ピクシブ百科事典

モンハンどうでしょう

もんはんどうでしょう

PSPの「モンスターハンターポータブル 2ndG」(MHP2G)、「モンスターハンターポータブル 3rd」(MHP3)、3DSの「モンスターハンター3G」、「モンスターハンター4」をレギュラーメンバーとゲスト数人で実況プレイする、ニコニコ動画における実況プレイ動画シリーズの事である。
目次[非表示]

    \ おはようございま~す /
(゜Д゜(・ω・(・◇・(・Σ・(´∀`)・j・)^ω^)・×・)・w・)

概要

ニコニコ動画で活動している実況シリーズの一つ。構成メンバーは9人にのぼる。

現在のシリーズの前身に、2008年3月16日投稿のMHP2実況『○○を狩りに行ったった』シリーズがあり、その後、2008年4月25日投稿の「【MHP2G】第1回 モンハンどうでしょう ~地獄のメリーゴーラウンド~」によるMHP2Gの実況から『モンハンどうでしょう』の名を取る。
2011年1月1日からはMHP3の実況に移る。2013年2月25日投稿分からはMH3Gでの実況プレイも行われており、同年9月16日には最新作MH4のプレイ動画も投稿された。
なお、MH4は3DS所持メンバーのみに限られるという知らせがあったものの、MH4第17回にてRikuを最後に全員の参戦が確認された。
実に5年以上に渡ってモンハン実況を続けている実況シリーズである。

細分すると、
・○○を狩りに行ったったシリーズ(全14回)
      ↓
・モンハンどうでしょうシリーズ(全100回)
      ↓
・モンハンどうでしょう2nds(全82回以上)
      ↓
・モンハンどうでしょう。(最新Ver.)
となっている。


また、2014年7月28日からは、予定が合わないメンバー同士によるモンハンどうでしょう裏の実況も、スピンオフ的に始まっている。

pixivでは

pixivに上げられている作品に関して他の実況動画関連の作品と異なるのは、実況者本人が絵師による想像の姿で描かれているのではなく、ゲーム内で使用されているキャラクターがそのまま実況者本人の姿として描かれている点。
なので、所謂「描いてみた」シリーズとは毛色が違う
また、各メンバーのHNも、ゲーム内で使用しているキャラクター名がそのまま用いられている。

なお、モンハンの世界とキャラクターがそのまま用いられているため、他の「実況」関連作品よりも、動画内の一場面を描いたもの等よりも、捏造・想像の話を用いたオリジナルと呼べる作品が圧倒的に多くなっている

実況スタイル

上手さや効率的な要素を主とするスーパープレイ動画やゲーム攻略的な動画ではなく、日常の狩り風景そのままのプレイの様子や会話やネタを楽しむ動画として、数あるモンハン実況動画の中でも高い人気を誇る動画シリーズ。
動画後半に視聴者からのお便りコーナーを設けるなど、実況動画の中でも大分視聴者との距離が近いと見られる実況シリーズである。

前身・発端

前身は『○○を狩りに行ったった』シリーズ
初作は「【MHP2】ドスランポス2体を狩りに行ったった【モンスターハンター】」。
そのプレイの様子が旅番組「水曜どうでしょう」の雰囲気を彷彿とさせたことからモンハンどうでしょうのタグが視聴者によって付けられた。
例▼
Nobutuna氏とFalt氏の声が、それぞれ藤村Dと大泉洋に似ている(特にFalt大泉洋はどちらも田中真紀子のモノマネが出来る。しかもすごい似ている)。
・普段あまりしゃべらないBilly氏やRiku氏の喋り方が、同様の嬉野Dに似ている。
・「ミスター」や「社長」などと呼ばれる人物が出ている(水曜~では同一人物だが、モンどうではそれぞれ別人)。
・常に周りから弄られるAsh氏の役回りが、若干大泉洋に似ている(どちらも高いツッコミスキルを持ち、どうでもいいが歌がうまい)。
・どちらにも大飯食らいが居る。

