ピクシブ百科事典

流星街

りゅうせいがい

漫画「HUNTER×HUNTER」に登場する地域名。
目次[非表示]

概要

この世の何を捨てても許される場所。独裁者の人種隔離政策に始まり、1500年以上前から廃棄物の処分場となっている地域。
政治的空白地域で公式には無人とされているが、実際は多数の住人が暮らしている。人口は推定で800万人。
東京都埼玉県程度の面積。詳しい場所については作中でも明記されておらず不明である(ヨルビアン大陸のどこか?)。
幻影旅団のメンバーの大半がこの街の出身者である。

住人

捨て子や犯罪者、住処を失った民族などが集まることで、多人種のるつぼとなっている。流星街の住人は廃棄物を再利用することで暮らしている。
政治的干渉を全く受けない地域だが決して無法地帯ではなく、長老達による議会制度で統治されている。また住民同士の結束は非常に強く、流星街を脅かす存在には自爆テロ等で報復するなど、外的対策は徹底している。
ただし街の理念が高じるあまり、現実味のない問題を抱えて迷走してしまうことも多い。

存在しない街

HUNTER×HUNTERの世界では国民総背番号制が浸透していて、データベースに照会すればどんな人物でも個人情報が特定できるシステムになっている。
しかし流星街で生まれた人間は社会的な情報を一切持っていないため、存在しない人々とされている。
どんな情報でも足がつかないため、流星街の住人はマフィアンコミュニティにとって貴重な人材である。コミュニティはゴミの投棄という名目で武器や資金の提供を行っており、マフィアと流星街は蜜月関係にある。

関連タグ

幻影旅団
ゾルディック キキョウ ゴトー
ビゼフ ウェルフィン ヒリン ザザン

pixivに投稿された作品 pixivで「流星街」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85435

コメント