ピクシブ百科事典

ゲッターエンペラー

きょむのこうてい

石川賢の『ゲッターロボサーガ』におけるゲッターロボの終着点。遠い未来の世界で悠久の戦いを続ける存在である。
目次[非表示]

ゲッターエンペラー

宇宙を股にかけて暴れ回る、超巨大なゲットマシンである。
2、3号機(名称不明)と合体し、ゲッターエンペラー1となる。

初出は漫画版『真ゲッターロボ』。流竜馬の夢の中や、敵が見せるイメージ映像に登場し、物語終盤では時空を越えた真ゲッターロボと一時的に邂逅する。
未完作品『ゲッターロボアーク』においても登場し、悠久の戦いを続けていた。

皇帝(エンペラー)の力

皇帝(エンペラー)の称号に相応しい規格外な存在である。
まずサイズが桁違い。太陽系ぐらいのデカさ(最低でも一万二千km)である。あまりにデカすぎて、『ゲッターロボ全書』では「腕を動かすだけで、地球時間では100年くらいかかる」とまで言われている。

次に強さ。
ゲッターロボ形態なら惑星一つを片手で握り潰せる
ゲットマシン形態でもゲッタービームで惑星サイズのを破壊できる
ワームホールを物理的に握り潰す
合体の衝撃で放つエネルギービッグバンを引き起こすほどのパワーがある
ゲッター線バリヤーはこの世のどんな攻撃も跳ね返す
何万機ものゲットマシンから成る「ゲッター艦隊」を引き連れている。しかも一つ一つが惑星を破壊できるレベルの強さ
時空を越えて物事に干渉できる

……こういったいろいろと規格外な設定から、あらゆるスーパーロボットの中でも最強であると言われている。
天元突破グレンラガン』に登場する超天元突破グレンラガンもゲッターエンペラーからインスパイアされた存在。ただし、あちらは多次元宇宙空間で戦っていたのに対し、ゲッターエンペラーは実際の宇宙空間でこれらの所業を行っているのだから余計にたちが悪い。

よくゲッターは中二病と勘違いされるが、石川賢がその画力を大真面目に奮った上でここまで来ると、もはや中二病のレベルで語れる存在では断じてない。
しかもこれだけ強いのに未だに成長途中なのである。

だがこれだけ恐ろしいのに、石川賢の他作品に登場するラ=グース時天空などは成長途中のエンペラーでも相手にできないほど強かったりする。どういうことなの……

外部出演

ゲーム『ゲッターロボ大決戦!』には単なる宇宙船として登場するが、それでも必殺武器のエンペラービームは全機体中最大クラスの威力を持つ。
あまりのスケールのデカさ故に、スパロボには参戦していないが、そのあらゆる点が規格外な怪物っぷりから『ゲッターロボサーガ』そのものが未だ参戦していないにもかかわらず人気自体は高く、真ゲッターロボの必殺技でのカットインなどに度々出演していた。
……だが、なんと『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄編』では、これでもかと言うほどハッキリ描かれたゲッペラー様が登場する。

関連項目

ゲッターロボ ゲッター線 石川賢 ドワオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲッターエンペラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37832

コメント