これにより、「行ったった」動画投稿15回目をもって、正式に『モンハンどうでしょう』に改名された。
略称は、「モンどう」「どうでしょう」「MHD」「行ったった」等。

投稿初期は「水曜どうでしょうのパクリ」等と言われたものの、基本的に水曜どうでしょうとの共通点は喋りながら何かをしていること以外には無く、タイトル改名後もオープニングタイトルとジングル(映画ガメラ2の「ガメラ出現」という曲の一部)以外、それらしい映像編集や字幕挿入等の編集もなされていない。
現在では、ニコニコ動画におけるモンハン動画で最も有名なシリーズの一つとなっており、専用の生放送のコミュニティも存在するほどである。

なお、『行ったった』当初の動画は画面をそのままビデオ撮影したものであり、しかも微妙に傾いていたため、「ナナメ動画」のあだ名を付けられた。
原因は、カメラを置く台が漫画本を積んだものだったため。今ではきちんとPC出力しています。
また、音声は、マイクなどではなくビデオカメラの録音機能を使用しているらしく、毎回誰か一人のPSPから音を出してBGMを録音している、というスタイルを取っているらしい。
そのため、BGMは音担当のメンバーの状況に左右される。(例:担当者がエリア移動すれば、戦闘BGMやモンスターの鳴き声は消えてしまう)

その他

動画ファンにより、「らしく」編集されたものが『モンハンどうでしょうClassic』シリーズとして投稿されている。(タイトルは同元ネタの第2回再放送シリーズ「水曜どうでしょうClassic」より)
こちらは映像の編集から字幕挿入、OPのタイトルコールからED、更には次回予告に至るまで、水曜どうでしょうそっくりに編集されている。

他のモンハン実況動画とのコラボも比較的多く、“ゲーム実況プレイゆるゆる動画”として現在も意欲的に活動している。

当初はNobutuna氏が学生だったため、週一のペースで新作うpを重ねていたが、卒業後多忙となってからは更新ペースは落とされ、今のところ不定期であり、およそ月一での更新となっている。

メンバーの中にはpixivアカウントを持っている人もおり、皆さん、イラストなどを見て、時には生放送の壁紙に用いるなどされている。
同人誌を持っているメンバーもおり、楽しんで下さっている模様。

偶に誰かがコメントを残して行ってくれることもある。ていうか、こっそり作品投稿しちゃってる方もいる。
ていうか、絵茶室に堂々といらっしゃっちゃったりもする。

ミリオン

MHP2G】第1回 モンハンどうでしょう ~地獄のメリーゴーラウンド~
2012年11月3日、遂に100万再生を突破した。

メンバー

当初は、「行ったった」を始めたメンバー三人が「レギュラー」となって、毎回誰かしらを「ゲスト」として招いた四人で参戦する形を取っていた。
しかし、『モンハンどうでしょう2ndS』からは、レギュラーorゲストという制度は廃止されており、レギュラーであった三名も毎回参加するわけではなくなった。
但し、ホスト兼うp主であるNobutuna氏はプレイ主・外野関係無く、必ず登場している。

レギュラーメンバー

「行ったった」時代の初回より登場している三名。
レギュラーorゲストの制度が廃止された今も、MHDの立派なメイン格となっている。

Nobutuna(ノブツナ)

