ピクシブ百科事典

BILLY

びりー

Billyは、ニコニコ動画内における「モンスターハンター」実況シリーズ『モンハンどうでしょう』(以下「モンどう」)参加メンバーの一人。
目次[非表示]

「Billy」の名前は、他のメンバーと同じくゲーム内で使用しているキャラクターの名前であり、動画内ではそのままハンドルネームとして通っている。

闇に屠る
(*・ω・*)


もちろん、描かれるファンアートもゲーム内でのキャラクターである。

概要

顔文字(・ω・)
武器ハンマー片手剣大剣(MH4)
初登場行ったった第12回:【MHP2G】希少なレウスを狩りに行ったった【モンスターハンター】


片手剣の方がメイン武器らしいが、チームプレイにはハンマーで向かう主義らしく、必然的に撮影中はハンマーの方が使用頻度が多くなっている。
また、動画内では使用していないが、ギルドカードからはの使用率の高さも窺える。
MH3G動画には登場しなかったがMH4で復帰。下位防具なのにスタン目的で積極的に上位モンスターの頭を狙いに行く以前と変わらぬハンマー使いぶりを見せてくれている。
裏に登場時、MH4以降では、部位破壊が楽しくて大剣を使っているらしい。

低音ボイスと寡黙キャラ、そして高いプレイヤースキルにより、多くの視聴者の人気と尊敬を集める人物。
物静かさとプレイヤースキルの高さから真面目一徹かと思えば、かなりお茶目な一面も持ち、仲間同士の攻撃の合間にすかさず樽爆弾を設置してみたり、雪だるまになっても味方の蹴りからダッシュで逃げたり、仲間から御ふざけ故の邪魔を受けた時には高スキルによる容赦無い仕返しを繰り返すなど、見せてくれる悪ノリは非常に笑いを誘う。
他のメンバーに比べて声を上げることが少ないため、相対的に物静かな印象を受けてしまうが、別に無口というわけでは無く、集中すると無言になる性質らしい。それ故に時折零すギャグや名言、時には噛み発言までもが印象深く思えてしまい、それまた人気の秘訣。
自分から進んで多くを語らない代わりというか、時折素早く見せられるギルドカードのコメント欄は毎回内容が変動している。時には、カメラ役の時に堂々と編集内容を吟味する様まで見られる。Billy氏のギルカが公開された時には、一時停止も利用してコメントに目を通すのも一興だろう。

装備の変動は多いが、ファンアートではナルガ装備にオウビートを組み合わせた姿で描かれることが多い。
髪型は、MHP2Gの名残から金髪で描かれることが多く、ナルガ装備の後頭部の飾り(髪?)やRikuとの差分もあって後ろ髪が長く描かれることもあり、また、同じく装備の名残や差分のために額にバンドを付けている容姿もある。
ただし、当の操作キャラは、MHP3以降は黒髪になったり坊主頭になったりしている。
持ち前の寡黙でクールなキャラというイメージが強いのか、描かれる姿はジト目率が高い。でも顔文字は可愛い。


モンどう第21回より、SEVEN氏とAsh氏との3人でゲストチームとして「チームBAS」を結成した。


モンどう出演の経緯は、Falt氏とjack氏の専門学校時代の付き合いから。
メンバー中唯一、うp主Nobutuna氏が動画撮影を通じて知り合った人物らしい。

寡黙な職人Billy

彼は、メンバー内でもプレイヤースキルがかなり高い方であり、攻撃はもちろん、性能と合わせての回避技術も高く、罠や爆弾などの使用タイミングも良い。ギルドカードのグレードアップはメンバー内で一番進んでおり、トレジャーだけでなく称号もコンプリート、所持金もよくカンストしている。
そのスキルは最早職人技と称され、4人クエストの際に前置き無く一人単独行動を取って、他のメンバーが向かっていない相手とタイマン勝負を行っていることも間々あるのだが、ほぼ無傷で相当のダメージを与えている。
モンスターの突進攻撃を回避性能も利用して正面から避けたり、動きを読んで溜め三を連続で当てる技術も見せてくれる。
ハンマー装備の時は的確にモンスターの頭を狙って当然の如くスタンを取り、時にはタイミングを合わせた攻撃で相手の必殺技をもキャンセルさせる程
それら全てを掛け声やアピールなしに無言でやってのけてるもんだから、余計にかっこいい。
そのため、ファンやメンバーからは尊敬の意を込めて「ビリーさん(またはビリーはん)」と呼ばれることがある。

