ピクシブ百科事典

ゴッドイーター2

ごっどいーたーつー

PSPとPSVitaのマルチで展開されるゴッドイーターシリーズの最新作。2013年11月14日発売。
目次[非表示]
  • 0.1 ご意見・感想フォーム
  • 1 DLC
  • 1.1 大規模アップデート実装予定
  • 1.2 5月26日 第四弾無料アップデートVer.1.40
  • 1.2.1 インターネットマルチモード
  • 1.2.2 サバイバルミッション
  • 1.2.3 仲間キャラクターのパワーアップ
  • 1.3 2月14日 第三弾無料アップデートVer.1.30
  • 1.3.1 「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」コラボレーション衣装
  • 1.3.2 追憶キャラクター追加
  • 1.3.3 アニバーサリーパックとして新ミッションと新強化パーツが追加
  • 1.3.4 先行配信アイテムが一部解放
  • 1.3.5 その他追加・調整等
  • 1.4 1月21日 第二弾無料アップデートVer.1.20
  • 1.4.1 新エピソード「漆黒の捕食者」追加
  • 1.4.2 ハンニバル神速種の追加
  • 1.4.3 ニューイヤーパックとして新ミッションと新強化パーツが追加
  • 1.4.4 エンハンスミッションの追加
  • 1.4.5 その他追加・調整等
  • 1.5 12月18日 第一弾無料アップデートVer.1.10
  • 1.5.1 クリスマスパックとして新ミッションと新強化パーツが追加
  • 1.5.2 新機能追加
  • 1.5.3 バレッドエディットの調整
  • 1.5.4 その他追加・調整等
  • 2 ストーリー関連
  • 2.1 前作ゴッドイーター、ゴッドイーターバーストの三年後が舞台
  • 2.2 キャラクターエピソード
  • 3 キャラクター関連
  • 3.1 フェイシャルモーションの導入
  • 3.2 特殊部隊ブラッド所属
  • 3.2.1 神威ヒロ(=プレイヤー)
  • 3.2.2 ジュリウス・ヴィスコンティ
  • 3.2.3 シエル・アランソン
  • 3.2.4 ギルバート・マクレイン
  • 3.2.5 香月ナナ
  • 3.2.6 ロミオ・レオーニ
  • 3.3 特殊部隊クレイドル所属
  • 3.3.1 アリサ・イリーニチナ・アミエーラ
  • 3.3.2 藤木コウタ
  • 3.3.3 ソーマ・シックザール
  • 3.3.4 雨宮リンドウ
  • 3.3.5 神薙ユウ
  • 3.4 その他の神機使い
  • 3.4.1 エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ
  • 3.4.2 エミール・フォン=シュトラスブルク
  • 3.4.3 真壁ハルオミ
  • 3.4.4 台場カノン
  • 3.4.5 ケイト・ロウリー
  • 3.4.6 キグルミ
  • 3.5 神機使い以外の登場人物
  • 3.5.1 葦原ユノ
  • 3.5.2 竹田ヒバリ
  • 3.5.3 楠リッカ
  • 3.5.4 千倉ムツミ
  • 3.5.5 ダミアン・ロドリゴ
  • 3.5.6 フラン=フランソワ=フランチェスカ・ド・ブルゴーニュ
  • 3.5.7 ラケル・クラウディウス
  • 3.5.8 レア・クラウディウス
  • 3.5.9 グレゴリー・ド・グレムスロワ
  • 3.5.10 九条ソウヘイ
  • 4 アラガミ関連
  • 4.1 新アラガミマルドゥーク、「感応種」の登場
  • 4.2 カバラ・カバラ
  • 4.3 ニュクス・アルヴァ
  • 4.4 スパルタカス
  • 4.5 イエン・ツィー
  • 4.6 チョウワン
  • 4.7 キュウビ
  • 4.8 アバドン
  • 4.9 ウコンバサラ
  • 4.10 デミウルゴス
  • 5 システム・バトル関連
  • 5.1 PSVita版の同時発売
  • 5.2 リンクサポートシステム
  • 5.3 無線システム
  • 5.4 必殺技(ブラッドアーツ)
  • 5.5 新ステージ
  • 5.5.1 黎明の亡都
  • 5.5.2 蒼氷の峡谷
  • 5.5.3 創痕の防壁
  • 5.6 旧来の武器のモーションが変化
  • 5.6.1 ショート
  • 5.6.2 ロング
  • 5.6.3 バスター
  • 5.6.4 アサルト
  • 5.6.5 スナイパー
  • 5.6.6 ブラスト
  • 5.7 新武器
  • 5.7.1 チャージスピア
  • 5.7.2 ブーストハンマー
  • 5.7.3 ショットガン
  • 5.8 マルチプレイ周りのシステム改善
  • 6 その他
  • 6.1 アニメーションムービーを引き続きufotableが担当
  • 6.2 GODEATER the 2nd breakが電撃マオウで連載
  • 7 関連イラスト
  • 8 関連タグ
  • 9 外部リンク
  • 第四弾DLC5月26日配信!!
    BEST版好評発売中!! ベスト化記念「DLC無料開放パック」配信中!!
    GOD EATER&GOD EATER2アートワークス発売予定!!

