ピクシブ百科事典

雲仙冥加

うんぜんみょうが

漫画「めだかボックス」の登場人物。

人物

十三組生で雲仙冥利の姉。(一年十三組)
30kg(コミックスでは100kg)の鎖つき鉄球を六つも操る怪力を持つ。

家で引きこもっていたが、弟の十三組の十三人からの離脱を機に、弟の抜けた空枠を狙って黒神めだかを倒す為に登校。
自分の鉄球を避けないめだかに対して容赦ない攻撃を繰り出すものの、鍋島猫美が乱入した事で、全治三ヶ月(猫美の見立て)の大怪我を負い一時退場。

その後、チーム負け犬として復帰するも球磨川禊によって巨大な螺子で磔にされて"外傷こそ無いものの"再び入院する。

弟の冥利の話では十三組のスタンダードモデルとも言える存在であり、自分の開発した数字言語しか扱わない。
その為に会話するには彼女の数字言語で話すしかないので黒神泣かせもいいとこと(冥利が)言っていたが、めだかちゃんはそれをちょっとのやりとりで翻訳してしまいました。流石完璧生徒会長

また大のおっぱい星人で、油断するとおっぱいの話しかしない(弟談)。

関連イラスト

めだかボックス。

 

pixivに投稿された作品 pixivで「雲仙冥加」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93348

コメント