ピクシブ百科事典

東方大弥の編集履歴

2012-04-20 19:42:04 バージョン

東方大弥

ひがしかただいや

東方大弥とは、ジョジョリオンの登場人物である。

『公正さこそルール』『ルールこそパワー』なの

概要

定助の身元引き受け先となった東方家の次女。16歳。耳の付いたフードをかぶっている。
物心付く前に断層の付近で転倒し、その際に視力のほとんどを失い、代わりに後述のスタンド能力を得ている。
「公正さ」に拘っており、他人に気を遣わせることを嫌う。「イエス」などのプログレッシヴ・ロックのファン。
「思い出」を共有することが真の幸せと考えており、定助と思い出を共有するため、自身の能力で定助の記憶を奪っていく。
その異質さから、定助は彼女に単純な戦闘能力ではない「強さ」を感じ取った。

スタンド「カルフォルニア・キング・ベッド」

複数のブローチが紐でつながれたような形状をしたスタンド。大弥からはちゃん付けで呼ばれている。
能力は「大弥に気を遣わせてはならない」と言うルールを破った者の記憶の一部分を奪い取るというもの。
奪われた記憶はチェスの駒の形になって相手の目や口などから排出され、その駒には奪われた記憶にまつわる映像が浮かぶ。
記憶を奪われたものは当然その映像に関する記憶がないため、何か大切なものだったこと以外は思い出すことが出来なくなる。
また、駒を力ずくで破壊すると、その記憶が完全に消滅してしまうらしい。
この駒こそが前述した彼女の「思い出の共有」の形である。
この奪われた記憶は、大弥が記憶を奪った相手の影を一定時間踏むことで開放される。
大弥は視力をほとんど失っているため、条件を満たすことは容易に思えるが、彼女は東方家にあるあらゆる物の位置や、照明や窓からいつどこに光が差すかを完全に把握している上に勘が鋭いため、この条件を満たすことは困難を極める。

関連タグ

ジョジョ ジョジョリオン 東方常秀