    オープニング


    店頭プロモーション映像


    ストーリー紹介映像



    この記事ではGE2に関する情報を列挙しています。シリーズについてはゴッドイーターの項を参考にしてください。






    ディザーPV発表後のレスポンスを受けてモデリングやグラフィックが大幅に改善され、より表情豊かになった。(ファミ通1234号、記事内のコウタのモデリング等)
    「一旦立ち止まり、GEシリーズがストーリーハイスピードなアクションの二つの柱で成り立っているとの認識の上でつくっていく」と富澤P、吉村D両氏は発言している。

    サウンドコンポーザーは引き続き椎名豪、制作も同じくバンダイナムコと株式会社シフトが担当する。
    イメージソングアーティストはyu-yuで、曲名は「光のアリア」。椎名氏によれば、本作ではさらに音楽が強い意味を持つとのこと。

    序盤まるごと体験版が11月21日から、体験版がPSVITA版7月25日、PSP版8月1日からそれぞれ配信中。
    一ヶ月をスパンに、追加コンテンツやシステム面のアップグレード等が発売後に無料配信される予定となっている。


    ご意見・感想フォーム

    前作同様ユーザーの意見を取り入れるためのご意見・感想フォームをオフィシャルサイトに設置し、今後に向けたユーザーの声を募集している。また今回は月ごとのDLCが配信されるので、そちらに新機能や調整という形でユーザーの意見が反映される。詳しくはこちら

    DLC

    大規模アップデート実装予定


    現在これらが公開されており、検討段階のものも含む。他にも新アラガミを含む様々な要素が追加予定と、その名の通りかなり大規模なアップデート内容となっている。

    5月26日 第四弾無料アップデートVer.1.40

    インターネットマルチモード

    インターネット環境を利用したマルチモードが追加され、アドホックパーティを利用できない環境でも無線LANがあれば遠く離れた同士でもゲームを楽しめる。

    サバイバルミッション

    拠点へ帰還せず連続してミッションをこなす新モード。
    このモードではキャラクターにより「消耗度」というパラメーターが設定され、それが限界値(0)になるとそのキャラクターは離脱する。
    このようにして操作プレイヤーの消耗度が限界に達するとその時点で任務終了となる。
    逆に消耗度がゼロにならない限りは何度リスポーンしようと報酬が減ったりすることはない。
    サバイバルミッション中に捕喰した素材などは自動的に倉庫に送られるようになっているため、携行品の空きを気にする必要はないが、各ミッション終了後にわずかに支給される分以外は消耗品の補給もできないので、消耗度を消費してのリスポーンも含めてHPをいかに管理するかが重要になる。

    仲間キャラクターのパワーアップ

    キャラクターの同行回数によって文字通りキャラクターが成長するシステム。サバイバルミッションでの消耗度の限界値の上昇、特殊行動やリンクバースト時の追加効果等で反映されている。

    2月14日 第三弾無料アップデートVer.1.30

    「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」コラボレーション衣装

    劇中で活躍した主人公二人のヒーロースーツ、男性用として「ワイルドタイガーStyle2」、女性用として「バーナビー・ブルックスJr.Style2」がそれぞれショップ(自販機、よろず屋)で購入可能となる。合わせて「髪型」にそれぞれに対応したマスク部分も追加されている。

    追憶キャラクター追加

    アニバーサリーパックとして新ミッションと新強化パーツが追加

    2月14日配信ということでキャラクターのチョコを拾えるミッション「スイート・コレクター」を始め様々なミッションが追加。
    「スイート・コレクター」は二分以内にエイジスのフィールドで大量に置かれたチョコ(義理チョコ、友チョコ、キャラクターのチョコの三種)を拾うという内容。
    ガルムとヴァジュラが出現する上に拾う数が異様に多いが、事前にスタミナ上限を上げたりリンクサポートで移動速アップ、出現遅延を使用する、スナイパーのステルスフィールドや作戦指示を変更等して工夫するとうまく拾いきれる。ただしキャラクターのチョコは拾える量と種類の割に1ミッション中に0〜3個程度と非常に低く、義理チョコ数十個キャラチョコ0個ということも普通にある。心が折れない程度に間隔をあけてチャレンジしよう。
    こちらのアイテムは実際にミッション中に使用することができ、専用のボイスとエフェクトも用意されている。

    先行配信アイテムが一部解放

    「クラシカルサンタ衣装」「クラシック衣装」「フェンリル初代制服」「アイドルマスター衣装」が解放。入手方法はミッションクリア時の特殊アイテム、ショップ購入、キャラクター選択画面に追加と、それぞれ入手方法が異なる。

    その他追加・調整等

    ショップに「マグネシウム」「モーリュ」が追加。
    戦闘BGM「Deo Volente」「終わりなき侵喰」が追加。
    一部ブラッドアーツの調整(公式ページにリストあり)。ダメージアップや遠距離攻撃の打ち消し、スーパーアーマーなどの効果が追加され、より取り回しがいいように調整されている。
    その他不具合の調整。

