といきたかったが、比治山線がH使ったため、最初の「白」を英語読み。ホワイト(White)のW
横川線:横川(Yokogawa)のY
江波線:江波(Eba)のE
皆実線(比治山線):皆実(Minami)では本線・宮島線と重複するので、別名である比治山線(Hijiyama)からH

車輌

1000形グリーンムーバー・レックス

最新車両の1000形。
広電では、3・5車体連接車による運行を「連接車」、1車両での運行を「単車」と呼ぶ。つまり1車輌での運行であれば、路面電車でも一般的なボギー車でも「単車」と呼ばれる。かつてはこの他に2両の単車を1編成とした「連結車」2000形の運用もあったが、現在は休車状態にある。
1960年代までは車両を積極的に導入していたが、移行は廃止・存続が綱渡り的な状態であり(後に地下鉄の導入延期で廃止論は撤廃)、新車導入を控えるようになる。しかし旧型車の置き換えも急務であり、1970年代には同時期に全国(主に近畿地方)の廃車体を譲り受けて旧型車や宮島線専属の鉄道型車両(高床車)を置き換え、「動く電車の博物館」と言われたこともあった。これは同時に、70年代のモータリゼーションの進展で全国的にいかに路面電車が減っていったかを示すネーミングでもあり、どこか物悲しさを感じさせた。
しかし、80年代に入って見直され出した路面電車界において、広電は真っ先に完全新造車の導入再開を行っており、超低床電車の導入数も国内最大となっており、まさに全国的な路面電車界の盟主といえる地位を築いたとも言える。一方、60年代以前の新造車や他社からの譲渡車の廃車が進行している。
なお、連接車は主に宮島線と市内線の直通を向上させるべく60年代より導入を開始、80年代の車両新造開始以後は本格的な増加を始めたが、特に90年代中頃から連接車のみの導入を行っており、超低床電車も全てが連接車である。
更に言えばこれらの超低床電車の大半(5000形・5100形)は在来の連接車の定員に匹敵する規模で作られたため、国内では最大の5連接車体の長い編成を組む。
また連接車が全体的に増加したことにより、宮島線直通車輌以外でも連接車が単車を置き換える例が増え、また宮島線直通運用から撤退した旧型の連接車も単車置き換えに貢献している。
とは言え、閑散線区など、単車で十分な需要の箇所もあり、未だ大量に残る旧型単車の置き換えを促進させるべく、2013年より前述の5100形超低床車を3車体連接に短縮させた1000形の導入を開始。定員規模は他の多くの都市で導入されている2車体・3車体連接超低床車と同規模であり、これをもって本格的に残存する旧型単車を置き換えていく方針である。

