ピクシブ百科事典

楠幸村

くすのきゆきむら

楠幸村とは、ライトノベル『僕は友達が少ない』の登場人物。
目次[非表示]

アニメ版の声:山本希望

プロフィール

年齢16歳
学年聖クロニカ学園高等部1年1組
誕生日6月13日(遅生まれ)
星座双子座(♊)


概要

小鷹達の後輩にあたり、「しんのおとこ」「おとこのなかのおとこ」を目指している。
本人は「にほんだんじ」を自称しているが、外見はどう見ても美少女なので周りから避けられてしまい、友達がいない。
自分のことを「わたくし」と呼び、作中では幸村の台詞は「ほぼひらがなのみで表記」されており、原作ノベル内で台詞を読む場合は注意が必要である(ただし、アニメ2期での字幕では「さすがに読みづらいだろう」というスタッフ側の配慮なのか、幸村の台詞にも漢字が使用されている)。なお、アニメ版とドラマCD版とゲーム版では「抑揚の付かない静かな声」で話している。

いつも誰とも群れず堂々としている(と幸村は思っているが、実際は友達がいないだけの)小鷹のことを「あにき」と呼んで尊敬しており、そのキャラクターを面白がった夜空に言いくるめられ隣人部に入部した。
さらに「真の男は女装していても男らしさがにじみ出るもの」と夜空に騙され、そのための特訓と称し隣人部・私生活ではメイド服、水着も女性用のものを着用するようになる。

男子の制服を着て男だと名乗っていたため、当初は「美少女のように見える男子」だと思われていたが、後に実は女子であることが判明する。そしてそれ以後は「真の男の魂を持っていれば、生物学的には女でも男になることができる」と夜空に再びそそのかされ、まず「形から入る」ためにそれまでのメイド服に替わり執事服を着用するようになった。しかし9巻からは本来の性別通り、学園の女子の制服を着用するようになっている。

ちなみに名前は両親(正確には母親)が「戦国武将みたいに堂々とした漢になってほしい」と願って付けたものである。

普段はぼーっとしておりマイペースだが、小鷹に対するイメージや夜空の嘘を愚直なまでに信じ込むなど、非常に思い込みの強いところがあり、極端な言動に走ることも少なくない。
しかし、その分「裏表がなく一途」であり、性格も穏やかであるため、隣人部の中では常識派の部類に入る。よく、小鷹の代わりにマリアの面倒を見ている。戦国武将が大好きな歴史マニア(ただし日本史、特に戦国時代以降の武将関連が主な興味の対象であり、世界史の人物問題で「織田信長」と答えてしまうほど世界史の知識には疎い模様)。

なぜ「自分を男だ」と思っていたのか、男として生活しているのかといったことについては「かていのじじょう」としか答えていなかったが、その原因は幼少期の母親との何気ない会話と、先述した「本人の思い込みの強さ」にある。
また、作中で女であることを自覚する以前から周囲からの指摘はあったものの、それを一切気に留めなかったため、教師などの大人には性同一性障害だと思われ放置されていた。

家族はゲームクリエイターの母・姫子との母子家庭。父は母のヒモだったが、母の妊娠を知って逃げ出している。そのため母からは死んだことにされ「立派な日本男児であった」という嘘の印象が幸村に植えつけられているが、これも現在の人格形成の一因となっている。また母の関係で、実はゲームの腕前は相当なものである。

葵とは価値観の違いから反目しあっていたが、幸村が小鷹の代役として生徒会の仕事を手伝ったのを機に「ゆっきー」「ゆさゆさ」と呼び合う程の仲になる。彼女から女子力を高めることを提案され、それまでとは逆に女性らしく振舞うようになり、夜空に見切りを付けた。

特徴

華奢な体で、普通の男子生徒よりも胸板が薄い。
部室ではメイド服を着ている。後に執事服も着るようになる。
水着セパレートの水着とパレオ

関連イラスト

僕は小鷹になりたい


 

関連タグ

僕は友達が少ない
羽瀬川小鷹 三日月夜空 柏崎星奈 羽瀬川小鳩 志熊理科 高山マリア 
鷹幸

pixivに投稿された作品 pixivで「楠幸村」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1130428

コメント