侍さん


- うp主兼技術担当の自称「侍」。メイン武器は太刀。顔文字は(´∀`)。
動画全編において撮影環境提供のメインホストを務め、オフィシャルブログとmixiコミュ内での管理人を担当する、当動画主催者
名前の由来は、戦国時代の兵法家「上泉信綱」。「Nobutsuna」では文字数オーバーのため、sを減らして「Nobutuna」になった。
呼び名では、「ノブ」だったり「ノブちゃん」だったり「ノブツナ公」だったりする。時にゴールデンになった場合にはジンクスが付く。
主催者なのに、狩りをサボって傍観したり(サボ綱)シモネタ連発(シモ綱・下綱)するなど、やりたい放題の侍。その度に「○○綱」と名付けられるが、そのバリエーションは徐々に増えている。
動画内で三信を高々と掲げる等、台詞やBGMには森の妖精ネタが用いられることが多く、彼がヘマをやらかした時には「最近だらしねぇな?」という声が上がる。
色々ノリノリな本人だが、他のメンバーの強烈な印象と合わせて見ると、企画や時間管理も忘れず、収拾がつかなくなってもなんとかまとめる、良き中心人物である。と言うか、彼以外に収拾をつけられる人物がいない。
黒のトイプードルを飼っており、動画内に鳴き声が入ることもある。
お酒とコーヒーが好きな喫煙者。ジッポ所有。リアルでは眼鏡。
撮影環境は、実家の自室5.5畳間。エアコンが無いので夏は扇風機、冬は炬燵が出る。
オートロックマンションの9階らしく、よく傍を通過するバイクは最早準レギュラー扱いである。
2ndキャラは『Hidetuna(ヒデツナ)』。


Falt(ファルト)

ガルルガ仮面。


- メイン武器は。拡散弓を主に使用し、ダメージとヘイト稼ぎに大役を買う弓大将。顔文字は(・Σ・)。
「○○狩りに行ったった」動画配信当初からのレギュラーメンバーで、広報担当。
軽快な声の持ち主で、レギュラーの中で最も笑えるネタを発することが多いムードメーカーでいて、締める所は締める、Nobutuna氏に次ぐまとめ役と言える。
しかし、そのネタ発言には他メンバーと比較してもシモネタが多く、しかも、さらっと濁さなかったりする。故のあだ名は、時に「エロルガ仮面」。
ガルルガフェイク愛用者で、狩猟以外でも仮面は外さない。ガルルガ仮面さんじょ~い!!
長い間、仮面の下は謎に包まれていたが、2ndGのある時に一瞬付け忘れてしまったことがあった。MHP3からはフェイクが無くなってしまったり温泉があったりで顔出しが多くなったが、それでも装備には仮面系が用いられていたりする。
モンどう第19回にて問題発言(言い間違いによる誤解)を行い、以来視聴者からそのネタを振られる対象に。本人は凄く嘆いている。
一人称は時に「おいら」。メンバーを「さん・くん」付けで呼ぶ口調になることも間々ある。
メンバー内で一番背が低いらしい(約165cm)。最近少し伸びたらしい。
やかましカルテット」の一員。
某政治家や目玉親父のモノマネが得意。
かつて個人的にMHFの実況も行っていた。
Nobutuna氏とは、小学校来の幼馴染である。
2ndキャラは『Lamia(ラミア)』。


jack(ジャック)

粉塵王


- メイン武器は双剣、後に操虫棍。顔文字は(・j・)。
Falt氏と同じく動画配信当初からのレギュラーメンバー。mixiコミュ内での副管理人を担当。
渋い低音ボイスから女性を真似た高音までの広い音域を用いた声芸が多い人物。メンバーの中でも比較的穏やかな御仁で、それ故かなんだか期せずして弄られることが多い気がするのは気のせいか。
狩猟では、常に生命の粉塵を多く所持し、戦闘中の調合も忘れない頼れるサポート役。仲間の体力を注視し、誰かがピンチになればすかさず回復を行う。これで!!
それ故のあだ名は『粉塵王』。株式会社「粉塵王」社長。でも、製造している粉の正体は、ヤバいもんかもしれないし、伯方の塩かもしれない。その異名は他メンバーに徐々に派生している模様。
また、スキルを用いて罠も頻繁に使用する、実に縁の下の力持ち的存在である。
メンバー内で一番の高身長で約180cmあるらしい。恰幅の良い体格らしく、例えられるものは熊だったり塗り壁だったり。あと大食い。
名前の頭文字は小文字である。ここ重要。
罰ゲーム等を受けたことは無いが、動画中のBGMに合わせて口ずさんだ所を聴くと、なかなか歌が上手いようだ。
Nobutuna氏らとは、おそらく高校来の付き合い。
2ndキャラはMHP2Gでは『Carry(キャリー)』。MHP3では『Sherry(シェリー)』。

