ピクシブ百科事典

カオス*ラウンジ

かおすらうんじ

カオス*ラウンジは藤城嘘という美術作家によって始められた商業企画及び美術集団。
目次[非表示]

概要

 この団体は現代アートを標榜する商業「美術」集団であり、平成20年に藤城嘘氏を中心として発足したとされる「ポストポッパーズ」を元としており、詳細は不明であるが、平成22年以降、代表は美術家兼美術評論家の黒瀬陽平氏が務めている。
 「カオスラウンジ」を示す内容が集団であったり展示会であったりと一定でなく、よくわからないものとなっている。

項目の存在理由

 この団体はその作風により他人に迷惑をかけた。
 具体的には他人のイラスト作品を無許可で切り刻み蹂躙した為一時期問題になった。
 またカオスラウンジとpixiv運営が共謀して起こした現代アート騒動はそれぞれの黒歴史となっている。

「現代アート」としての手法

 主にプリントアウトしたイラストフィギュア等の素材に、コラージュ・切り裂き・ペンキ塗布・掛け・溶融・靴で踏みつける等の加工を行い販売していた。
 また彼らは芸術サブカルチャー・ネット企業方面に幅広い人脈を築いて現代アートの旗手と持ち上げられ、莫大な利益を上げて法人化も間近であったとされるものの、素材の盗用( pixiv投稿絵も被害に )や「カオスラウンジ宣言」等の問題が表面化して支援者も離反しつつある。
なお、2012年5月11日に『カオスラウンジ』の商標が譲渡され、『美術集団としてのカオスラウンジ』とは無関係のK氏が現在は管理所有している。
 そのためこの項目に記載されている、『「美術」集団としてのカオスラウンジ』は団体名すらも無断使用状態であるため、今後の動向に注目が集まっている。

pixivとの関係

 中心人物である梅沢和木氏(以下梅ラボ)や藤城嘘氏、ID番号負傷であるが黒瀬陽平氏は元pixiv会員であり、メンバーや展示会出展者をpixiv上で募っていた。現在は退会している。
またその関係上、展示会の参加者の絵にもタグが付いているが、中にはほとんど騙されて出品した被害者(展示品が返送されない)も存在しているとのことであるため、確認もせずにメンバーと同一視して批難することは避けるべきである。
 さらにpixiv事務局にも素材収集への協力等の嫌疑が掛けられたが、公式声明では関与は無いとしている
 【pixiv事務局の公式見解(リンク)】
 その他、片桐社長氏のtwitter発言等と合わせると、

  • pixiv事務局はカオスラウンジの活動に直接の関与は一切していない。
  • 雑誌「美術手帖」の取材を一緒に受けたことがあり、面識はある。
  • その後、カオスラウンジの関係者にしつこく相談され、止むを得ず建築家(「チームラボ」所属)を紹介したことはある。
  • 関係者と一見親しげにtwitterでやりとりしたことはあるが、社交辞令の範疇である。
  • 他にもpixivと提携している「カイカイキキ」(外部リンク:【pixiv Zingaro】)、「チームラボ」両社を通し、結果的に間接的な提携の形になっていたことはもしかしたら無いとは言えない可能性もあるかも知れないことは否定できない。
……ということを説明している
 その後、コミケ80の画集参加者に向けて、『コミックマーケット80弊社作成画集へのイラスト提供者さまへ』という補足メッセージが送られたものの、当然ユーザーの中には「納得出来ない」という声も多く、しばらくはpixivへの抗議絵の投稿等は続いていたが、かれらも運営されたためか、現在は小康状態となっている。

pixiv上の抗議活動とその対処

 主に「現代アートタグにおいて抗議絵が投稿されており、加えて「ふたば☆ちゃんねる」出身のコラージュアート作成集団「マジスタンス」が便乗して入会・投稿している図式になっているようだ。
事務局側はこれに対し、主に規約の誹謗中傷禁止条項と複数アカウント所持禁止の規約を適用し、

