ピクシブ百科事典

ウィリアム・バーキン

うぃりあむばーきん

『バイオハザード』シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:関俊彦

プロフィール

年齢:36歳(1998年当時)
身長:178cm
体重:66.7kg
血液型:O型 

概要

バイオハザード0』『バイオハザード2』『アンブレラクロニクルズ』『ダークサイドクロニクルズ』『オペレーションラクーンシティ』『ディジェネレーション』の登場人物で、『2』でのラスボス。

『2』『バイオハザード6』で登場するシェリー・バーキンの父親。
弱冠16歳にしてアークレイ研究所の主任研究員に抜擢(着任当初はアンブレラ創業以来の最年少幹部として持て囃された)され、物語の根幹であるT-ウイルスとG-ウイルスを開発した天才科学者。
アルバート・ウェスカーは幹部候補生時代の同期でライバル兼友人でもあり、アルバートが情報部に転属してからもその関係は続いている。
実際にアルバートがライバルであったことに変わりはなかったので、「2」ではアルバートの離反を「バカな裏切り」と小馬鹿にした感じに評していた。
その一方で別の思惑込みとはいえ彼の離反を止めず、本社にも報告しないまま見逃して、更にはアルバートが復活し超人的な能力を身に付けた元となる試作ウィルスを渡している為、彼なりにアルバートへの友情は確かにあった事が伺える。

アンブレラが誇る優秀な科学者だが虚栄心が強く、幹部養成所再利用計画が頓挫した際や、遡ってアレクシア・アシュフォードが10歳で南極研究所の主任となって自身の最年少記録を大差で塗り替えられてしまった時も、一方的に嫉妬心を抱き競争心と焦りから無計画な研究や実験を繰り返すようになった。
しかしいずれの場合も、それをバネに研究へと没頭した結果、2つの悪魔のウイルスを生み出してしまう。

人物像

『Wesker's Report.』にて彼の人物像は詳しく書かれている。10代前半で科学分野に天才的な才能を発揮し、15歳でアンブレラ幹部候補生に迎えられ、16歳にしてアークレイ研究所の主任研究員にウェスカーと共に任命される。
上記の通り優秀で才能があるがゆえに虚栄心が強く屈折した複雑な性格も持ち合わせており研究中毒とも言える異様なまでの研究熱心であり、精神的に幼い部分がある一方、非常に残忍で冷酷な人物であり、アルバートと共謀して自らの恩師のジェームズ・マーカスを少しも躊躇せず殺害している。

また、密かに研究を進めるために日頃からブライアン・アイアンズに多額の賄賂をチラつかせてアンブレラ関連の事件の隠蔽を命じる等、狡猾な一面もある。

クリーチャーGとして

※詳しくはGを参照
妻のアネットと共にG-ウィルス研究を進めるうちにアンブレラとそりが合わなくなり、独自にアメリカ合衆国政府と兵器売買交渉を行おうとしたため、U.S.S.に襲撃され、死の間近には自らに多量のG-ウイルスを注入し、クリーチャー「G」へと変貌を遂げ、ハンク以外のU.S.S.を全滅させる際にT-ウイルスのカプセルを破壊したことが、ラクーンシティ壊滅の引き金となった。その後、何度もレオン・S・ケネディクレア・レッドフィールドと戦うこととなるが、その度に敗れて異常進化を繰り返した挙句、列車の爆発で完全に死亡した。しかし、G-ウイルスを含んだ細胞片は後にエイダ・ウォンによって採取され、ウェスカーの手へ渡ることになる。

かつての恩師と同様、自身もアンブレラに切り捨てられた上に己の研究成果を利用されるという皮肉な最期を迎えた。

関連イラスト

バイオハザードの博士



関連タグ

バイオハザード バイオハザード2 アルバート・ウェスカー シェリー・バーキン アネット・バーキン G生物 アンブレラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィリアム・バーキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121367

コメント