単車

広島電鉄

市内線の主力の一つ、700形。
100形(3代):101号、開業当時の電車を再現した車輌。いわゆるレプリカ。4月~10月の土曜日、日曜日、祝日に「レトロ電車」として8号線で運行される。足回りは下記150形の157号のものを流用しており、150形・200形と共に日本でも数少ない「二軸単車」である。
150形:被爆電車。生え抜き車では残存する最古の車両であり、広電の定義ではない、一般的な定義上での「単車」にあたる(つまり、台車は二軸のものが一つだけ)。車体自体は1952年に取り換えている。156号が1987年に復籍したが、室内などが木製で運行の都度許可を取らなければならないため、現在はまったく動かない。
200形(2代):238号「ハノーバー電車」。1988年に、広島市がドイツ(当時は西ドイツ)・ハノーバー市との姉妹都市提携5周年記念として茶室を寄贈したお礼として、ハノーバー都市交通事業に戻っていた当車が広島市に寄贈され、広島電鉄に入線。毎年11月~3月の日曜日・祝日に8号線で運行される。12月にはクリスマス電車として活躍。
350形:一番最初に作られた宮島線直通対応車両だが、現在は実質的に直通不可。元の名は850形であったが、神戸市電車導入の際にこの形式を流用する予定があったらしく改番。しかし流用はされず、現在に至るまで850は空き番である。広電生え抜き車では数少ない60年代以前の製造の生き残りであり、乗務員研修にも用いられる。3両全車が現役。
500形:かつて存在した形式。初代は戦前に京王から購入した中古車の車体を載せ替えたもので、被爆電車の一つだった。その後初代700形となった後全廃。2代目は初代800形に続く戦後新造車で、2000年代初頭に全廃。
550形:当時全国的に流行っていた高性能車として作られたが、これまた全国的な潮流で一般車と同等の性能に戻された車両。直通対応にもなっていたものの、長らく1両のみ休車されていたが、2013年全廃。
570形:もと神戸市電500形。神戸市電時代から数えて80年ほど走っている電車である。車体は幾度かの改造を加えられているが、元をただせば日本でも最古参クラスの高齢車両。現在は582号のみ在籍。
600形(初代):650形と同時期に登場し、スタイルも類似。元々650形と共に高床型であった。しかし改良が進まず、早くに全廃となった。
600形(2代):もと西鉄北九州線500形。現在は602号のみが在籍するが朝ラッシュ時しか動かない。
650形:木南車両製でノーシル・ノーヘッダーの美しい車体が特徴。戦時中の1942年に製造され、数少ない60年代以前の広電生え抜き組の一系列。「被爆電車」として有名であり、終戦直後にも真っ先に走り続け、途方に暮れる広島市民を勇気づけた。この他、広電自社完全新造では初となるボギー車でもある。被爆電車では唯一現役であり、修学旅行などで貸切運用されたりもする。現在は老朽化に加え小型で収容能力が小さく、性能も最新型と比べると劣るため、651号と652号のみが現役。他に653号が貸切やイベントで使用される。
700形(2代):市内線主力形式の一つで1982年より製造。単車としては約20年ぶりの新造車である。製造時期によって性能が違う。701~707は旧型車の足回りを利用した釣り掛け式、711~714はカルダン駆動の完全新造車。台車と車体は何れも新造である。
750形:もと大阪市電1601、1651、1801形。特に1651形は自社製造の650形のデザインにも影響を与えた。戦前から戦後初期にかけての製造で、まとまって活動している系列では最古参クラスである。このため、もと1601形については700形に機器を譲り廃車。残りのグループも廃車が進行しており、2013年の1000形導入以後、現役で稼働しているのは1940年製の762号ただ1両のみとなったが、輸送力が大きいため混雑路線で重宝されている。また、一部はミャンマーに再譲渡された。なお、1両(766号)が「西部警察PART-Ⅱ」のロケで使用され、広電宮島口駅構内で爆破され、壮絶な最期を遂げたことで有名。しかもこのエピソード、広電の社史に堂々と書かれてたりする。
800形(初代):京都市電800形のコピー製品で、改造を終えた500→700形(初代)の続番となった、戦後初の完全新造車。前後扉故にワンマン化しにくく1両を除いて実働20年ほどで廃車となる。改造された803→2代目801も2代目800形のデビューを控えた1983年に引退、その後荒手車庫に保管されたが2003年に解体された。
800形(2代):市内線主力形式の一つであり、サイリスタチョッパ制御を採用した軽快電車。700形と同時期の1983年導入縦配置前照灯の初期車(801-802)、700形の製造後の1987年以降に量産が開始された中期車(803-812、更に細かく分類も可能)、3900形風に前面をマイナーチェンジした後期車(813-814)に分かれる。現在のところ最後に製造された単行車である。
900形:もと大阪市電2601形。大阪市電の廃止時に大量の廃車が発生したため、ワンマン化に対応していた14両を譲り受けた。750形と同じく大阪市電色で活動し、現在でも導入された数のおよそ3分の2が残存しており、市内線の主力の一つとして活躍中。
1100形:もと神戸市電1100形。後続の1150形とは神戸時代の性能が異なるが車体等は殆ど一緒である。1150形と同じく収容力やパワーの不足から全廃され、1両が保存目的で神戸に里帰りした以外は解体された。
1150形:もと神戸市電1150形。神戸時代は和製PCCカーの一つとして高性能車として扱われたが、少数派故に扱いにくく従来性能車に合わせて性能は落とされ、後に神戸市電全廃により広電に1100形と共に移籍した。冷房化も行われたが、プリペイドカードの機械を取り付けたときにパワー不足が発覚、輸送力もそれほど大きくなかったため1156号を残して廃車された。
1900形:もと京都市電1900形。他の中古車同様元の所属場所(当系列の場合は京都市電)と同一のカラーリングを施してある。全車両に京都にちなんだ愛称がつけられているのが特徴。京都市電の全廃は遅かったため、他社からの中古車では一番最後に広電に入り、戦前製の初代700形や元同僚の京都市電800・1800と類似した初代800形を置き換えた。全車両現役。使い勝手の良さから単行車では2代目700・800形と共に主力を張り、単行車では最多の在籍数を誇る。

