ピクシブ百科事典

銀桂

ぎんづら

『銀魂』の登場人物、坂田銀時×桂小太郎のカップリング。
目次[非表示]

概要

銀桂とは、週刊少年ジャンプにて連載中の空知英秋作「銀魂」内にて登場する
主人公坂田銀時と攘夷志士桂小太郎のカップリングを差した言葉として使われている。
読み方としては「ギンヅラ」「ギンカツ」「ギンケイ」などがよく使われている。
一般向けとの棲み分けのために「腐向け」タグを併用するのが好ましい。

村塾時代から現在の間まで唯一かぶき町で共に生きる所謂幼馴染であり、
戦後離れていたブランクを全く感じさせない交友関係を続けている。
だいたいは桂の突拍子の無い行動や言動に銀時が振り回されることが多いが
結局最後は共に行動し、互いに絶妙なコンビネーションを発揮することが多い。
また、作中にて衣装のセットが豊富であり、有名どころでは
キャプテン、かまっ娘、侍ジャケット、忍者、4W爺、猫、ホームレス他様々な衣装を共に着ている。

はじめから作品を読んでいると春雨篇にて銀桂ファーストインパクトが起き、
紅桜篇にて銀桂セカンドインパクトを起こすパターンが度々見られる。
563訓で追い打ちをかけてサードインパクトが起こった。
互いの呼び方は桂→「銀時」、銀時→「ヅラ、桂(池田屋回)」

坂田銀時桂小太郎
身長/体重177㎝/65㎏175/56㎏
誕生日10/106/26
上記の表を見て頂くとお分かりになると思うが身長差がわずか2㎝にも関わらず、桂の方が9㎏も
銀時より体重が軽い。また作中やアニメ(特にフィギュア)等では他キャラよりも桂が華奢に表現されることがあり体格差萌えにはたまらない設定である。しかし、銀時とこれだけの体格差があるにも関わらず戦闘シーンでは互角の強さを発揮し、メンタル面では銀時よりも桂の方が断然強いのも萌える要素の一つともいえる。と、思われたが、桂も銀時にメンタル面で救われたことがあったと発覚し、互いに支えあっていることを強く意識させられた。どちらにせよ萌えること限りなしである。

蛇足ではあるが、銀桂を好きになった方には是非、
金木犀」と「銀木犀」の花言葉、由来や歴史などを調べて頂くことをおすすめしたい。因みに「金木犀」は銀時の誕生花、「銀木犀」は別名「銀桂(ギンケイ)」とも呼ぶ。
また、2人の誕生石についても詳しく調べて頂きたい。
銀桂への萌え要素の一つになること間違いなしである。
しかしながらここまでくると正直、運命としか思えない。

銀桂のここがすごいよ

過去編

・銀時「俺がお前の将になってやる。だから俺といる時はお前はただのヅラでいろ。」
幼馴染(野山を駆け巡りメガドライブしていた・バースディファイター・おにぎり)
・共通の壮絶な過去(同じ師を持ち戦争でなくす)
・2人とも伝説の攘夷志士
・銀時が桂の自殺を止める(美しく生きよう)→桂の「人間は本当はただ 心許せるものの側で生きたい 死にたい」発言の真意とは…
・別離&再開 (この間の「ヅラじゃない、桂だ。」の真意を考えると...。)
・銀時の言葉(薄汚れンな)で桂過激派から穏便派へ

紅桜ショック

・銀時似蔵にブチキレ
・ツレ宣言頭グチャグチャ発言
・お前が変わったときは真っ先にぶった斬る発言
・一度別れても息ピッタリの背中合わせ
・映画化おめでとう
・最後のパラシュートシーンでヅラの尻鷲掴み
ちなみに紅桜という名の結婚指輪が存在する模様。

日常

ペアルックしまくり
・爺になる猫になるザベスになる
・現在でもまだ美しく生きていることを確認
・爺になっても美しく生きることを確認
・やたらとヅラのことは熟知している発言する。
・「自分のイメージ考えろ」発言。銀時の桂へのイメージとは?(アニメ鍋回でのてへぺろ☆する桂から、銀時の脳内の桂の様子が垣間見える。)
・土手で桂が泣いてたら当たり前のように一人で慰めにくる銀時(やたらと背景がキラキラしており少女マンガのようだった)
・アフロ篇では桂と斉藤の関係を余計にややこしくする。(故意ではないが)

その他

・銀時の誕生花桂だらけ(月桂樹・桂花)
・桂へのつっこみは基本銀時。普段は割とボケるのに、桂がいるとなぜか新八などの突っ込みキャラを押しのけ我先にとつっこもうとする。顔面をよく狙われる。しかも激しい。(DV
・見えないところで普通にドラゴンボールを全巻貸し借りしている
・放っておくと二人で宇野はじめる
・銀時、桂の電話番号暗記→電話番号どころか怪しげなメールのアドレスも暗記
・「何嬉しそうな顔してんだ腹立つんだよ!」←嬉しそうな顔がわかる(表情の変化ないのに)
・「可愛くねーんだよ!!」←「可愛い可愛いもっと言って(ラブチョリス編)」
・「ヅラが喜びそう」←いつでも考えてる
・桂→もふもふ肉球好き 銀時→サラサラストレートへの憧れ。
・黒髪ストレートの幼馴染で窓から侵入しちゃうようなちょっとうざいお節介系ヒロイン(かなりベタ)
・銀時の描いた漫画のヒロインが桂ソックリ
・2年後女体化してゴリry近藤の子供を産む桂。
・ヅラは甘味発言(銀さんの好物は甘味)
・作者が漫画を描こうと思ったきっかけはラピュタ
(髪を切られたヒロインが最後主人公と一緒に空中ドライビングするアニメ・・・。あれ、どこかで見たような)
・女キャラとのキャラカブリを気にしまくる桂
・怪しげな誤記ヅラチョリス
・ムービーブックの作者描き下ろしポスター幼少3人の桂のヒロインぷり(主人公より大きく描かれる)美少女のようだ、との声が多く挙がっている。
・爺になってもアダ名で呼びあえる家庭を作れ(タイトル)
・Mr.かぶき町決定戦では何故か女装したヅラ子に「そこ行く綺麗なお姉さん」とナンパしていた。
・中の人で言うと2008年に放送されたライダーで銀時は変身時のパートナーを、桂は強化形態させるパートナーを演じている。

とにかく公式が最大手の銀桂。これからもこの二人から目が離せなさそうだ。

関連イラスト

紅櫻
【腐】銀桂らくがきまとめ
銀魂ログ詰め2【桂中心】
ぎんづらくがき
銀桂まんが弐
【腐】おしごと




関連タグ

銀魂 坂田銀時 桂小太郎 桂受け これはいい銀桂

pixivに投稿された作品 pixivで「銀桂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9617056

コメント