ピクシブ百科事典

YS-11

わいえすいちいち

日本の国産プロペラ旅客機。
目次[非表示]

概要

日本航空機製造(現在解散)が製造した日本の戦後初の国産旅客機である。ターボプロップエンジンを搭載し短距離路線向きに設計された中型機であった。

かの堀越二郎ら、数々の戦闘機を生み出した技師たちが設計を担当した。
1962年8月に試作機が初飛行。1965年4月に日本国内航空(のち東亜国内航空日本エアシステムを経て現在の日本航空の前身のひとつ)の羽田-徳島-高知線で旅客輸送に就役した。

1972年に生産打ち切り。2006年9月末で日本エアコミューターJAC)所属機の引退をもって国内での民間旅客機としての運用は終了した。

就役開始から半世紀を経た現在も、日本国内では航空自衛隊海上自衛隊で運用されているほか、国外の航空会社や軍で使用が続けられているところがある。

当時日本において旅客機の技術蓄積がほとんどなかったため、堅牢で耐久性重視の軍用機のような設計が特徴である。同程度の大きさの旅客機に比べ機体が重くエンジンの出力不足が目立った。操舵に油圧を使わなかったため舵は異様に重く、パイロットからの評判は芳しいものではなかった。ただし軍用機的な性格の良い面として、後述のように旅客機としては異常に頑丈でありこれが耐用年数の長さにもつながっている。

国産と銘打ってはいたが、エンジンはロールスロイス、ギアはコンチネンタルなど、部品はほとんど外国製であった。

名前

YS-11の「YS」は、「送機計研究協会」の頭文字をとったもの。「11」は、選定を予定していたエンジン番号「1」と、用意していた設計図の番号「第1案」から。
モックアップの披露会を行う際、キャッチコピーをこの名前に引っかけて「浜・田で11日に会いましょう」とした。
本来、読み方は「ワイエスいちいち」だったのだが、このコピーのインパクトが強かったことから「ワイエスじゅういち」と読まれることも増えた。

逸話

ダカール空中衝突事故

1993年12月10日、セネガルのダカール上空でガンビア航空所属のYS-11がエア・セネガル所属のデ・ハビランドDHC-6と空中衝突を起こした。DHC-6は墜落したが、YS-11は軽度の損傷で無事着陸した

YS-11とDHC-6では機体のサイズに差があるのは事実だが、軍用機と異なり旅客機は大型機であっても構造は脆弱であり、ボーイング727が訓練用の小型レシプロ機と衝突して墜落したこともある。
それらの事実から踏まえて、この事故はYS-11の異常さを証明する最も端的なものとなった。

異様な頑丈さ

軍用機の設計思想を旅客機の設計に持ち込んだため、YS-11は旅客機としては異様なレベルの頑丈さを誇るのは先述の通り。東京都調布市の航空宇宙技術研究所で26ヶ月に渡って水槽の中に胴体を沈め、内圧の増減を繰り返す胴体強度試験を行ったが、9万時間まで機体が損傷することはなく、最終的には試験装置の方が壊れてしまった。

関連イラスト



関連タグ

飛行機 旅客機 MRJ
0系:営業運転開始・引退ともほぼ同時期となった初代新幹線電車

pixivに投稿された作品 pixivで「YS-11」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29600

コメント