ピクシブ百科事典

ザルエラ

ざるえら

スクウェア・エニックスのゲームで使われる世界観設定「イヴァリース」に登場する悪魔(ルカヴィ)・召喚獣。
目次[非表示]

FFT

初出となるのはFFT
黄道十二宮における双児宮ふたご座)に配される悪魔(ルカヴィ)である。二つ名・ジョブは「天使」。
死神の姿をした、およそ天使とは呼べぬ異形の者。

作中では人間であった頃は全く冴えなかったエルムドア公爵の肉体を借りて、ランベリー城の地下墓地にて降臨する。
拘束されていじけた子供のように丸まった状態でフワフワと浮き、口からはみ出たスパゲッティのような歯も特徴である。
しかし降臨する前の戦闘まで美女に化けさせたデーモン、レディセリア連れ歩いたり、墓場では埋葬された兵士を呼び起こすなど、ベリアスハシュマリム以上に部下に恵まれたルカヴィである。

特殊な詠唱

ザルエラのみが唱える魔法「トードジャ」の詠唱は以下の通りである。
「か~~え~~る~~の~~~~ だい がっ しょ~! トードジャ!」
現世に降臨したルカヴィの中では賑やかし担当であった可能性が高い。

なお、FFTには魔法・特技のほぼ全てに詠唱テキストが設定されている。
これらは発動時に一定確率で表示され、これらを見ることもFFTの隠れた楽しみとなっている。

FF12

また世界観を共有するFF12においては、神(と称する種族)が創った異形の者(闇の異形者)で、人の死後を裁定する者。いわゆる閻魔様。
しかし天を呪う者たちに自身の魂を侵されてしまい、神に使える巫女を人質にとり反旗を翻し、神へと戦いを挑む。
だが遂には戦いに敗れ封印されることとなった。

その姿は骸骨の死神と拘束された女性とがくっついた姿をしており、正に「ふたご座」である。
召喚技は「ディバインデス」。
巫女の絶叫に呼び集められた悪霊の渦をファンネルの如くけしかける。

この召喚技の演出を見るに、女性も長い人質生活の中で開き直ったようで実にノリノリ。
ザルエラもダメージを被るモーションで彼女を盾にするような仕草も全く見られず、その仲はなかなか円満であるようだ。
封印された異形の者の中ではリア充に属するが、同じく巫女を人質に取っているマティウスの趣向はSMプレイ。
上述の関係性を鑑みると、マティウスカップルと比べればザルエラは見た目によらず良心的な家庭を築く良き夫であると考えられる。

関連イラスト

ザルエラ



別名・表記ゆれ

死の天使

関連タグ

FFT FFTA2 FF12 イヴァリース
ルカヴィ ゾディアーク
ベリアス キュクレイン ザルエラ アドラメレク ハシュマリム 聖天使アルテマ
カオス マティウス ファムフリート ゼロムス エクスデス シュミハザ
エルムドア

この記事のカテゴリ

ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ザルエラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3364

コメント