ゲストメンバー

※動画内登場順。
レギュラーメンバーに加えて招かれる形で、実況へ参加していった面々。
小学校来の幼馴染みから専門学校の級友までと、関係の繋がりは様々であり、実況活動に参加して初めて出会った同士という者もいる。

SEVEN(セブン)

仲間殺しの槍


- メイン武器はランス。顔文字は(・◇・)。
ドドブランゴ2体を狩りに行ったった(行ったった第2回)」にて初登場。
当初は(徹夜明けの為に)大人しかったが、後に覚醒し多くの名言(迷言)を生み出すことになった、陽気なムードメーカー兼仕掛け人。
「ディアブロスの化身」とも呼ばれるほど、ランスの特性である突進を多用し、獲物だけでなく仲間をも吹き飛ばすことで視聴者の笑いを数多く生み出している。
ディアブロスをこよなく愛して止まず、装備は大抵ディアブロ一式。
また、人の攻撃の目の前に置くなど、いつでも何処でも樽爆弾を置こうと目論む爆弾魔でもある。特技は漢起爆
SEVEN王家に伝わる、王家三大奥義三大秘奥儀などの必殺技を備えているらしい。地味にバリエーションがあるが、細かい違いや使い方は本人しか知らない。
いつもポーチに忍ばせているこやし玉はお守り。
どうでしょうを切っ掛けに自ら設立した「槍の会」会長。コンセプトは「仲間の腸(はらわた)中央突破」。
グーフィーのモノマネが得意。料理も得意なようで、得意料理はカレー。
ラーメンにお酢を入れるほど酸っぱい物が好き。辛い物も好きで食事にタバスコは欠かせないらしい。
ゲストメンバートリオ「チームBAS」の一人。また、「やかましカルテット」の一員でもある。
Nobutuna氏、Falt氏とは小学校来の幼馴染。
2ndキャラは『SIX』、MHP3rdでは『FIVE』も登場。
2014年7月28日から自身がうp主となりモンハンどうでしょう裏の実況を開始。

Riku(リク)

りくのひと


- メイン武器はボウガン。顔文字は(^ω^)。
ヒプノックを狩りに行ったった(行ったった第7回)」にて初登場。
飄々とした雰囲気で、色々話を聞いても結局はよく分からないという印象が強い、自ら望むほどの弄られキャラ
弄られ続けて早六年。お望み通り弄られ、ウザがられ、ネタにされる。
よくある口調は、「まぁ~だからねぇ」。「はぁい」「まじかー」「ないわー」の3台詞は彼定番。
弓使いなのに前衛に走ることがあり、矢切りで尻尾を切ろうとする。「弓なんて飾りなんだよ!」
様々な漫画・アニメを始めとしたサブカルチャー、同人系に通じており、彼とBilly氏の間でしか通じない話も間々ある。
サイクリングや筋トレが趣味の、実は筋肉系。体脂肪率はかなり低いらしい。
私服はタンクトップ。あだ名はタンクトップ
実家は農家で稲作を営んでいる模様。
この弱さ、G級。まぁ、Rikuだからね。
どうでしょう第88回にて、罰ゲームでこれを歌わされた。
Nobutuna氏らとは、おそらく高校来の付き合い。
最近判明したが、2ndキャラに『Lilia』が存在するらしい。


Billy(ビリー)

