ピクシブ百科事典

エイリアン(デュエル・マスターズ)

えいりあん

この項目で紹介するエイリアンとは、TCGデュエルマスターズ(デュエル・マスターズ)の種族の一つである。 タグは「エイリアン」タグが使われているので、検索する際は「エイリアン デュエルマスターズ」と検索した方が良い。
目次[非表示]

概要

覚醒編第4弾「覚醒爆発(サイキック・スプラッシュ)」で姿を見せ、エピソード1第一弾「ファースト・コンタクト」から本格的に登場した種族。
エイリアン特有の能力に「スペース・チャージ」がある。
対となるハンターは単色のカードがほとんどなのに対して、エイリアンは多色カードや、多色を推奨するようなカードが多く、エイリアンのサイキック・スーパー・クリーチャーも今のところすべて多色である。
覚醒編及びエピソード1では、この種族を持つクリーチャーは全体的にグロテスクで奇抜なデザインのものが多い。
基本的に、「目が無く、口が大きい」という特徴を持ち、体にオーブのようなものが埋め込まれていることが多い。
ただ、目のようなパーツないし目そのものを持つクリーチャーもいるため、強いて言うなら「大きな口が体のあちこちにある」というのが種族としての身体的特徴にあたる。
エピソード2でも、エピソード1と大差はない。
ハンターと複合した場合も、とにかく口が特徴である。

命名ルール

  • 覚醒編

既存の種族の命名ルールに超巨星クラスの恒星の名前が追加されたもの。

  • エピソード1
基本的には複合している種族の命名に従い、文明によって以下のがつく(漢字で書いてこう読ませるものも存在するため)
光文明:「ガガ
水文明:「セブ
闇文明:「ザビ
火文明:「ギル
自然文明:「ジオ
多色:「ディス
ただ、必ずしもこれらの言葉がつくとは限らず、特にサイキック・スーパー・クリーチャーはそうでない場合が多い。
「聖霊王」が「聖隷王」になるなど、既存の冠詞が読みはそのままで漢字が変わる事がある。
また、「オンセン」「リキシ」「シャチホコ」など、カテゴリーと言う程ではないが特定の括りを表す命名もある。
  • エピソード2
特になし

背景ストーリーでの扱い

超次元の穴」のさらに奥の時空のゆがみにある「パンドラ・スペース」のクリーチャーたちで、こちらの世界と同じように5つの文明が存在し、それらを融合させることもできるという。覚醒の力はもともとは彼らのものであり、Ζを裏で操っていた黒幕。
Zの失敗に憤慨し直接の侵攻を開始、ハンターが誕生するきっかけを作った。

実は、エイリアンの女王と王女が謎の失踪をとげており、とある筋より「二人はクリーチャー世界の住人に拉致された」とふきこまれたエイリアンの王が、妻と娘を取り戻そうとしたのがそもそもの発端。

王家は無事再会し、エイリアンとハンターも和解。
しかし同時にアンノウンによる侵攻もスタート。
故郷・パンドラスペースは壊滅してしまうものの、種族の垣根を越えてハンターと共闘することになる。

ピクシブ百科事典に項目の存在するエイリアン一覧

聖霊王ガガ・ラスト・ミステリカ
魅惑のダンシング・エイリアン

ピクシブ百科事典に項目の存在するサイキック・クリーチャーのエイリアン一覧

(多くはサイキック・スーパー・クリーチャー及びそのサイキック・セル)
死海竜ガロウズ・デビルドラゴン
ガロウズ・セブ・カイザー(上)+竜骨なる者ザビ・リゲル(中)+ハイドラ・ギルザウルス(下))
雲龍_ディス・イズ・大横綱
横綱 義留の富士(上)+大関 地男の里(中)+小結 座美の花(下))
貪欲バリバリ・パックンガー
イオの伝道師ガガ・パックン(上)+タイタンの大地ジオ・ザ・マン(下))
シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン
レッド・ABYTHEN・カイザー(上)+ブラック・WILLOW・カイザ-(中)+ホワイト・TENMTH・カイザー

関連タグ

デュエル・マスターズ デュエマ
クリーチャー(デュエル・マスターズ) デュエル・マスターズの種族一覧
ハンター(デュエル・マスターズ)
エイリアン

pixivに投稿された作品 pixivで「エイリアン(デュエル・マスターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17817

コメント