    1月21日 第二弾無料アップデートVer.1.20

    新エピソード「漆黒の捕食者」追加

    2071年、前作ゴッドイーターバーストでも語られたリンドウ失踪時の出来事に迫る新エピソード。
    前作でシオに救われ、半アラガミ化してからの彼の行動と、当時極東支部周辺で起きていた出来事についてのエピソードとなっている。

    ハンニバル神速種の追加

    移動や攻撃の動作が大幅に強化された新しいアラガミ種。紫の炎に青白い装甲を持ち、基本種の行動と変化はほぼないが、アイテムを使う暇がないほど非常に素早く、厄介な敵となっている。

    ニューイヤーパックとして新ミッションと新強化パーツが追加

    ニューイヤーチャレンジミッションで入手できる素材で新衣装「黒壇 粋(男性用)」「珊瑚 凛(女性用)」が制作可能となる(ミッションは難易度10到達時点で解放)。シエル、ナナ、ギルバート用の晴れ着衣も合わせて追加され、デザインはプレイヤー用のものを基本に、専用の色と髪留めや模様による差別化を行っている。
    「完全暴走神機シリーズ」の神機パーツも追加されている。

    エンハンスミッションの追加

    ミッション中に特殊なサポート効果が発動する新ミッション群。
    ヒットエフェクトが最小からクリティカル一歩手前にという凄まじい属性強化が公開されており、一部特殊条件を満たすことで発動するものもある。
    公式ページの表記から察するに、ミッション構成や複合コア、ダメージ計算式の関係で無属性武器の使用率が高い状況を改善する狙いがある様子。

    その他追加・調整等

    複合コアのコストが調整(公式ページに項目あり)。
    「劇場版銀魂」とのコラボ衣装の新八衣装とメガネ、髪型が追加。
    一部ブラッドアーツの威力調整、その他各種不具合が解消される。

    12月18日 第一弾無料アップデートVer.1.10

    クリスマスパックとして新ミッションと新強化パーツが追加

    クリスマスチャレンジミッションで入手できる素材で新衣装「ワイルドサンタ(男性用)」「ラブリィサンタ(女性用)」が制作可能となる(ミッションは難易度10到達時点で解放)。

    新機能追加

    キャラクターエピソードのアーカイブ閲覧機能、キャラクターメイキングの再作成機能が追加。
    アーカイブについては文字通り。キャラクターメイキング再作成機能は引き継ぎの項目に「続きから」が追加されるもので、そこからコードネーム以外の全てを再作成できる。

    バレッドエディットの調整

    「アサルト」「スナイパー」「ショットガン」モジュール数が1つ追加。
    またエディットプレビューで貫通弾確認用のターゲットの新設
    「ブラスト」のバレットチップ「充填」の効果調整。「充填」は経過時間によって威力と効果範囲が上がる、「ブラスト」専用のバレットだが、これと「抗重力弾(落下距離によって威力が上がる弾種)」を組み合わせると非常に高威力、且つ1エリア全体に攻撃範囲を持つ狂ったバレットを作ることができたが、今回の調整で威力は低下している。
    総じて、今回のバレッドエディット周りの調整はブラストに一点集中した火力をある程度分配するためのものとなっている。

    その他追加・調整等

    不評だった複合コアのコストが調整。その他各種不具合が解消される。


    ストーリー関連

    前作ゴッドイーターゴッドイーターバーストの三年後が舞台

    主人公はフェンリル本部直属部隊「BLOOD(ブラッド)」に配属される「第三世代のGE」。
    主人公をはじめとする彼らブラッドの面々は少数精鋭で、旧二世代とは違った特殊な能力を持つ。
    彼らの移動型拠点、「フライア」を主な舞台に、異常気象の「赤い雨」と、それに伴う致死率100%と言われる死の病「黒蛛病(こくしゅびょう。致死率が非常に高い・読みが似ていることなどから、中世に猛威をふるった黒死病(こくしびょう。ペスト)が元ネタであると思われる)」、感応種の登場などの新たな危機に立ち向かっていく。

    キャラクターエピソード

    いわゆるNPC個別エピソード。
    新キャラクターのジュリウスやシエルはもちろん、アリサやコウタといった前作のキャラクターのものもあり、各キャラクターについてより深く関わることが出来る。
    メインシナリオとは別に進行でき、これを進めることでミッション中にできる行動(罠、回復、リンクバースト等)が増え、個性的なブラッドアーツを習得させることができる。
    ギルバートであれば専用神機の解禁、シエルならブラッドバレッドに関する機能追加など、特定のキャラクターエピソードにはプレイングに大きく関わるものもあるので、メインストーリーに行き詰まったらこちらを進めると良いかもしれない。

    キャラクター関連

    フェイシャルモーションの導入

    もちろんこれはキャラクリエイトした主人公にも導入される。
    また感情をさらに表現するため、前作に比べ若干リアルなモデリングへ変更。その後さらに改良があったようで、アニメ色が強くなったものが公開された。