闇に屠る


- メイン武器はハンマー片手剣。顔文字は(・ω・)。
「希少なレウスを狩りに行ったった(行ったった第12回)」にて初登場。
メンバー内でもかなりプレイヤースキルの高い、寡黙で自由な職人。落ち着いた低音で喋る。
そのスキルの高さから「ビリーはん(さん)」という呼び方をされ、多くのファンから慕われる。
寡黙と言うか、集中すると無言になる性質らしく、外野では割と喋る。また、声を上げて笑うことが少ないため、笑い声を零した時にはファンが大いに歓喜する。
一方で悪ノリも多く、SEVEN氏のおふざけに見事にノって見せるお茶目な人物でもある。
なお、普段獲物に向けられる標的が仲間に向いた際には、スキルの高さが生かされた暴虐と化して仲間をハンマーや爆弾で吹っ飛ばそうとする。
更に、狩り場で一人別行動を取ってタイマン勝負へ向かう。カメラ係なのに動き回る。狩り後の雑談タイムなのに一人動き回る。一人勝手にギルドカードを編集し出す。一人勝手に温泉の後方で踊っている。これぞビリーダム
アイテムボックスは何故かハチミツで溢れている。
漫画や同人系に対する造詣が深く、自他共に認める東方好き。ギルドカードやオトモの名前でも堂々アピール。だが、手紙のH.Nを東方にしたからといって読んで貰えると思うな。
ゲストメンバートリオ「チームBAS」の一人。
どうでしょう第88回にて、罰ゲームでこれの替え歌を自主的に歌った。
メンバー入りの経緯は、Falt氏、jack氏の専門学校の同級生から。
2ndキャラは『Tharros(タロス)』、3rdキャラは『Goodman(グッドマン)』。MHP3からは、Goodmanに代わり『小太郎(こたろう)』を使用。


Mr.Sido(ミスターシド)

珍獣


  • 片手剣を始めとした様々な武器を使う。顔文字は(・×・)。呼び名は「ミスター」「みったー」「ミタさん」。
「第8回 モンハンどうでしょう~今夜の晩御飯は蟹鍋よ!?~」にて初登場。
日常が忙しく、一人だけ遠方に住んでいるようで、100回中6回しか出演できないほど出演回数が少ない。そのため珍獣扱いされ、見つけた人に幸せを呼ぶとまでされていた。最近は結構出演頻度を上げているが、珍獣扱いは健在。
声質と合わせて、ファンからはミステリアスな癒し系として人気を誇る。癒し系なのはメンバー公認。にゃごにゃごしている。おばあちゃんみたい。
毒る、麻痺る、等の略した動詞をよく用いる。でも「ネコる」って何?
使用武器は結構オールマイティらしいが、名言と合わせてメラルーツールを使用した麻痺攻撃が目立つ。麻痺ったよ~、無視か~い。
MHP3では、名前が『ミスター』に変わった。
Nobutuna氏らとは、おそらく高校来の付き合い。
2ndキャラは『Orutoran(オルトラン)』。ちなみにOrutoranは除草剤の名前らしい。
MHP3では、『睡蓮(スイレン)』『光圀(みつくに)』を使っている。


Ash(アッシュ)

赤い人


「第11回モンハンどうでしょう~最終回?~」にて初登場。
高めのイケ声を持つ毒舌家。どんなボケにも鋭くツッコミを返す中二病患者。
メンバーの中でも目立つ高音と大きな声を持つため、初見の視聴者には若干やかましく感じられるかもしれないが、やかましいのはメンバー公認。「ツッコミじゃなくてむしろクレーマー」。
実況に参加するにあたり、短時間で一気にG級まで叩き上げられたため、プレイスキルが足りずに、よく力尽きてしまうことに定評がある。上達してきたのか最近は力尽きることも少なく、彼なりに奮闘しているようだが、ネタとしては健在。またAshか。
自他共に認める遅刻魔であり、動画収録のみならず、普段の待ち合わせにも遅刻している模様。一度、録画からすっぽ抜かされたこともある。
ゲストメンバートリオ「チームBAS」の一人で、SEVEN氏に刺されBilly氏に吹っ飛ばされる不憫な人。また、「やかましカルテット」の一員でもある。
どうでしょう第29.5回にて、罰ゲームとしてあれを歌わされた。上手かった。モノマネも得意な様。
普段は毒吐きだが、時に改まってお礼を述べることもあるツンデレ。そしてピュア。
ろっしょい!!
Nobutuna氏らとは、おそらく高校来の付き合い。
2ndキャラは『Aqua(アクア)』、3rdキャラは『Sakura(サクラ)』。


