ピクシブ百科事典

うおォン

うおぉん

うおォンとは漫画「孤独のグルメ」の主人公の台詞である。
目次[非表示]

概要

全文は「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」
第8話「京浜工業地帯を経て川崎セメント通りの焼き肉」にて、大仕事を前にして空腹になった井之頭五郎が、川崎セメント通りの焼き肉屋に寄って焼き肉を食べた際のセリフ。
大量の焼肉やライス、チャプチュを頬張りながら、テンションが上がってきた五郎が心の中でこのモノローグを述べる。
このセリフの後には食べ終わった後のシーンに移るため、この話における「締め」のセリフと言える。
同じ話での「まるで俺の体は製鉄所 胃は溶鉱炉のようだ」というモノローグと並んで名台詞とされている。

いずれも一見突拍子もないことを言っているように見えるが、京浜工業地帯の光景を受けての感想と思われる。

けいおん!のパロディーで生まれたけいうおォン!というタグもある。

けいうおォン



関連タグ

孤独のグルメ 井之頭五郎 人間火力発電所 けいうおォン!

(うおォン的な)関連イラスト

ヤバイと思ったが食欲を抑えきれなかった華さん
一発人肉でも入れていくか
エイダ・うおォン
肉の日は過ぎましたが
私も、お前をオカズにしたことがある
火力発電
キュゥべえ、魔法少女についてコメントする
スマプリ37話

pixivに投稿された作品 pixivで「うおォン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 675027

コメント