ピクシブ百科事典

ウェルフィン

うぇるふぃん

漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。キメラアント師団長。
目次[非表示]

概要

CV:中村大樹

オオカミ型のキメラアント師団長。
猜疑心が非常に強く、悪知恵の働く小悪党タイプ。
嗅覚がとても鋭く、臭い相手追跡したり嗅ぎ分けることができる。
女王が死んだ後は東ゴルトーのに下り、シャウアプフから能力を与えられ護衛軍に従っている。
自らがになろうとはせず、を裏から牛耳る影の王を目指そうと画策している。


※以下ネタバレ


ザイカハル

人間だった頃の名前。NGLに所属していて、イカルゴとは仲間同士であった。
また、唯一ジャイロに対してだけは心を開いていて、自分が仕える王であると認めていた。

宮殿地下でイカルゴと戦うが、を惜しまない彼の覚悟気迫に押されあっさりと降伏する。
その後イカルゴとの会話で、自分が信じた本当の国と王を思い出し、NGLを滅亡させたキメラアントこそが自分達の敵であると認識。憎悪の念を抱くようになる。

念能力

操作系能力者

卵男(ミサイルマン)

念で具現化したミサイルを放ち、の体内に『黒百足(クロムカデ)』を植え付ける能力。
背中に装着したミサイルランチャーから一度に4発のミサイルを発射する。ミサイルには追尾機能があり、対象者に命中するまで追い続ける。このミサイル自体に殺傷力は無く、植え付ける『黒百足』は一発につき一匹である。
発動条件はウェルフィンが相手に対して質問命令をすること。これに対して相手が偽ったり逆らったりした場合に、攻撃が可能になる。誰かに対して呼びかけれていればいいので、ウェルフィンが相手が認識できてなくても攻撃は可能である。

黒百足(クロムカデ)

ウェルフィンに対する反抗心を糧にして成長する生物。彼の念によって創られた。
彼の命令を背いたり、危害を加えようとすれば、宿主の体に激痛を与え、最終的には体を突き破り死に至らしめる。
最大の反抗心は彼を殺そうとすること。
ウェルフィンは黒百足の解除方法を設定していなかったが、実は黒百足はウェルフィンのに呼応しており、本人が弱気になったり本音を語ると、虫は苦しみやがて死ぬ。

関連イラスト

ウェルフィン
メルエム「あーお腹減った(笑)」


ハンターハンター ウェルフィン 殉職?
ウェルフィンさん


関連タグ

キメラアント メルエム シャウアプフ モントゥトゥユピー
ブロヴーダ イカルゴ ジャイロ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウェルフィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89018

コメント