    特殊部隊ブラッド所属

    神威ヒロ(=プレイヤー)

    ヘリから見た時も思ったけど・・・豪勢な設備だな・・・
    cv:今のところ無し
    コミカライズ主人公で今作プレイヤーにあたる人物。一人称はユウと異なり「俺」で、第二期ブラッド候補生でナナとは同期。
    あまりしゃべらず温厚な性格で、実地訓練でナナを庇う、焦らずにアラガミに対処する等、咄嗟の行動や機転に優れた人物像で描かれている。
    ゲーム中では前作同様、性別や容姿も含めて自由に作成されたアバターが主人公となる。

    ジュリウス・ヴィスコンティ

    お前は不思議なやつだ・・・ お前の周りには自然と人が集まってくる

    ジュリウス


    cv:浪川大輔
    本作の主な舞台である特殊部隊ブラッドの隊長。20歳。ブラッド最初の適合者であり、ラケル博士の運営する児童養護施設「マグノリア=コンパス」ではエリートの部類に入り、高い戦闘能力、軍事的判断力、決断力を兼ね備えた人物。加えて仲間想い。

    シエル・アランソン

    君の行動は常に・・・ 私の予想の遥か上を行くようです

    シエルさん


    cv:能登麻美子
    16歳のブラッド隊員。ジュリウスと同じく「マグノリア=コンパス」で厳しい訓練を積み、高い戦術知識やバレットエディットへの深い理解力を持つが、反面人付き合いは苦手としている。
    以前からジュリウスとは面識があったが、正式にブラッドに入隊するのは最も遅い。普段は口数が少なく落ち着いた人物。

    ギルバート・マクレイン

    このクソガキがムカついたから殴った・・・それだけだ

    ギルバート


    cv:森川智之
    グラスゴー支部で5年の実戦経験を持つブラッド隊員。
    実力派で任務では頼れる兄貴分のような存在だが、5年の実戦のせいかチームメンバーと衝突することも多い。
    ちなみにグラスゴーはイギリスの地名。その支部所属の時には第一世代の槍型神機を使用していた。

    香月ナナ

    緊急事態発生……私のおでんパンがどっかいった!!

    ナナちゃん!


    cv:加藤英美里
    ブラッドの隊員で、今作の主人公の同期。17歳。
    今作の新刀身である「ブーストハンマー」を軽々と持ち上げ、豪快に戦う。
    明るく朗らかな性格で、これまでに紹介された他のブラッドのメンバーのクールな雰囲気とは一線を画す。食い意地の張った大食漢。

    ロミオ・レオーニ

    ブラッドは甘くないぞ・・・覚悟しとけよ!

    630


    cv:成瀬誠
    ブラッドの隊員の一人。主人公の一年先輩で、調子の良い性格。
    マグノリア=コンパスの出身で、実は二番目に配属されていたためブラッド隊員としては古株にあたる。
    ミーハーでファッションやアイドル事情に詳しいところや明るく気さくな人柄など、前作キャラクターのコウタに似ている。

    特殊部隊クレイドル所属

    アリサ・イリーニチナ・アミエーラ

    自分になにができるか、少しづつ分かってきた気がするんです

    アリサ:GE2


    前作のヒロイン。公式コミック「the 2nd break」にも登場。本作では新たな任務、極東地域の各地で支援活動を行う。前作初期の高圧的な態度は消え去り、人のためにできることを探し実行する強さを手に入れている。しかし同時に自分を疎かにしがちになったようで、無理を押して倒れたり、頼まれごとを一人で抱え込んだりと心配な面も。

    藤木コウタ

    困ったことや分からないことがあったら、何でも聞いてくれよ!

    (*゜ο゜)ゞ おっす!


    前作の第一部隊所属の旧型神機使い。公式コミック「the 2nd break」にも登場。
    現在は出払っていることの多い神薙ユウに代わり実質的に第一部隊を束ねており、新米神機使いを指導する立場にあるため、クレイドル所属の中では珍しく極東支部を中心に活動している。
    エリナやエミールをはじめ、多くの新人育成に貢献しているようで、三年が経ちただのイケメンになった。

    ソーマ・シックザール

    お前はどことなく、俺のダチに似た匂いがするな・・・・・

    2もがんばれソマ氏


    コウタ、アリサと同じく前作の第一部隊所属の旧型神機使い。
    前作と同じくクールで無愛想だが、コウタの軽口に笑ってこたえるなど雰囲気が柔和になり、
    他人を気遣う素振りも見せるようになった。
    特殊な能力を持つブラッドを除き、その特異な偏食因子の関係で物語序盤で感応種に対抗できる神機使いでもある。

    雨宮リンドウ

    人に教わるのは、ずいぶん久しぶりだなぁ・・・

    ようお前ら!


