ピクシブ百科事典

響ミソラ

ひびきみそら

響ミソラとは、ゲーム・アニメ『流星のロックマン』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:福圓美里

概要

本作のヒロイン
同年代の少年達から絶大な人気を得ている天才少女シンガー
おてんばな性格で、星河スバルには「変わった子」と認識されている。
かつては病弱の母親と暮らしており、母親の為に歌を歌い始め、歌の才能を感じた母親の勧めでオーディションを受けて合格し、シンガーとなった。
愛用のギターも母親が買ってくれたもの。
だが、彼女の母親は本編の3ヶ月前に他界する。

ゲーム版

他界した母親との絆とも言うべき歌を商売の為に使うマネージャーに嫌気が差していた所をハープに付け込まれ彼女と電波変換し、「ハープ・ノート」へと変身する。
戦闘後、スバルに「今は歌えなくても、いつか自分の歌を待っている人たちのために歌えばいい」と説得され、改心する。
その後はこちらに積極的に協力してくれるが、『2』では敵の謀略で戦うことになってしまう。
職業上、こちらが会えることは少なかったが、『3』では序盤から登場する。しかしある者から激しい妬みを買われ、命を狙われることに…
自分を救ってくれたスバルには非常に感謝しており、同業者にも彼のことをたくさん話しているらしい。

アニメ版

多すぎる仕事に嫌気がさして仕事を放棄して逃げていたところを、「音楽の女神」を名乗ったハープに誘われ南の島でバカンスを楽しんでいた。南の島で寝ている所、ハープによって電波変換され操られた。その際、ウォーロックの前に初めて電波変換時の姿を現した時は「ハープ・シンガー」と名乗った。ロックマンの攻撃を受けた衝撃で目を覚まし、ハープから事情を聴いた後は、「ハープ・ノート」と名乗って世界中を飛び回ったりロックマンと共に戦ったりしている。
続編の『トライブ』ではスバルに好意を寄せているような場面が見られる。新曲が完成しないことを悩んでいたが、最終回では無事に完成し、ライブで披露していた。

電波変換時

ハープ・ノート


ハープと電波変換し、「ハープ・ノート」へと変身する

関連タグ

流星のロックマン 星河スバル
ハープノートハープ・ノート 
ロックマン ロールちゃん 白金ルナ ハープ
ハープ・シンガー

pixivに投稿された作品 pixivで「響ミソラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 670003

コメント