ピクシブ百科事典

葵上

あおいのうえ

『源氏物語』の登場人物。もしくは、その能楽の演目名。
目次[非表示]

葵の上

源氏物語』の登場人物。
光源氏の北の方(正妻)で、左大臣の娘で母親は桐壺帝の妹の大宮。
つまり光源氏とはいとこ同士。
光源氏のライバルである頭中将とはきょうだい。
ツンデレタイプの女性。

生涯

当初は東宮(のちの朱雀帝)妃にと希望されていたが、左大臣の思惑で元服した源氏の北の方に納まる。しかし光源氏は密かに藤壺を恋い慕っており、葵の上も妃候補として育てられたプライドゆえか、他の女君にうつつを抜かす4歳下の夫にうちとけず、よそよそしい態度をとっていたため、長年の夫婦関係は冷淡だった、

源氏が22歳の時にようやく懐妊、周囲は喜びに沸き、源氏も悪阻の苦しさに心細そうな葵の上の様子に珍しく愛しさを感じた。折りしも時は賀茂祭、周囲に勧められるままに賀茂斎院の御禊の見物に行ったところ、図らずも家来が源氏の愛人の六条御息所の家来と車争いし、御息所の牛車を壊し恥をかかせてしまう。この頃から葵の上は物の怪に悩まされて臥せるようになり、床を見舞った源氏の前で彼女に取りついた御息所の生霊が姿を見せるという事件が起きた。8月の中ごろに難産の末夕霧を産み、ようやく源氏とも夫婦の情愛が通い合ったと思うもつかの間、その夜に急に苦しんで呆気なく他界。火葬と葬儀は8月20日過ぎに行われ、源氏はそれまで妻に冷たくあたってきたことを後悔しつつ、左大臣邸にこもって喪に服した。

能『葵上』(能楽)

源氏物語』「葵」巻を元にしている。
シテ(主役)は六条御息所の生霊であり、題にもなっている葵上は一切登場せず、生霊に祟られ寝込んでいることを一枚の小袖を舞台に寝かすこと(出し小袖)で表現している。
物語の中心は、鬼女となってしまった御息所の恋慕と嫉妬の情となっている。

主な登場人物

六条御息所(ろくじょうのみやすどころ) の生霊 - 主役。
照日ノ巫女(てるひのみこ) - 梓弓の音によって霊を呼び寄せる呪術(梓の法)を持つ。
横川ノ小聖(よかわのこひじり) - 怨霊を法力によって追い払うことのできる修験者。

関連タグ

光源氏 葵の上  幽霊 般若 十二単 平安時代

pixivに投稿された作品 pixivで「葵上」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12986

コメント