    フェンリル極東支部最古参にして前々第一部隊隊長のおなじみの神機使い。
    今作では部隊の指揮官を務めつつ最前線に立ち、あるアラガミを追っている。
    その任務に後述の神薙ユウや、雨宮ツバキらも同行している様子が公式コミカライズ「the 2nd break」で描かれており、11月より刊行がスタートしたゴッドイーターマガジン内のコミカライズ作品、GODEATER2 undercoverにも登場している。

    神薙ユウ

    第一部隊隊長の神機使いで、前作の主人公にあたる人物。アリサの想い人。
    GEマガジン内のコミカライズ作品「GODEATER2 undercover」によれば、新しいミッションに旅立つ際に隊長をコウタに(半ば無理に)引き継いでいる。
    激戦区の極東支部において、死亡率が極めて低い実績を持つ第一部隊。その隊長という肩書きは伊達ではなく、ヴァジュラの雷撃を見切り紙一重でかわす、シユウを人一人抱えた状態で一刀両断など、まさに人を超えた破格の戦闘力を持つ。
    前作からの引き継ぎを行わなかった場合、彼が第一部隊隊長としてデータベースに記述される。
    引き継いだ場合は、引き継ぎ元のデータの主人公となる。

    その他の神機使い

    エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ

    子ども扱いしないでよ!私だって華麗に戦えるんだからッ!

    エリナさん


    cv:阿澄佳奈
    かの有名なエリック・デア=フォーゲルヴァイデの妹。
    前作での「裕福な少女」というモブキャラであり、今回は「チャージスピア」の神機使いとして登場する。対抗心が強く、何かとつっかかるエミールやブラッドメンバーに負けじとばかりの発言も目立つ。
    そんな、先輩達に対して背伸びしがちだが、自分の神機を青くペイントし「オスカー」と名付ける等、時折子供らしい一面も見せる最年少14歳。

    エミール・フォン=シュトラスブルク

    共に戦おうッ!人類の輝かしい未来の為にッ!!

    1章はこの人が全部持っていきました


    cv:福山潤
    フォーゲルヴァイデ家とライバル関係にある(本人談)名門シュトラスブルク家出身で、エリック・デア=フォーゲルヴァイデの終生のライバル(本人談)。
    皆の先頭に立ち導くのが騎士道(本人談)とし、失敗を明日への希望へ変える(本人談)。終生のライバルであるエリック(本人談)の妹エリナの事をなにかと気にかけている。
    ・・・が、アラガミを「闇の眷属」、少々間違った「騎士道」精神、前髪を手で揺らし優雅にフルネームで名乗る、暑苦しく叫ぶ、登場時に背景に薔薇が咲き乱れる、黒マント黒仮面で革命でも起こしそうな声等、非常に鬱陶し・・・もとい熱い意思力と強いタレント性を持った人柄であるため、エリナからは露骨に嫌われている。
    エリナ同様、自らの神機に「ポラーシュターン」という名前をつけている。
    華麗な彼の活躍を今すぐ知りたい方は、2nd break三巻を購入するか、こちらのプレイ動画を見ていただくといいだろう。

    真壁ハルオミ

    ギルが何かやらかした時は、遠慮なく言ってくれ

    ハルさん♪


    cv:三木真一郎
    極東支部第四部隊隊長。
    現在のカノンの上官。また同じくグラスゴー支部所属だったためギルバートとは既知の仲。
    普段は気さくでスケベなお兄さんで、彼のキャラクターエピソードは様々な支部を渡り歩いてきた結果得た広い人脈を盛大に無駄遣いするもの。
    そのことや第一世代から第二世代に神機を更新したこと等、ベテランの経歴の割に残念な面が強い人物。

    台場カノン

    あれ?今日の討伐対象って何でしたっけ?

    ちゃん様が2に出ると聞いて


    前作の防衛班所属の旧型神機使い。入隊して5年が経つ中堅のはずがドジが多く、後輩のエリナにも気を使われるほど。
    通称「誤射姫」と呼ばれ一部から絶大な人気がある彼女。
    前作のを差し置いてサブキャラの彼女の登場が専用PVつきで公開され、公式ラジオのパーソナリティにも抜擢、ついでにアリサの次にフィギュア化というところを見ると、開発陣の中での評判もかなり良いのだろう。

    ケイト・ロウリー

    諦めなければ、きっとそのうち成功するでしょ

    【GE2】ケイト・ロウリー


    グラスゴー支部 隊長。
    ハルオミの嫁。心優しく意思の強い人物で、隊員わすか数人の、小規模で人員不足気味のグラスゴー支部で、ハルオミとの子を宿した後も任務にあたっていた。

    キグルミ

    ・・・・・・!!


    極東支部に出没する謎のキグルミ。
    凄腕の神機使いであること以外、詳細は一切不明である・・・

    神機使い以外の登場人物

    葦原ユノ

    こうやって同年代の人とお話しするの・・・・・久しぶり

    光の声が、呼んでいる


    cv:桑原法子。歌パート:yuyu(テーマソングアーティスト)
    公式コミック「the 2nd break」でも登場している、今作で強い意味を持つという「歌」に
    関連する人物。
    「サテライト拠点」と呼ばれる独立居住区の発展を促進すべくフェンリルの広報活動に協力し、世界中にその名が知れ渡っているほどの有名な人物。

    竹田ヒバリ

    ご武運をお祈りしています。無事に戻ってきてくださいね

    ヒバリさん


    極東支部オペレーター。今作では髪を下ろし、無線システムでのナビゲートでプレイヤーをサポートする。未だに適合する神機は見つかっていないようだ。

    楠リッカ

    神機あっての神機使い、神機使いあっての神機だからね!