また、狩猟中の彼は会話に参加せず静かなことが多く、他メンバーが混乱したり大いに騒いでいる横で一人黙々と攻撃を続けているという場面も間々あり、視聴者からは「寡黙」という印象を持たれている。
しかし、寡黙というよりは、集中すると無口になる性質だと言う。現に、狩り以外の時や外野でいる時には結構喋っている。彼が口数少ないのは、それだけ狩猟に真面目に集中している証拠とも言えるだろう。
また、声を上げて笑うことが少ないため、たまに笑い声を零した時にはファンが大いに歓喜する

暴虐のBilly

味方にとってこれほどまでに無く頼りになる職人Billy氏を敵に回す者はほぼいないが、一度敵に回そうものなら暴虐のBillyが姿を現す。
彼は、味方をハンマーで吹き飛ばし、自ら手を下さずとも敵の攻撃を味方に誘導させ、更に予告なく爆弾を設置し、爆破する。それによって味方が吹っ飛ぼうが知ったこっちゃない。

動画内では、「モンどう第85回~休戦協定~」にて、SEVEN氏(この回では2ndキャラ・SIXを使用)により暴虐と化し、メンバーにも恐れられるその暴虐っぷりを初めて視聴者の前に現した。
なお、「暴虐」の異名は、この回で戦っていた相手がティガレックスだったことに影響していると思われる。

ビリーダム

彼が動画の最中に前置き無く単独行動を取り、カメラ係なのに動き回ったり、お便り紹介コーナーで動き回ったり、カメラ係なのにギルドカードを勝手に編集し出したり、ムーンウォークを試みたり、温泉の後ろで一人踊っていたり、二体同時クエストで他のメンバーと離れて誰も向かっていないもう一方の相手とタイマン勝負をしに行ったり、他のメンバーと別ルートを進んで隠れていたり、せっかく眠らせたナルガをキックで起こしたり、更にはメンバーとの狩猟後にクエストを一人で受注してもう一度狩猟へ出発してしまったりするなどの、とにかくマイペース自由過ぎる行動の総称。
他にも、自分が出演せず外野である回には、一人静かにバキを読んでいたり、お便りが読まれている横で一人終焉に挑戦しているなど、普段から非常にマイペースな部分が感じられる。


これぞBilly!! これぞビリーダム!!


なお、暴虐のBillyと化した行動も含まれている。

自由な行動も、職人だからこそ許されるというか。

2nd&3rdキャラ

MHP2Gにおいては、2ndキャラに「Tharros(タロス)」、3rdキャラに「Goodman(グッドマン)」を使用している。
また、MHP3では、3rdキャラとして「小太郎(こたろう)」を作った模様。

Tharros

・ω・ σωσ
暴虐妹


銀(もしくは黒)の髪色をしている女性キャラ。
装備や髪色の変動があるが、初期のツインテールにザザミZがファンには人気(左)。
他にナルガ装備や、MHP3ではブナハ装備も使用。

初登場回でいきなりランスの突進で味方を3人まとめて吹き飛ばすなど色々暴れまわったため、視聴者からは「暴虐女帝」の異名を与えられている。


ファン作品では兄妹として描かれることが多いが、ロリ系の姉かもしれないし双子かもしれない。
なお、その際はBilly氏と同じく寡黙なジト目で書かれることが多い。
ちなみに、堂々たるAカップらしい。

