ピクシブ百科事典

パワーパフガールズ

ぱわーぱふがーるず

『パワーパフ ガールズ(The Powerpuff Girls)』とは、2001年からテレビ東京・カートゥーン ネットワークで放映されている人気アメリカ製TVアニメ作品である。
目次[非表示]

概要

世界で178ヶ国も放送され、子供たちを中心に大ブレイクし、「トムとジェリー」と並ぶカートゥーンネットワークの代表作。原作・総監督のクレイグ・マクラッケンが製作した「Whoopass Stew:A Sticky Situation」に登場する「Whoopass Girls」が原型である。その後現在のタイトルに改題、単独作品として製作が開始された。

日本では2001年1月10日から同年12月23日にかけてテレビ東京にて初放映。2001年10月5日よりカートゥーンネットワークでも放送開始。地上波放送が終了した後も同じキャストで放送継続されている。当初はカートゥーンネットワークで日本初放映される予定で、独自の翻訳・キャストによる吹き替え収録が26話分まで進められていたが、諸事情により地上波放映時に新たに吹き替えを行うことになったためお蔵入りとなった。2003年9月22日・9月23日の2日間にかけ、カートゥーンネットワークにて当時収録されたバージョンが『パワーパフ ガールズ アンダーグラウンド(以下UG)』として放映された。

2014年1月20日にアメリカのカートゥーンネットワークでパワーパフ ガールズのCG版「The Powerpuff Girls:Dance Pantsed」が放映される。

2015年、日本上陸15周年を迎えた。

2016年には新シリーズ(タイトルはそのまま「The Powerpuff Girls」)が開始された。

ストーリー

ある科学者、ユートニウム博士が、砂糖とスパイスと素敵な物をいっぱい(Sugar, spice and everything nice. マザーグースの一節に由来。)混ぜて可愛い女の子を作る実験中に、誤って「ケミカルX」を一緒に混ぜてしまったため、スーパーパワーを持った3人の幼稚園児が誕生。3人はタウンズビルの街を守るスーパーヒロイン(ナレーションでは”スーパーヒーロー”と呼んでいる)として悪と戦う。

メイン登場キャラクター

ブロッサム(Blossom)(CV:麻生かほ里/UG版:笠井律子/2016版:豊崎愛生

ブロッサム


パワーパフガールズのリーダーで、ガールズの指令塔を果たす。服と目の色はピンク。オレンジ色のポニーテールに赤いリボンをつけている。「素敵な物」分が多い。冷静で正義感が強く、頭脳明晰で数学が得意だが、プライドが高く真面目で融通が利かない面もある。ちなみに3人で唯一の前科持ち(しかもこの際モジョに罪をなすりつけようとした)。一人称は「あたし」。うさぎとピンク色とオシャレが大好き。個人特有のパワーは氷の息。桜の花がパッと開いたようにしゃべり始めたので「ブロッサム」と名づけられた。2014年の新作では、前髪を変えている。ちなみに頭のリボンはカッターにもなる。

バブルス(Bubbles)(CV:南里侑香/UG版:間宮くるみ/2016版:上坂すみれ

バブルス


服と目の色は水色。金髪を二つに分けて結んでいる。砂糖分が高い。個人特有のパワーはスペイン語や日本語などの多くの言語を操り、動物とも会話ができる他、大声による音波攻撃をするもの。無邪気で泣き虫、甘えん坊。素直すぎる性格ゆえに敵に騙されたりトラブルを起こしたりすることもあるが、怒ると非常に怖い。お絵描きが大好きで『オクティ』というタコのぬいぐるみが宝物。泡がパチンと弾けたように笑いだしたので「バブルス」と名づけられた。2014年の新作では、ブロッサムと同じく、前髪を変えている

バターカップ(Buttercup)(CV:池田有希子/UG版:三浦智子/2016版:村中知

バターカップ


服と目の色は黄緑。ショートボブの黒髪。男勝りで短気でケンカっ早い。しょっちゅうバブルスをからかう。お風呂が大嫌い。スパイス分が多い。だが、ギャングリーン・ギャングのエースに惚れるなど、女の子らしい一面もある。個人特有のパワーは今のところ見つかっていないが3人の中でも唯一舌を丸められる(ブロッサムやバブルスは舌を丸めることが出来なかった)Bが頭文字につく他の2人に合わせて「バターカップ」(キンポウゲの意)と名づけられた(buttercupには他に「元気な女の子」という意味も含まれている)。2014年の新作では、髪型を変えている

