ピクシブ百科事典

武蔵アリアダスト教導院

むさしありあだすときょうどういん

武蔵アリアダスト教導院は、境界線上のホライゾンにおける武蔵に存在する架空の学校。
目次[非表示]

概要

武蔵の中央後艦・"奥多摩"区域に存在する教導院。
戦艦の上にあるため校庭などが狭い。
和風の作りをしており、障子が使われている。
制服は学ランタイプ。

物語の開始時期よりも、10年前に武蔵上に作られ、初等部・中等部・高等部が存在する。

名台詞/名シーン

1<下> ホライゾン奪還作戦中
「安心しろ! ――俺、葵・トーリは不可能の力と共にここにいるぜ!」
両の腕を振り下し、流体の光を周囲に撒いてトーリが高らかに告げる
「俺がオマエらの不可能を受け止めてやる! だからオマエらは可能の力を持って行け!」
その言葉に、武蔵の皆は顔を合わせ、しかし一斉に歯を剥いて一斉に頷いた。
「――Jud.!」
皆は息を吸い、全身を前にぶちまけていきながら、
「Judgement! ――ああ、我ら聖罰を受ける者なり!」
「王の可能性を食らいて行く被罰者なり!!」
「されど我ら、――王に悲しみを与えぬ者達なり!!」

2<下> メアリ救出作戦/アルマダ海戦中

「――judgment!」

Jud. Jud.Jud.Jud.、我らここに判断せり。
「ああ、――我ら既に聖罰を受ける身なり!」
「我ら王の可能性と姫の感情を持ちていく者なり!」
「されど我ら、王と姫に哀しみを与えぬ者なり!!」
叫び、皆はなけなしの携帯食料を口に放り込みながら、
「守れ……!後少し、凌ぐしかなくなっちまったぞ!」
皆は撃ち、堪え押した。訓練の再開とばかりに、疲れと負傷はあれど、なすべきに専念し、
「あんな馬鹿な総長の頼みくらい――」
敵を押し返し、
「聞けないほどの馬鹿じゃあないぜ!」


なお、上記セリフの『王』は、馬鹿であるがゆえに、ただ真っ直ぐで
好きな少女のため、その少女が『自分の夢』を持てる世界にするために
世界を征服すると宣言した総長兼生徒会長葵・トーリ の事を指している。

教導院関係者

生徒

三年梅組


下級生


転入生・留学生・客員


教職員

学院長

教頭

担任



性格

この教導院に所属したら、まともな人格形成は期待できないと思われる。
基本的に外道であり、身内に容赦などなく、プライベートも余裕でネットに流される。
たまにまともそうな人がいるが、大抵は自分も外道であることに自覚がない連中である。
他国との外交の場面でも例外でなく、「美人だと思って手にキスしたら女装の馬鹿だった」なんてこともある。

pixivに投稿された作品 pixivで「武蔵アリアダスト教導院」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56406

コメント