ピクシブ百科事典

CAVE

けいぶ

ゲームメーカー、株式会社ケイブ。 CAVEのCの文字をあしらったロゴマークが特徴。
目次[非表示]

未来をもっと改竄楽しくしようとするステキ会社

概況

平成6年、縦スクロールSTGでアーケードゲームに一時代を築いた今は亡き東亜プランの社員によって設立された、いわば後継会社。
STG、モバイルゲームなどをざまざまなゲームを手掛けており、その独特のゲーム雰囲気が注目されている。
平成9年に怒首領蜂弾幕系シューティングのジャンルを確立。以降、それぞれ独自のカラーを持つ弾幕系シューティングを毎年1~2本出し続けており、現在のシューティングゲーム市場を支える数少ない会社の一つである。
全体的に難易度が高く、ゲーマーからは「CAVEのSTGはガチで殺しにきてる」などと評される。
特に同社のSTGの最終ステージなどは『正攻法以外で攻略する事』を認めたがらない傾向があり、
例えばボムなどの『弾消し手段』を用いるとそのダメージを無効化する、いわゆる『ボムバリア』による極悪難易度の上乗せがもはや名物となっている。

CAVEラスボスの悪行の一覧


元社員に、漫画家の井上淳哉氏がいる。

なお2011年2月にギネスワールドレコードに

「弾幕系シューティングゲームを世界一商業化した会社」

として認定されギネスブックに記録されることとなった。

怒首領蜂最大往生を最後のアーケード、コンシューマ作品として今後はソーシャルゲームなどに注力すると発表。
以降、STGタイトルとしては「ドン★パッチン(配信終了)」や「ゴシックは魔法乙女」などのスマートフォン向けのタイトルを配信していたが、15年9月にSteamにて「虫姫さま」を配信すると発表しPC版に参入。
別のタイトルも発表予告するなど、今後が注目される。

アーケードゲームについては基盤を作る部品がもうないとの事だが完全撤退は否定。池田氏も「必ず(アーケードに)帰ってくる」と発言しており、充電期間と捉えることが出来る。

主なタイトル

アーケード用STG


スマートフォン用STG


PC用オンラインゲーム


独特な会社

そのゲームの雰囲気もさることながら、ゲームに関連した商品などがまた独特である。

おっぱいマウスパッドの販売やカタログの裏面に印刷されたパーツを切り貼りして遊ぶ、通称「裏面工作」にスカートを脱がせて遊ぶペーパーゲームがある。
また、ゲームショーなどのイベントや公式サイト、PV、イメージソングなどでもおバカな事をすることがとても若干多いので、斜め上な会社、変態企業などとも・・・

同社取締役のIKDの発言も時折ぶっ飛んでおりSTGWikiに語録がある。狂気じみた弾幕、どこか妙な設定や言動のキャラクターたち、極めつけが凄まじいネーミングセンスと独特の言い回し(CAVE語)を次々と生み出していく。CAVEの斜め上っぷりはこの人のお陰と言えるかもしれない。弾幕シューティングを確立させたともいえる偉大な人物のはずだが・・・。

また使用されている楽曲にもCAVE独特の雰囲気があり、「むちむちポーク!」などはその典型である。
他にも「怒首領蜂大音頭」や「大往生→大復活→最大往生!」も電波ソングとして名高い。
(怒首領蜂大音頭はPVまでカオスである。)

pixivに投稿された作品 pixivで「CAVE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3096405

コメント