ピクシブ百科事典

里見・義康

さとみよしやす

『里見・義康』は、境界線上のホライゾンの登場キャラクター。

基本情報

名前里見・義康
襲名里見義康
字名不明
HN
契約神不明
役職最上家外交員、里見生徒会長


人物像

実際の所属は里見教導院であり、役職は生徒会長。
先代総長の里見・義頼の妹でもある。
八犬武神の一つである義を所有。
里見総長と共に武蔵へやってきた。

現在は、武蔵アリアダスト教導院に転属(事実上の扱いは留学生)として来ており
更に、最上家への外交官として、出向している。

犬耳のようなものはインテークである(作者談)。
種族は、長寿族。

姉を殺したとされる正木・憲時には複雑な感情を抱いている。
徳を持っていなければ動かせない八房を動かしていること、姉が彼に八房を譲り渡すような遺言を残していることなどから、姉の殺害が単なる凶行ではないことは理解している。
しかし、肝心の正木・憲時はそのことに関して無言を貫いており、それを「真実を託せるほど自分が頼りになると思われていない」と受け取っているため、彼に対しては納得の行かない想いが胸の中で燻っている。
Ⅲ下にて彼女はその真実を知ることになった。

スタイルは未発達であり、そっちの信奉者からは
「里見生徒会長……いいよな」と言われている。
余談だが、もう一人の最上家への外交官も、そっちの信奉者からの熱い支持を受けている。
トーリにペタ子と呼ばれ応答してしまうあたり、自覚は持っているが、まぁ……。うん。
「里見生徒会長……いいよな」

自分が、なぜ最上への外交官として選ばれたかを自身で悟った。

その後、最上・義光に対して、その嫡子である最上義康の襲名を願い出た。

未来母娘


無論、彼女が最上義康の最期を知らない訳ではない。知っていてなお、襲名するのに相応しいと、願い出たのだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「里見・義康」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183587

コメント