    討伐(ピクニック)開始!!


    極東支部の整備担当。神機整備室第一班の副班長を務め、今作では亡き父の考案した「リンクサポートデバイス」の実用化に向けて研究を進めている。

    千倉ムツミ

    お仕事、気をつけて行ってきてね
    極東支部にラウンジを切り盛りする若干9歳の少女。この歳にして調理師免許を取得しており、以前より豊かになったとはいえ、充分とは言えない配給品や食材を組み合わせ、料理を極東支部の面々に提供している。コウタによればその味は極東地域の「お袋の味」で絶品とのこと。

    ダミアン・ロドリゴ

    弱い自分に何度でも向き合う・・・
    元第一世代神機使い。
    現在は若手の指導と「リンクサポートデバイス」の運用試験を担当している。
    一部の難しいミッション前に彼に話しかけると、ミッションクリアのコツやアラガミの習性について教えてくれる。

    フラン=フランソワ=フランチェスカ・ド・ブルゴーニュ

    次はもう少し難しい任務でもこなせるんじゃないですか?

    フランちゃん


    フライアのオペレーター。入隊から浅く16歳という若さだが非常に優秀で、ミッションに関係する業務はほぼ彼女が行っている。
    反面、心配性で緊急時や新種出現時の対応にはいくつか課題が見られる。

    ラケル・クラウディウス

    世界を導く子どもたちを得て、私は幸せに思っていますよ

    クリア記念。※キャプションにネタバレ有


    フライアの開発室長レアの妹で副開発室長。
    フェンリルにおいて最高レベルの頭脳を持つ科学者とされており、ブラッドの創設者でもある。
    またマグノリア=コンパスを運営し、暗い過去を持つものが多いブラッド隊員たちに対して母親のように優しく接する。

    レア・クラウディウス

    フフッ……あんまりロビーではしゃがないでね?

    ゴッドイーター2の発売まで残り11日


    フライアの開発室長。留守の多いグレム局長に代わって実質的なフライアの長を務める。
    神機兵の最高開発責任者であり、神機兵の有人制御に関する研究を行っている。

    グレゴリー・ド・グレムスロワ

    俺が、ここの最高責任者だ、いいから、命令を守れ!

    フライア(フェンリル極致化技術開発局)局長兼フェンリル本部特別顧問。
    恰幅がよく常に葉巻をくわえており、他人に対して高圧的な物言いも多い人物。
    二人の博士が推し進める神機兵とブラッドを中心とした計画に多額の出資を行っている。

    九条ソウヘイ

    その一歩というのが最大の難関なんですがね・・・!

    神機兵の無人制御研究の第一人者。
    痩躯で後退気味の髪の薄幸そうな人物で、有人と無人ということでレア博士とはライバル関係にある。

    アラガミ関連

    新アラガミマルドゥーク、「感応種」の登場

    マルドゥーク


    マルドゥークはイヌ系の動物をモチーフにしたと思われる新アラガミ
    「感応種」とは前作の主人公とアリサに起きた「感応現象」をアラガミ同士で引き起こす種らしく、それぞれフィールド全体に大きく影響する能力を持つため、感応種との戦闘ではより戦略性を求められる。
    このマルドゥークは周囲のアラガミを統率し、集合させるなどの集団行動を可能にする能力があるようだ。基本種に「ガルム」がおり、こちらはたてがみが逆立ち、腕は石のようである。

    ガルム


    カバラ・カバラ

    グボロ・グボロ神属の感応種。
    髭の生えた人面魚のような外見で、雷撃による攻撃を繰り出す。
    感応種としての能力は周囲のオラクル細胞を強制的に活性化させる「踊り」。結果アラガミは怒り状態、神機使いはバースト状態となるため、わざと後回しにして能力を利用することも考えられる。

    ニュクス・アルヴァ

    サリエル神属の感応種。
    ローブを纏った聖母のような外見で、近接攻撃を全て無効という謎の特性を持つ(インパルスエッジは一部BAのみ有効)。
    感応種としての能力は他のアラガミの状態回復。ダウンやホールド状態から復帰させるため放置すると非常に厄介だが、この回復弾はゴッドイーターにも効果があるため横取りも可能。

    スパルタカス

    ハンニバル神属の感応種。
    雷撃や雷球、ハンニバル神属特有の素早い近接攻撃などで攻撃してくる。
    感応種としての能力は周囲のアラガミからパワーを吸収すること。結果スパルタカスに羽根が形成され、回数毎に枚数が増え、スパルタカスの攻撃力は上昇するが他のアラガミの能力は弱体化するため、他アラガミを優先して片付ける場合は放置するのも手。
    この吸収行動は頭部を集中攻撃することで妨害が可能。

