ピクシブ百科事典

ジェラール・フェルナンデス

じぇらーるふぇるなんです

「ジェラール・フェルナンデス」とは、漫画「FAIRY TAIL」およびそれを原作としたテレビアニメの登場人物である。
目次[非表示]

概要

声 - 浪川大輔

楽園の塔」の支配者。
昔は正義感溢れる活発な少年で、奴隷を解放するよう反乱を起こし捕らえられたエルザを救出するために身代わりとして捕えられるが、そこで伝説の魔導士ゼレフ(を騙ったウルティア)の洗脳を受けて乱心。
後に自身に逆らったエルザを外界に放つことと引き換えに、奴隷仲間達を人質に8年間、楽園の塔建設に注力した。

その目的はRシステムを発動させてゼレフを蘇らせることであり、目的遂行のためには手段を選ばない。
元は仲間だったショウ達を騙していただけでなく、ブレインなどの闇ギルド関係者とも関係を持っていた。
自分の思念体であるジークレインを評議院に潜り込ませて楽園の塔にエーテリオンを撃つよう誘導したり、Rシステム発動のためにエルザを生贄にしたりしたが、最終的にはエーテリオンを食べたナツに敗れ、楽園の塔は崩壊し、消息不明に。

エーテルナノの影響を受けてはいたが生存しており、ニルヴァーナの所在を知っていたため六魔将軍に保護されていた。
ブレインの策略によりウェンディの治癒魔法で蘇生され、「エルザ」という単語以外の一切の記憶を失う
自分が犯したとされる過ちを正そうとナツ達に協力したが、その後、楽園の塔事件の罪を問われたために新生評議院に逮捕、エルザに別れを告げた。
また、別れの直前でエルザのことを忘れなかった理由とされる一言を呟いた。

その後、牢の中で記憶を取り戻し、「空白の7年」の間にウルティアの手引きにより脱獄
正規でも闇でもない独立ギルド「魔女の罪」を作り活動している。 大魔闘演武にはナツ達に調査を依頼する一方、マカロフに交渉し、ミストガンに変装し妖精の尻尾Bチームとして参戦する。

作品きっての公式イケメンでもあり、作者も「顔に変なマーク入っているのにイケメン風」と評している。
(大魔闘演武の三日目・番外編(OVA)ではエルザのを揉んだり、間近で見たり、他人から見ればラブラブバカップル、その上非常においしいシチュエーションだったが鼻血出すわ、気絶するわで免疫力がない。)→ジェラエル
恋愛力は、ナツやグレイ以上にないヘタレだった。

平行世界「エドラス」に住むジェラールとの同一人物は「ミストガン」。
また、先述した評議会のジークレインはジェラール本人の精神体であり単なる分身に過ぎない(エルザには「生き別れになった」と嘘を吹き込んでいた)。公式の悪ふざけOVA「妖精学園」では3人全員が別キャラとして登場する。

『RAVE』のジークハルト・シーザーがモデル。


関連イラスト

ジェラール
ジェラール


視線の先
ジェラ様


関連タグ

FAIRYTAIL エルザ・スカーレット ジェラール フェアリーテイル

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェラール・フェルナンデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135449

コメント