名前の由来は、漫画『忘却の旋律』の鉄壁タロスから。

Goodman

いい顔


褐色肌のダンディな中年男性キャラ。そのキャラデザはメンバーからの評判もすこぶる良く、賞賛と羨望を浴びていた。

直訳で「良男」、「良夫」と呼ばれることもある。
Billy氏本人も「よしお」と呼んでいた。


こちらは、二次創作では伯父さん的なポジションとして描かれる場合が多いようだ。

名前の由来は、路上警察。
最近はモンハン以外の場でも活躍している模様。

小太郎

『第43回モンどうSS~小太郎の策略~』にて、大剣を扱う男性キャラとして登場。
詳細は不明だが、おそらく黒髪のディアスタイルと思われる。

名前や外見のモデルは、おそらく『魔法先生ネギま!』。

その他

・誕生日は6月3日。
・身長は172cm。靴のサイズは27cm。
・リアルでは眼鏡。コンタクトも使っていたが、一度、付けたまま眠ってしまい、大変なことになったため、眼鏡中心になったとか。
・住まいは職場の寮に一人暮らしで自炊生活をしている模様。ホームベーカリーを持っており、それでパンやケーキを焼くこともあり、たまに、生放送や動画内へホームベーカリーで焼いたケーキを持って来ている。
・兄弟は、弟がいるらしい。
・好きな色は緑と薄紫。
・好きな食べ物は馬肉。苦手な食べ物はトマト。
・学生の時の得意科目は生物と家庭科。
・中学時代は卓球部だった。高校は帰宅部。
・最近の趣味はアクアリウム。そして、熱帯魚やシュリンプを飼っている。始めは熱帯魚5匹だったのが増えたという。
・お酒は苦手。お付き合いでも、最初の一杯以降はお茶を飲んでいるらしい。
・名前の由来は、ゲーム「SDガンダムGジェネレーション」に登場する好きなキャラクター名から。
MHF始め、他のゲームで主に使う名前は「こたろう(表記はおそらく小太郎)」。元ネタはネギま犬上小太郎
・髪型が見えている装備の時はイラストのような髪型だが、フルフェイス装備の時はモヒカンなど髪型を弄っているらしい。
・ギルドカードの記録から、他のモンスターから抜きん出てゲリョスを多く討伐していることが判明し、その数は500頭以上。そのため「ゲリョスブレイカー」の異名を持つ。理由は「狂走エキス」入手のため。
・アイテムボックスは何故かハチミツで溢れており、Tharrosでのハチミツ所持数は推定1万個以上。「モンハンどうでしょう2ndS第12回~続~」の16分頃から確認できる(厳密には99個枠×104個+数量不明枠1個=10296個以上)。Billyでも同様にハチミツの個数は抜きん出ており、動画内で「目標ハチミツ1万個」と豪語していた(後に見事制覇)。その様子が確認できる回には『Billy養蜂場』のタグが付いたり付かなかったり。ところがモンスターハンター4では、ハチミツが足りない!
Ash氏曰く、「どんな戦場でも眉ひとつ動かさない」らしい。
SEVEN氏とはライバル関係に当たるらしく、よく狩り場で勝負をしている。
・割と辛い物好きらしい。
・自他ともに認める東方好き。ギルドカードやオトモアイルーの名前でも堂々アピール。カラオケでも歌ってしまうとか。ただメンバー全員がその手の知識を持っているわけでは無い事には配慮しており、動画内の会話でその手のネタをふる事はほとんど無く、会話に支障の出ない部分でネタをふっているなど動画の趣旨を汲んで自重している。しかし、半端な知識のひけらかしは彼の怒りを買うだろう。お便りのHNに東方ネタを使ったからといって読んで貰えると思うな?(本人の御言葉)
・漫画も色々読むようで、自室の本棚には「ネギま」や「To LOVEる」などが並んでいるらしい。
・「モンどう第88回~BASゲーム 歌編~」にて、罰ゲームでこの曲の替え歌を自主的に歌った。
・何故か、罰ゲーム狩猟での砥石を忘れる頻度が高い気がする。
・昔の夢は「沖縄へ行くこと」。今の夢は「広島へ行くこと(2008年時)」。
・全ての心霊現象は、彼に言わせれば「それはプラズマです」。
・ワンダコーヒーのジャケットを懸賞で当てたことがある。
・実は、Falt氏にモンハンを勧めたのはBilly氏。PSPとMHP2をFalt氏に5000円で売りつけたらしい。
・お化け屋敷は平気で、お化け役の人が出てきた際には挨拶するほどの余裕が保てているらしい。ちなみに、SEVEN氏はお化け屋敷が苦手。
・メンバーの中で一番、普段と撮影のテンションの差が小さいとのこと。
・2012年1月11日、個人の動画より、サバゲーマーであることが判明。動画も個人で上げられている。

(`・ω・)▄︻┻┳══━一  チュンッ チュンッ












ウホオォォォォォォォ!

ウホオォォォォォォォ!とは、


Billyが生まれたときの雄叫びである。(Ash論)

腐女子歓喜の叫びを表している。(Falt論)

ウホオォォォォォォォ!(SEVEN論)

Billyはそんなキャラじゃないwww(Ash論)




モンどう第56回のお便りコーナーにて、とあるお便りから色々あって「Billy氏の叫び声(?)」としてファンに気に入られた雄叫びのことである。
なお、この叫び声はチームBASの大きな秘密に迫るものであるのだが、ここで詳しく述べておくことは控えておこう。


※第56回にBilly氏は登場していないため、このことに関する本人の発言は存在しない。ちなみに、それまでもそれ以降も、彼が叫んだことは無い。
※第57回冒頭で、Falt氏とSEVEN氏はBilly氏に土下座で謝罪した。でも、肝心のBilly氏本人は、第56回視聴の記憶があやふやだったのか、あまりよく分かっていなかった。

ゆっくりBilly

主に対抗戦に登場する謎の存在。
Billy氏の声かもしれないし、これの亜種かもしれない。

関連項目

モンハンどうでしょう チームBAS おしとやカルテット

参加メンバー

レギュラー(「モンどう」まで)Nobutuna Falt jack
ゲスト(「モンどう」まで)SEVEN Riku Billy Mr.sido Ash Sky

pixivに投稿された作品 pixivで「BILLY」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1163857

コメント