Sky(スカイ)

綺麗な空でも


「第63回モンハンどうでしょう~陸&空できました~」にて初登場。
皆の後輩であり、メンバー内最年少。そのため敬語で話し、他メンバーを呼ぶ時は「さん」を付ける。
元々はガンランス使いだったが、狩猟笛の人気が無かったという理由で狩猟笛も使い始めたらしい。カリピストの時はサポート役が多いが、打撃攻撃の力も忘れてはならない。
MHP3からは演奏の仕様が変わったためか、ガンランスメインに戻っていた。MH4からは再び笛も使うようになった。
普段は割と静かだが、笑いの沸点が低く、ツボに入って爆笑し出すとなかなか止まらない笑い上戸。視聴者からのあだ名は「笑い袋」。
後輩だからなのか他のメンバーに振り回され弄られる立ち位置が多いが、さり気無く零すシモネタには聊か自重が感じられず、「ゲス」扱いされている。
握力が強く、リンゴを片手で握り潰したことがあるらしい。
やかましカルテット」の一員。
空男」というHNで、歌ってみた動画を投稿したりもしている。
後輩なのだが、Nobutuna氏らとは、幼馴染で友達のような関係。



ちなみに、

メンバーは全員千葉県在住。名産品は声を揃えて「落花生(ピーナッツ)」。

身長順はこんな感じ↓
jack(約180cm) > Sky(175cm前後) > Riku=Ash=Billy(170cm前後) > Seven=Mr.Sido > Nobutuna(165cm?) ≧ Falt(165cm)



※一部、ニコニコ大百科より引用。

関連イラスト

鬼ごっこしようよ!!
ひと狩りいきましょうか
【実況】出張してもらいました



2nd、3rdキャラの女性たち。

女子集合!


2nd、3rdキャラ含め。実に23人。

モンハンどうでしょう



参考資料

MHD自分用資料



関連動画

第1回
【MHP2G】第1回 モンハンどうでしょう ~地獄のメリーゴーラウンド~

前身。斜め動画にしてスンスン動画。 全てはここから始まった。
【MHP2】ドスランポス2体を狩りに行ったった【モンスターハンター】


世界で最初のモンどうPV。本家公認である。
MHD memoir 〜モンハンどうでしょう回想録〜

関連サイト

モンハンどうでしょうofficial web site

関連タグ

実況者
MHD モンどう モンハン小話 灼熱狩人MHDコピペシリーズ

Nobutuna Falt jack SEVEN Riku Billy Mr.sido Ash Sky

(・◇・) 消したらこやし玉
Ashホイホイ またAshか

MHD100users入り MHD500users入り MHD1000users入り

ナルガ装備 ディアブロ装備 ガルルガ仮面 ユクモ装備
モンハン100users入り モンハン500users入り

CPタグ

2nd・3rdキャラの女子たちを投入したNLCP群。
公式っぽいものもあるが、完全に二次創作なのもある。
メンバー本人が生放送に手設定や妄想を語ってくれることもあるが、だとしてもMHD全体では無く、個人的なものであるため、MHD実況動画のコメントなどで強調する事は控えたい。
節度を持って楽しみましょう。

本人×本人の別キャラ

ファルラミ
ジャッキャリ
アシュサク アシュアク
ミス睡
ビリタロ

本人×他者の使用キャラ

のぶさく(ノブサク)
リクタロ
ビリリリ

ファンが独自に作成した組み合わせ

スカイブ(空5)

グループ、チーム

レギュラー陣
チームBAS

他の記事言語

How About MonHan

pixivに投稿された作品 pixivで「モンハンどうでしょう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24485531

コメント