ピクシブ百科事典

破滅の魔獣

はめつのまじゅう

「破滅の魔獣」とは、デスザウラーの異名。
目次[非表示]

概要

「破滅の魔獣」とは、アニメゾイド-ZOIDS-」における戦闘機械獣「デスザウラー」の異名である。
みんなのトラウマ」の一つにも数えられる存在であり、どうあがいても絶望を体現した究極のラスボス

詳細

かつて古代ゾイド人が、持てる科学技術の粋を結集して造りだした最強のゾイド。
いかなる通常兵器も通用しない装甲と、全てを消滅させる荷電粒子砲を持つ。
その最強の力を持って度重なる戦争を終結させるはずだったが、どういうわけか自我を手に入れたデスザウラーは暴走。
目につくもの全てを破壊し、産みの親である古代ゾイド人の文明をただの一機で塵にする。
生き残った古代ゾイド人達は、最後の手段として全てのゾイドを制御する「ゾイドイヴ」を停止。それによって活動を停止したデスザウラーの機体とゾイドコアを分離し、コアを「ガリル遺跡」に、機体を「イヴポリス」に封印した。
なお、この時二体のサソリ型ゾイドが封印に関係したと言われている。
アニメにおけるデススティンガーは、その二体のコアを融合させて生み出されたゾイドである。

封印されてなおデスザウラーの邪悪な意識は消えず、野心をもってデスザウラーに近づいた者は、デスザウラーの悪意に呑まれて激しい破壊衝動と破滅願望に駆られてしまうという。

明確な知性と人格を持ち、作中では主に己の復活の為に世界に破壊と殺戮と戦争を振りまいた。アニメにおける事件のほとんどを起こした元凶であり、全編通して暗躍し続けた最悪のラスボス。

第一部では、その圧倒的な力を欲したギュンター・プロイツェンガイロス帝国摂政が、他のゾイドのコアを与えてのクローニングによる再生を目論む。
ゾイド因子を培養する傍ら、プロイツェン直属の部下レイヴンに命じて他のゾイドのゾイドコアを集めさせ、これらを融合しつつ通常の数倍にも圧縮して復活させた。
途中古代ゾイド人の生き残りの一人であるフィーネの接近により暴走するという事故が発生したものの、以降も作業は大過なく進み、プロイツェンの皇帝即位の日に遂に日の目を見る事になる。

デスザウラーに操られ狂気に走るプロイツェンと共に破壊の限りを尽くすが、バンのブレードライガーにより粉砕され、プロイツェン共々爆風の中に姿を消す。
なお、この段階ではデスザウラーの機体部分はゾイド因子の培養によって作り出されたクローン体であった。
また、レイヴンのジェノザウラーは、このクローニングの過程で生み出された副産物であるという。
この時点で、機体はクローン体でありながら、シールドライガー一個中隊を一撃で消滅させうる威力の荷電粒子砲を背部の荷電粒子吸入ファンが稼働する限り連射可能であり、その装甲は未完成でありながらすでに通常兵器をものともしないほど強固であった。

そして第二部、GF(ガーディアンフォース)編後半よりその存在が匂わされ始める。
かつて滅びたと思われたその時、デスザウラーのオリジナルコアはプロイツェンと融合して生き残っていたのである。
コアと融合したプロイツェンは「ダークカイザー」を名乗り、古代ゾイド人であるリーゼヒルツを裏で操り、今度こそ完全復活を果たすべく暗躍。
最終局面にてゾイドイヴの覚醒に呼応する。
デススティンガーのゾイドコアを吸収し、ヒルツを依代にしてオリジナルの機体を得て復活した。

主な活動は最終話のみなのだが、その脅威と暴威は凄まじいものであった。
かつて猛威を振るったクローン体の二倍以上の体格ジェノブレイカーの荷電粒子砲はおろか、対デススティンガー用最終兵器「グラヴィティカノン」を平然と耐え抜く装甲をもち、その超重力の崩壊をも膂力で押し上げ、さらに、その装甲全面にEシールドを展開することもできるようになっている。
しかも、唯一の弱点であった荷電粒子吸入ファンも装甲化された荷電粒子コンバーターに進化した結果、実質弱点は無くなっている。

荷電粒子砲は連射可能で全世界に届く射程を維持しながらも、上空のリングに向けて発射し数十もの数に拡散・屈折させたのにも関わらず、その一発一発が世界中の大都市、山脈を消滅さるほど。
また、胸部装甲を開いてブラックホールのごとく周囲の物質をゾイドコアに吸収する機能まで備える。
他にも、尻尾の間接全てにミサイルポッドを持ち、そこから多弾頭追尾拡散ミサイル(直接命中させるのではなく、上空に打ち上げて大量のアンカーを打ち下ろすタイプ)を発射する事もできた。
まさにどうあがいても絶望。ゾイド全シリーズの登場ゾイドを含めてもあまりに異常なぶっ飛び具合である。
アニメに登場するゾイドは実際の設定以上に巨大化されていたり、スペック以上の能力を発揮するなどの描写が見られるが、特に本機はそれが顕著とも言える。

完全に打つ手なしと思われたが、ジェノブレイカーの荷電粒子砲連射によりEシールドを沈黙させられ、その隙にグラヴィティカノンによって打ち出されたブレードライガーに胸部を貫かれヒルツ共々コアが消滅。
残る残骸も、崩壊するイヴポリスと共に地中深くへと沈んでいった。

その圧倒的な破壊力と蹂躙ぶり、なにより全ての黒幕たり続けたその姿にカリスマを見出し、崇拝するゾイドファンも少なくない。

また、ゲーム作品などにおいてはアニメの設定がほんのわずかだが逆輸入され、ほとんどの場合において「デスザウラー=世界を滅ぼすゾイド」みたいな描写が多い。
そのこともファンからの高い人気の元となっており、「デス様」等と呼ばれる事もある。

ちなみに

デスザウラーは本家「バトルストーリー」から大きく設定を変更されたゾイドの一体であり、「破滅の魔獣」という名称もあくまでアニメにおける呼び名である。
その由来も、近づく者を破滅と狂気に導く事から来ているものであり、必ずしもその性能によるものではない。(もちろんそちらも十分に脅威だが)
また、バトルストーリーにおいては「死を呼ぶ巨竜」と呼ばれ恐れられてはいるものの、人知を超えた怪物として描かれているアニメとは違い、人間によって制御される一国の兵器にしか過ぎない。帝国の象徴としてはともかく、兵器としての優位性は対抗機種の登場や、地の利を活かした戦術等によって幾度となく揺らいでいる。

なので、

 =アニメ及びゲーム作品のデスザウラー。単体で世界を滅ぼしうる化け物。強さはチート級
  • 「死を呼ぶ巨竜」
 =本家バトルストーリーでのデスザウラー。純然たる兵器で、強力ではあるものの必ずしも最強ではない

くらいの認識が望ましいだろう。

関連タグ

ゾイド ゾイド-ZOIDS-
ジェノザウラー ジェノブレイカー(副産物) 
デススティンガー(同様に「デス様」と呼ばれることがある)

pixivに投稿された作品 pixivで「破滅の魔獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35161

コメント