ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「君は自分の罪を覚えているかい? 大丈夫、僕はその罪も愛してあげるから」
セス・アルバンテスとは東方情花郷東方命血倉に登場するキャラクターである。

概要



 セス・アルバンテス(Seth・Albantess)
種族  :情花
能力  :慈愛を司る程度の能力
二つ名 :慈しみ愛す水玉の瞳、悟りを開いた白銀の王
所在  :忘却牢(情花郷の端にある牢屋)
テーマ曲:静寂が刻む慈愛の罪~Prince who gave up(道中曲)
     涙色カタルシス(テーマ曲)


情花郷書籍版で初登場。
命月倉では自機として登場。

水色に光る銀の長髪、ブルーサファイアのような瞳、囚人のような服、身体に繋がれたいくつもの鎖と枷、裸足といういかにも囚人らしい風貌。
鎖の色は水色。髪の長さが不規則で、前から見て左揉み上げが長く。後ろ髪が異様に長い。
生まれは情花郷で、情花郷で育った。兄にロイドを持つ。

かつて情花郷で一番の人気を誇った青年だが、その栄光も虚しく。思花が現れてから牢獄行きを命じられたセス。
牢獄行きを命じられた理由は、情花郷で起きた異変または他の場所で起こった異変に一番関係していた者が慈愛の情花であった。
慈愛の情花は文字通り、慈悲深く他人が犯した罪でさえも愛す情の花である。ぽっくり騙され、なにがなんだかわからないまま犯人になっている。
……というケースが過去何回も見られた。
その為、思花は異変減少に向けて、セスを牢獄に入れた。

呼称

セス、アルバンテス弟

個人設定

一人称:僕 二人称:君、さん
全てを平等に愛し、全ての罪を愛す子。
“罪深い”者を執拗に愛し、その“罪”を執拗に求める。
簡単に言えば、天然変態系男子。
過去や今や未来に拘らず、常に浮いている感じ。
罪深い人が大好きで思花とは友人。超天然変態。
好きなものは罪、クリームシチュー、暖かい所。
嫌いなものはカレー、寒い所。

二次創作


東方オリジナル内の関係
兄弟→ロイド・アルバンテス
友人→思花
   隠花
   情花咲

能力について

 
 慈愛を司る程度の能力

人を慈悲深くさせるだけの能力。

テーマ曲


 涙色カタルシス

『時』を渡り、人を虐殺し快楽に狂う少女。
『夢』を巡り、人を魅了し狂気に笑う少女。
『脳』を探り、人を破壊し絶望に嘆く少女。
【罪の時計】は止まらず、【時】を刻む。
月はその罪を愛すために地に降り注ぐ。涙色の愛で、世界を浄化する為に。

スペルカード

名称
花言葉「スノーフレークメンタル」
月夜「白き満月は語る」
慈愛「マハカルナの教え」
情花「ルナティックカタルシス」


関連タグ

東方オリジナル 東方情花郷

コメント