連接車・連結車

【HD広電06】スタイリッシュ・グリーンライナー【3950形】

「Green Liner(グリーンライナー)」3950形。
70形:もとはドイツ(当時は西ドイツ)・ドルトムント都市事業70形。1959年デュワグ社製。ドルトムント市電が一部地下化されたため余剰となった電車を購入・改造したもの。保守に手間がかかるため新型連接車が入るといらない子になってしまい77号は2006年に解体。76号のみがマダムジョイ(広電系のスーパーマーケット)千田店前に展示。
2000形:元は1960年に350形の改良版として導入した宮島線直通の単行車だが、2500形や1300形(両形式とも現在はそれぞれ3100形・3000形)導入後は輸送力不足が指摘されたため、1974年に2両をそのまま連結化。その際余った1両は事業車とされたが、後に廃車された。貫通路付きの永久連結車は、今や純粋な路面電車では全国唯一の存在。2009年に惜しまれつつ営業引退したが、1編成のみ現在も在籍。3000形と共に旧直通色を引き継いでいる。
3000形:1975年にもと西鉄福岡市内線の1100・1200・1300形を譲り受けたもの。まず1300形が2連接のままで運行を開始し、その後輸送力増強のため3連接車に改造。このときに3000形を名乗った。当初は宮島線直通運用に就いていたが現在は市内線での活躍が中心。定員は広電史上最大であり、その圧倒的収容力はラッシュ時や催事に効果を発揮する。ラッピング車を除き旧直通色。一部はミャンマーに譲渡。
3100形:もともとは2車体連接車の2500形として登場したもの。2000形が連結化したことで収容力で逆転されたこともあり、1985年に無理矢理(←ここ重要)3車体連接車に改造して3100形となった。なお、2両5編成を3両3編成としたために連接車の片割れが1両余ったが、流石にこれだけではどうにもならないので廃車となっている。この際に「ぐりーんらいなー」色となっているが、どうも似合わないような…。現在も4編成ほど在籍しているがその運行はラッシュ時以外殆ど見かけない。なお、2500形時代には750形と同じ大阪市電1601形を元に、連接車に魔改造した編成が存在したが、流石にこちらは3連接車体にならず廃車となった。
3500形:初代「ぐりーんらいなー」、1980年に登場した「軽快電車」である。宮島線直通電車のサービスアップを狙い登場したが、元々2連接車体で登場したところを後から中間車を付け足したためパワー不足に陥ったらしく、最近は車庫で寝ているときのほうが多い。それでも詰め込みが効くのでラッシュアワーには動いていた。...のだが、故障を起こし荒手車庫に留置。なんとか修理したものの、2012年の広電100周年イベントの際にまたも故障を起こしてしまい、それ以降は荒手車庫の奥に入れられて事実上の休車状態となっている。1編成のみ。サイリスタチョッパ制御。
3700形:事実上3500形の量産車といえるタイプで、各部が簡素化されて生産性と信頼性が上がっている。もっとも、60年代あれだけ全国の路面電車業者を手こずらせたカルダン駆動をあっさりと導入している点からも、ここ数十年の鉄道技術の発展がようやく反映された形式と言えよう。座席配置も若干変わっている。制御方式は抵抗制御。後輩の増加により、市内線へコンバートされた車両も多い。
3800形:「ぐりーんらいなー」の一つ。広電では初めてVVVFインバータ制御を採用した。短期間で大量に増備された。前期型は丸ライト、後期型は角ライト。この3800形と3900形は従来とカラーリングが違う。超低床車を除く連接車では最大勢力。
3900形:「ぐりーんらいなー」の一つ。3800形を踏襲したデザインだが性能面ではモーターの出力が上がっているなど進歩が見られる。3800に続行する形で製造されたが、製造期間は同車より長い。3800形との見た目の違いは前照灯の形状と周辺の緑帯の巻き方に顕著。
3950形:3900形の車体をマイナーチェンジしたもの。デザインを外部に委託してよりスマートなスタイルとなった。愛称も英語表記の「Green Liner(グリーンライナー)」となった。一時期振動問題から市内線専属となり、その後も宮島線直通と市内線を行き来することが多いが、基本は直通車である。

