ピクシブ百科事典

ジャック・O

じゃっくおー

←どうして…こうなった・・・・
目次[非表示]

もしかして⇒ジャック・オー

『アーマード・コア ネクサス』(ACNX)及び『アーマード・コア ラストレイヴン』(ACLR)の登場人物。
愛機は重量(過多)二脚型ACフォックスアイ」。

ACNX

CV:岸祐二
最初のミッションを2度失敗すると助けに来てくれたり、ミッション中で撃破しても死ななかったり、挙句にストーリー中盤では依頼仲介組織『レイヴンズ・アーク』を刷新するなど、奇妙なほどの活躍をしているが、あまり直接主人公と関わるようなことはない。
関わったとしても任務に失敗し続ける主人公を「ふんッ、役立たずめ…」と吐き捨てるなど、後のACLRに登場するジャックとはかなり雰囲気が異なる。

なお、ゲーム中で見られる解説(「高いミッション成功率」など)とは裏腹に、実際にアリーナで対戦してみると凄く弱い。
鈍足な重量二脚に、重量オーバーなほどの重武装を施しているのが原因。そのため簡単にバックを取れる。
彼は強化人間なので、頻繁にオーバードブーストをカチャカチャと発動させても熱暴走やエネルギー不足に陥る事はまず無いが、AIの設定に不備があるのか、背後を取ると尻を振るように左右に小刻みに旋回しつつ逃げていく。
通称尻振りダンスと呼ばれるこの行動が、彼の愛称・弱王、ならびに二次創作におけるゲイ設定に繋がっていくが、これらのネタが広まるのはLRより後のことである。

ただし、「ミラージュ補給基地強襲」にて敵として遭遇した際は両肩の大型ミサイルやハイレーザーライフル等の高威力の武器を積極的に使用してくる上にジャミングを張り巡らすMTが居る事もあり、アリーナでのお粗末な戦いぶりとは打って変わって厄介な相手となっている。

ACLR

CV:津田健次郎
ストーリーの中核を担う黒幕
ACNXのエピローグで無数に飛来した特攻兵器による世界潰滅から復興しつつある世界で、生き残りのレイヴンを率いて「バーテックス」を結成し、企業連合「アライアンス」に宣戦布告。
総攻撃までに設けたタイムリミットは24時間。「ラストレイヴン」とは、この24時間の生き残りをかけた戦いのストーリーである。
だが、彼の真の目的はアライアンスの潰滅とは別にある。

機体構成は前作から一部変更され、重量過多の最大の原因であった背部の大型ミサイルがデュアルミサイルに換装されている。
これにより、NXの頃よりはかなりマシな状態になった。
だが、機動力が低いという弱点は依然として変わっていない。

二次創作

NXでの彼はプレイヤーと関わる場面が殆ど無かった為に特に注目されてはいなかったが、LRで出番が激増すると同時に、その声やセリフからフロム脳が暴走したレイヴン達に目を付けられ、ホモ疑惑をかけられることになった(NX当時、ヤマジュンネタはネット上に存在してはいたが、今ほどの知名度は無かった)。その後、NXでの尻振りダンスなどが再評価?されることになり、ヤマジュン絵のパロAA(首から上がフォックスアイの頭に差し替えられている)が作られたり、彼の素敵渋い声を最大限に生かした音MADが投稿されたりと、彼のホモネタが次第に広まっていった。
そのせいか、今ではすっかりネタキャラガチホモ扱いが定着してしまっている。記事のメイン画像の彼がまさにそれである。通称ゲイヴン。時にはバイセクシャル(両性愛者)になったりもする。というかバイである。どう考えても。
この時の彼の実力は桁外れであり、本来装備していないはずの射突ブレードによる攻撃でACを沈め、中の人物も腰の射突ブレードで屠る(性的な意味で)。旧作ACとは桁外れのスペックを持つネクストACが相手も例外ではなく、コジマ汚染をものともせずに襲い掛かる。一部リンクスにはトラウマものとなっている。
しかし、ジナイーダには逃げられてばかりである。

これ以降、AC二次ネタ界隈ではゲイヴンネタが一般化し、LR以前の作品からもゲイヴンが発掘されたり、その後の作品でも多くのゲイヴン(扱いされるキャラ)を産むこととなった。その潮流の起点であるジャックは、まさしくゲイヴンの代名詞であり、象徴であると言えよう。

関連タグ

アーマードコア ACNX ACLR
フォックスアイ ISTD (フォックスアイ頭部パーツに字形が似ているため、彼を現す記号として用いられる)

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・O」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437203

コメント