ピクシブ百科事典

怪談レストラン

かいだんれすとらん

『怪談レストラン』は、日本の児童文学のシリーズ。2009年にテレビ朝日系列でTVアニメ化した。
目次[非表示]

概要

怪談レストラン』とは、日本の児童文学のシリーズで、ホラーを題材とするオムニバス、童心社刊。
怪談レストラン編集委員会編、松谷みよ子責任編集。たかいよしかず、かとうくみこ絵。

第1巻は1996年刊行の『幽霊屋敷レストラン』で2007年刊行の『真夜中の学校レストラン』でシリーズ50巻に達した。童心社のサイトでは、「800万部のベストセラー」として紹介されている。

アニメのストーリー

山桜町にある小学校に通う大空アコは、冒険小説家の小学6年生。
そんなアコのクラスに、謎の美少年甲本ショウ転校して来る。
帰国子女の彼は、世界中の怖い話を集めている。そのショウが街はずれの廃墟、通称「怪談レストラン」へ行くことを誘うのであった。


アニメの登場人物

大空アコ
CV白石涼子
アニメでの主人公。山桜小学校6年生。
赤いフレームの逆ナイロールの眼鏡と太い眉毛が特徴。
眼鏡が外れたり汚れて見えなくなったりすると、パニックを起こしたり急に冷静になったりする。
ユウマ曰く「眼鏡を外すと性格変わる」らしい(眼鏡がないと周りが認識できず、普通に歩けない)。あだ名は「アンコ」。ランドセルにおばけギャルソンのキーホルダーをつけている。

甲本ショウ
CV:優希比呂
アコのクラスに転入して来た、帰国子女美少年。 個人主義のため、クラスでも孤立気味である。
怖い話が好きで、世界各地の怪談を収集している。そのため、怖い話やそれにまつわる話について精通しており、アコに解説をすることもある。怖い噂のある場所によく訪れてはVTRで撮影したりする。

佐久間レイコ
CV:浅野真澄
アコのクラスのクラス委員。
頭脳明晰で成積優秀、科学的根拠のないことは信じない現実派。
黒髪のロングヘアが特徴の美少女。なぜかアコによく突っかかってくる。第1話でキキーモラ人形に魂を吹き込み、人形と魂がいれかわってしまう(アコたちに助けられたが、本人は何も覚えていない)
意外にいたずら好きであり、赤のカラーコンタクトと偽の牙をつけて、ドラキュラの魂が乗り移ったかのように見せかけた。

お化けギャルソン闇のギャルソン
CV:平田広明
『幽霊屋敷レストラン』のオーナー(ギャルソン)のお化け
怪談レストランシリーズ』のメインナビゲーターであるため出番が多く、たかいよしかずが描いたイラストに限り、似たような幽霊が他の話のレストランにも登場している。
蝶ネクタイが特徴で、片手に白い蝋燭を持っている。
原作ではその時によって一人称は変わり、「ドロちゃん」と言う別名もある噂。
アニメでは怪談レストランの支配人である。

ばけねこさん
CV:島田敏
化け猫レストラン』のオーナーで、オスの化け猫
タキシードを着ており、丁寧な口調だが、少し小心者。
アニメでは怪談レストランの従業員であり、第2話に登場。
語尾に「ニャー」をつけて話す。幽霊ねえさん同様、おばけギャルソンとは息が合っている。11話ではCGとして登場していた。初期EDではメス猫とダンスを踊っている。

火の玉ボーイ
CV:関智一
『火の玉レストラン』に登場する火の玉
一人称は「わて」。手を出すことが出来る。
アニメでは怪談レストランの従業員であり、第9話に登場。情熱的な性格で「ファイアー!」と叫ぶ。おばけギャルソンとは親近感がある為か真っ黒こげになろうが怒らず嫌がらない。11話ではCGとして登場していた。


関連動画

ED

Lost Boy(歌:SEAMO)


関連イラスト

ようこそ
怪談レストラン




関連タグ

お化けギャルソン 闇のギャルソン 大空アコ 甲本ショウ 化け猫さん SEAMO - Lost Boy EDに使用されている


他の記事言語

Kaidan Restaurant

pixivに投稿された作品 pixivで「怪談レストラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4513009

コメント