ピクシブ百科事典

戦場カメラマン

せんじょうかめらまん

戦場に赴き、撮影や取材を行うカメラマン。

概要

戦場に赴き、戦争の様子を撮影するカメラマン
戦場だけでなく、後方の戦争の影響を受けた人々の様子を撮影することもある。
2010年渡部陽一が人気を博したことから注目を浴びるようになった。
基本的には軍に同行し取材を行なうことが多いが、個人で赴くこともある。
危険に見合う金銭を稼げるわけでもなく、軍に同行する場合はある程度の信用やコネが必要となり、個人で赴く場合もまたコネや多額の金銭を必要とするなど、限られた人しか出来ない商売でもある。
個人で赴く場合は不法に国境越えを行なうこともあり、政府側にとっては犯罪者と変わらない行為をする必要がある、スパイ行為を行なっていると見られる等、リスクも大きい。
さらに軍に同行しないために何処にいるか等が管理されないため、攻撃を受ける危険性もある。
カメラでの撮影の際に、歩兵が携行するロケットランチャー地対空ミサイルで物陰から狙っているように見え、レンズの反射が狙撃銃のスコープと誤認されるため。

娯楽作品では現実には先ず存在しないような戦場カメラマンが登場することもあり、現実に存在する戦場カメラマンを見て違和感を感じるというのはよくあること。

関連タグ

職業 カメラマン 戦争 戦場 戦地

pixivに投稿された作品 pixivで「戦場カメラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133038

コメント