  • 「この問題についての批判風刺要素がある絵を投稿し、風刺批判活動のみを目的としたアカウント」は見つけ次第無条件に凍結もしくは削除( 誹謗中傷禁止条項 )。
  • 複数アカウント・あるいは削除された会員の再入会と思われるアカウントは見つけ次第無条件に凍結もしくは削除( 通常処理だが、チェック体制は大幅強化 )。
  • 投稿内容によっては既存の普通に活動していたユーザーもアカウント凍結もしくは強制退会処分( pixiv利用規約誹謗中傷禁止条項によるもの )。
という対処をしているようだ。ただしピクシブ百科事典の荒らしへの対処を見る限りではその情熱はほかに振り分けたほうがよかったと思われる。
 pixivに限らず、昔から批判風刺絵がランキングから除外されること等は見られたが、今回、特に既存ユーザーに対する対処は相当厳しく、「誹謗中傷禁止」条項の適用が運営の保身のため過剰に適用されている疑惑が存在する
 またこれに関連し、ピクシブ百科事典においては「現代アート」「現代あーと」「現代ア一ト」「コンテンポラリーアート」「アート犬」タグについての記事は編集合戦や閲覧の負荷を理由に閲覧出来なくなっている。
 さらに百科事典内で、いくつかの関連文字列での検索が出来なくなっているが、「現代アート」はともかく現代」までが検索出来ないのはやりすぎではないかという声も出ている。nopageの項目も参照。

参考

カオスラウンジ宣言(一部)

画像は使います!使います!それ以上のコミュニケーションはないです
ネットにある画像はフラットだから全部使う。使うことにごめんねはない
ネットにある画像はサンプリングしていきますその結果として体力のないコミュニティが潰れてもしょうがない

ネットにあるものは全部僕らの素材ですからそれ掠めとって芸術作品として世に出しますよ

(ニコニコ大百科同項目より引用)

その他

 もともとこのキャラクターはふたば☆ちゃんねるキチガイおもちゃにする目的で作成され、それが4chanで受け入れられたキャラクターであるが、それを梅ラボが無断で利用し、わけのわからない言い訳を行った。詳しくはtogetter:キメこな騒動まとめ。参照

 当初富士フィルムより彼らがデザインしたとされるスマホケースが販売されていたが、複数の苦情があり、著作権等の問題により販売が中止、商品回収された。
 無論この行為は通貨偽造罪として無期又は3年以上の懲役に書せられる可能性が高いものである。何?「行使が目的ではない」だって?お前は赤瀬川原平氏の千円札裁判を知らないのか?これは芸術家が紙幣に類似した印刷物を作成し、通貨及証券模造取締法で検挙され、執行猶予付きの懲役刑を食らっている事例である。
  • 「カオスラウンジのメンバーの一人は年収7000万」発言
 これは東浩紀氏がそう発言したとされる。詳細はtogetter:東浩紀と黒瀬陽平とUSTと消えた7000万円
  • ホテルサンライン蒲田
 梅ラボが手掛けた部屋に【公式企画】pixiv×第七回博麗神社例大祭にて投稿されたイラストが使用され、その作品の募集要綱が不自然でありpixiv運営素材提供を目的としていたと疑われる疑惑、ただしpixiv側はホテル内装の件について関係を否定している。
  • pixivの記事内に設置されたツイッター投稿用ボタンが一時的に非表示となる
  • カオスラウンジのメンバーがpixivを自主的に退会
 いったんアカウント停止となった後、復帰、その後退会扱いとなる。ただし、退会しているにもかかわらずnopageと同様内部にデータは残っている状態ではないかと疑われている(一例)。
など、いろいろやらかしているらしい。

関連タグ

藤城嘘 黒瀬陽平 梅沢和木(梅ラボ)
現代アート コラージュ
カイカイキキ/村上隆 チームラボ
コミックマーケット80弊社作成画集へのイラスト提供者さまへ

他の言語

Chaos*Lounge

参照

公式サイト
wikipedia:同項目
ニコニコ大百科:同項目pixiv問題pixiv「現代アート」タグ祭り
togetter:各種。参考になりそうなものはpixivと現代アートなど。

pixivに投稿された作品 pixivで「カオス*ラウンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124324

コメント