    イエン・ツィー

    シユウ神属の感応種。
    青い羽毛に覆われた女性のような外見のアラガミで、冷気を操り、爆発する氷の羽根などを駆使する。
    感応種としての能力は周囲のアラガミの敵意を一人のゴッドイーターに集中させること。
    後述のチョウワンを呼び出すことも出来る。

    チョウワン

    オウガテイル神属の感応種。
    見た目はイエン・ツィーに似ており、イエン・ツィーの指示で呼び出される。

    キュウビ

    出現経路、場所等が一切不明の新アラガミ。名前の通り狐のような外見で、三本の尾と、腹部から伸びる6本のオラクルの炎の形態から「九尾」と名付けられた。
    その炎を灯しての突進やレーザー等で攻撃や、しなやかな動きでの撹乱など油断できない強さを持つ。特殊なコアを持っているらしく、その有用性からリンドウをはじめとしたクレイドルメンバーが長い間追い続けているアラガミ。

    アバドン

    突如現れ何もせず去っていく、見た目がプレデターモードの神機によく似た謎のアラガミ。
    撃破するとレアなアイテムを入手できる。

    ウコンバサラ

    ワニのような形状の中型アラガミ。
    攻撃方法は電撃や大きく開く口による噛みつき等。基本的な動きこそ普通だが体全体が固く、結合崩壊しなければクリティカルは望めない。

    デミウルゴス

    石膏像のような顔とトドやゾウを思わせる巨体を持つアラガミ。
    目から冷気を放出したり、伸縮する腕の質量を活かした殴打などを繰り出す。
    全身が硬い装甲で覆われているが、腕を伸縮させた際にむき出しとなる内部組織、および顔面が弱点。
    小ネタ程度だが今までのアラガミにない特徴を持っており、顔を結合崩壊させた場合は観察してみると面白い発見がある。

    システム・バトル関連

    PSVita版の同時発売

    もともと発売の予定はなかったようだが、長い潜伏期間と開発元の株式会社シフトのスタッフの自主的な動きによって実現した。特徴は以下の通り。
    ・グラフィックがVitaの性能に合わせたものに。
    ・操作性を最適化
    ・PSPとのマルチプレイが可能。さらにアドホックパーティにも対応する。
    ・前作「BURST」からのデータ連動が可能。

    リンクサポートシステム

    ミッションに参加していない神機使いの神機を利用し、一時的にミッション中の神機使いをサポートするシステム。
    ランダムで一人、有効部位に当てれば一撃目で必ず結合崩壊を起こすといったピーキーなものから、バースト化や敵の視認率の低下などのサポート系など多岐に渡る。

    無線システム

    ミッション中にオペレーターのヒバリや、同行する仲間が音声と字幕でプレイヤーにメッセージする新システム。無線を通じて戦況の変化や新たなアラガミの出現、仲間の状況をプレイヤーが把握し、能動的にミッションに介入できる。

    必殺技(ブラッドアーツ)

    敵に対して特定の行動をとると、攻撃手段がより強力で派手なものに変化する。これがブラッドアーツという必殺技で、プレイヤーの成長要素といえる。
    ブラッドアーツはプレイヤーの行動のクセや傾向から自然と分岐し進化する必殺技で、チャージクラッシュやインパルスエッジなどの特殊技はもちろん、通常□攻撃や斬り上げなどにも用意され、あらゆるアクションに対応する。特定行動でレアなブラッドアーツに変化することもあり、その数は300以上。
    ブラッドアーツはミッション毎にひとつセットできる。分岐して成長するものの、もとの分岐に戻ることもできるため自由に習得が可能。富澤Pいわく、「全員が万能戦闘タイプ」だったゴッドイーターの戦闘に、明確な個性が発揮できるようになるとのこと。
    「ブラッド」アーツとあるが、ブラッド隊員でないアリサやコウタにも同様の必殺技が用意されている。これは主人公のある能力によるものということが、各キャラクターエピソードで語られている。

    新ステージ

    黎明の亡都

    「贖罪の街」とは印象の異なる廃墟のステージ。植物園や図書館らしき建物がある。

    蒼氷の峡谷

    壊れかけたダムのステージ。かなり長い一本道の特殊なステージ構造になっている。

    創痕の防壁

    居住区一歩手前の、アラガミに侵攻され炎の燃え盛るアラガミ防壁が特徴のステージ。

    旧来の武器のモーションが変化

    新武器とのバランスを考慮し、感触もかなり違うものになっているとのこと。

    ショート

    R+□で飛び上がる斬り上げ攻撃ライジングエッジ、空中での移動を可能にするエリアルステップが追加され、より素早い動きが可能になった。空中行動回数を回復させるブラッドアーツも豊富で、空中戦能力が大幅に強化されている。

    ロング

    ゼロスタンスというR+□での特殊な構えが追加。地上の各行動から派生でき、それか別の行動へ派生できるので、スタミナが切れるか吹き飛ばされるまで永遠にコンボをつなげることが出来る。
    また、ゼロスタンスでは若干スタミナも回復し、インパルスエッジがゼロスタンスからR+□での派生に変更された。