超低床連接車

「GREEN MOVER(グリーンムーバー)」5000形。
5000形:ドイツ・デュワグ(現シーメンス)製、5車体連接の超低床電車「コンビーノ」の広島仕様。通称「GREEN MOVER(グリーンムーバー)」第1編成は飛行機に乗せられてやってきたことで有名。試運転のときは黒いフィルムを貼り付けていた。広電初の超低床電車として活躍し、2号線で運行中。朝ラッシュは3号線にも入る。1編成のみ1号線を中心に運行される。近年行先表示幕のLED化が進行中。また、日本の電車としては恐らく唯一のクイル式駆動車である。12編成が導入されているが海外から部品調達する手間を考えてか5007編成は休車され部品取りにされている。
5100形:国産初の100%5車体連接・独立車輪の超低床電車で、愛称は「Greenmover max(グリーンムーバーマックス)」。おもに、市内線(1号線)での運用が主だが、朝ラッシュには5号線に入る。また、1編成が2号線の運用に就いている。
1000形:国産の100%3車体連接の超低床電車。5100形の3車体版とも言える。市内線単行車の置き換え用。単行車の代替であるため連接車では初のワンマン対応車となった。1001号の愛称は「ピッコロ」、1002号の愛称は「ピッコラ」で、開業時を意識した茶色の塗装。1003号以降は「Greenmover LEX(グリーンムーバーレックス)」として、5100形をマイナーチェンジしたような塗装。2016年現在は10編成導入され、着実に勢力を増やしている。
市内線の7・8・9号線と1・3・5号線でそれぞれ運行。

高床車

広島電鉄1060型電車


かつては宮島線専属の、床が路面電車より高い車両が使われていた。要は一般の鉄道車両である。1060形、1090形など1000番台を名乗る形式が多かった。

関連イラスト

【HD広電04】広電の新しい顔【1000型Ⅱ】
みーやのたびてつ Vol.09 広島電鉄編


(左)1000形各種。上がピッコロ・ピッコラ塗装。下がGreenmover LEX塗装。
(右)左が3100形、右は時計回りに旧大阪市電750形・被爆電車650形・Greenmover max5100形・Green Liner3950形・ぐりーんらいなー3800形。

鷹野みゆき誕生祭2013(サイドステッカー08)


(左)上段右より時計回りに750形・2代目700形(0番台)・350形・2代目800形(中期タイプ)。
(右)引退した連結車、2000形。

【HD広電05】大切にされてます【1900形】
広島市街パニック!


(左)旧京都市電の1900形。
(右)西部警察での爆破シーンを再現したイラスト。

関連タグ

広電 路面電車 鷹野みゆき 的場まりな

pixivに投稿された作品 pixivで「広島電鉄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 315073

コメント