ユートニウム博士(Professor Utonium)(CV:安崎求/UG版:中田雅之/2016版:川原慶久

怒る博士


パワーパフガールズを作った博士で、3人の父親代わり。3人をきちんと育て溺愛しつつ、さまざまな発明品を作るが、どこか抜けているところがある。独身。

敵キャラクター


その他の登場キャラクター

  • 市長(CV:石住昭彦
  • ミス・ベラム(CV:高乃麗
  • キーン先生(CV:込山順子
  • トーキング・ドッグ(CV:小堺一機)… 物語の所々で登場するしゃべる犬。車の運転も出来るらしい。
  • エルマー・スラッグ(CV:安崎求)… ガールズの同級生で糊を食べる癖があり、ミッチー達に虐められていた。その際に放射能汚染されたハエを誤って食べモンスター化してしまうが、その際にクラスのみんなに謝罪を求めていた。その後はちゃんと元に戻った。
  • ミッチー・ミッチェルソン(CV:佐藤晴男)… ガールズの幼稚園の同級生で、文字が入った黒いTシャツが特徴。エルマーを虐めたりトゥィッギーを虐待したりと乱暴だがハリーのキスを恐れて逃げたり、ザ・ファイト・ビフォア・クリスマスでは先生に諭されて同級生に雪玉を投げつけるのをやめたりと(プリンセスは先生の足を平気で踏んでいた)、良くも悪くも自分の感情に正直な性格。そのためか、サンタからは良い子と認められていた。
  • ハリー・ピット… ガールズの同級生で浅黒い体の男子。誰彼構わずキスをする癖の持ち主のためみんなからは嫌われており、それが災いしてモジョにガールズを追っ払う武器として利用されてしまう。が、しかし彼の悪評は根も葉もない噂と気づいたガールズからキスの嵐を受け、ご満悦な表情となっていた。一度ミッチーと一緒にエルマーを虐めたことがある。
  • ロビン・スナイダー… ガールズの自宅の隣に引っ越してきた女の子。社交的ですぐにガールズと仲良くなったがガールズが市長に頻繁に呼び出され、遊ぶ機会がなくなってしまう。同時期にガールズの一員になることをたくらむプリンセスに利用され万引きをしてしまう。しかしプリンセス本人が本性を現したことからガールズとの誤解は解け、ガールズとまた一緒に遊ぶようになった。
  • ブレット… ケミカルXの力でスーパーパワーを得た、ガールズに目がそっくりなリス。ガールズと別れ森に残るが、ガールズからはかなりの信頼を得ている。飛行する際はギザギザに飛ぶ。
  • バニー
  • ダイナモ
  • デクスター… 通行人や置物、同級生としてほんの一部登場。ガールズの体が入れ替わった際、元に戻す実験の途中でミス・ベラムが一瞬だけ変身したことがある。
  • フレッド… 怪獣だがガールズの仲間。メイジャーマンの嘘を見抜くために大芝居を打った。
  • トゥイッギー… 幼稚園で買われているハムスター。プリンセスに罵倒されたりミッチーに虐待されたあげくトイレに流されたこともある。放射能に汚染された際は巨大化し、ミッチーに襲いかかるがミッチーは助け出される。元には戻れなくなったがそのまま飼われることになった。


主題歌

オープニングテーマ
「IT'S UP TO YOU!」
(The brilliant green)

「Cream Puff Shuffle」
(パワーパフソウルズ = 林原めぐみ上谷麻紀山下裕美子

エンディングテーマ
「The Power Puff Girls」
(Bis)

「WIN, LOSE or DRAW」
(P.P.S.)

関連イラスト

パワーパフェ♥ガールズ


ナース❤パワパフ
パワパフ15周年おめでとー


GO!ガールズGO!
PPG



関連動画

宣伝


表記ゆれ

パワパフ PPG

関連タグ

クレイグ・マクラッケン
カートゥーンネットワーク カートゥーン アメコミ 海外アニメ 懐かしアニメ
パワパフ50users入り パワパフ100users入り パワパフ500users入り パワパフ1000users入り

ラブライブ!:渋谷パルコで行われる展示会において、まさかのコラボを果たした。パワパフ風のμ'sは別の意味でも衝撃を受けるだろう。パワパフの日本上陸15周年を記念した今回のコラボも、その一環と思われる。

二次創作系タグ

オリパフ P&R パワパフ風

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーパフガールズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2527136

コメント