    バスター

    R+□で装甲を展開し、即座に振り上げを行うパリングアッパーが追加。もちろん装甲展開時には短いながらも防御の判定があるので、タイミングを見極めれば強力な戦法になることは間違いない。

    アサルト

    基本バレットにOP消費なしで怯みを誘発する連射弾が追加。
    また、移動しながらの射撃、ドローバックショットという真後ろへ大きく飛び退くアクションが追加され、より素早い取り回しが可能になっている。
    連射性の反面、近~中距離弾種がメインとなるため遠距離までは狙えないほか、バレットエディットではモジュール上限が3と少なく、一撃の高威力化は難しい。
    変異チップの習得を進めることで、モジュール上限を+1することができるが、当然チップ枠を使ってしまうため他のチップが使えなくなるデメリットもある。
    2013年12月のアップデートでモジュール上限が4に増加した。

    スナイパー

    基本バレットは射程と弾速が速く、クリティカル時のダメージ倍率が非常に高い狙撃弾。
    エイムモード時に射程方向を拡大表示するスナイパーサイト、一定時間敵に見つからなくなるステルスフィールド(射撃や剣形態への変形、時間経過で解除)が追加され、より狙撃に特化された。
    バレットエディットでは狙撃弾が起点となり、自動追尾する弾種は扱えない。モジュール上限は5と平均的。
    2013年12月のアップデートでモジュール上限が6に増加した。

    ブラスト

    基本バレットは中距離を直進し、着弾と同時に爆発する高燃費高威力のロケット弾。
    OPを最大1000まで予備領域へ移すオラクルリザーブが追加され、より高威力なバレットを運用できるようになった。極端な話、消費OP1000のバレットを撃つことも可能である。
    バレットエディットは基本的に自由。モジュール上限も8と高く、チップごとの消費OPも高め。
    ブラッドバレットを活用すれば、一撃で中型アラガミを葬りかねないほどの、とてつもないダメージを叩き出すバレットも作ることもできる。

    新武器

    チャージスピア

    直線的な動きに特化。溜めを活かし、敵の弱点を連続的に攻撃できる。
    コンボ中にバックステップ(ほぼバク転)することができ、そこから空中、着地ともに
    さらなる連携につなげることができる。
    またチャージグライドという突進技も備えており、この際に刀身が展開し攻撃力が上昇する。
    そこからコンボやステップなどのアクションをつなげることで展開状態を維持できるので、高威力のコンボを叩き込むことも可能。
    突きだけではなく、長い刀身を活かした薙ぎ払いもあり、範囲重視の攻撃も得意。

    ブーストハンマー

    重圧感とスピード感に特化。特殊な二段階変形のギミックを搭載する。
    スタミナを消費して何度も振り回したり、ブースターを使って一気に距離をつめたりと、
    豪快なアクションが可能。
    普段の攻撃は鈍重で間合いもさほど長くはないが、このブーストを活用することで全刀身最速の移動や怒濤のラッシュ攻撃が可能となるため、スタミナをいかに管理するかが肝となる。

    ショットガン

    遠距離形態の新たな武器種。
    その名の通り近接使用に特化しており、基本バレットは射程が短く威力が高い散弾、
    アサルトと同じく移動射撃が可能で、前方に突進し追加入力で射撃するラッシュファイアなど、密着した戦闘を可能にする。
    バレットエディットは極短射程の弾種がメインで近距離しか狙えず、モジュール上限はスナイパー同様に5と平均的だが、至近距離で撃つことでクリティカル判定となり、ブラスト並の大ダメージを叩き出す散弾が使用できる。
    2013年12月のアップデートでモジュール上限が6に増加した。


    マルチプレイ周りのシステム改善

    前作だと進行の遅いプレイヤーに進行度が合う作りになっていたため、「他のプレイヤーを考慮して泣く泣くムービーを飛ばす」、「一人だとクリアできないが複数だと反撃すら受けない」などの弊害があったが、本作では高難易度ミッションという別枠の難易度の高いミッション群が用意されている。

    その他

    アニメーションムービーを引き続きufotableが担当

    平尾隆之が演出として参加。

    GODEATER the 2nd breakが電撃マオウで連載

    これはGEとGE2の中間のストーリーを描くコミカライズ作品。コミカライズは片桐いくみが担当する。前作から3年経ち、成長した極東支部第一部隊の活躍をメインに展開する。前作のメインキャラクターであるソーマ、コウタ、アリサをはじめ、第一部隊はクレイドルの制服であるジャケットを着ている。デザインは白を基調に黄と黒のライン、背面におなじみのフェンリルの紋章があるが、前作の制式シリーズのものとは若干異なっている。
    単行本第三巻で完結。その後公式コミカライズへつながるとアナウンスがあった。


    関連イラスト

    マルドゥーク
    GE2
    GE2発売



    関連タグ

    シリーズゴッドイーターバースト ゴッドイーター
    users入りGE100users入り
    二次創作【ピク新型】



    外部リンク

    オフィシャルサイト

    pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドイーター2」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6227857

    コメント