ピクシブ百科事典

ヒカルド

ひかるど

ヒカルドとは、漫画『キン肉マンII世』のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:森川智之

超人オリンピック編に登場したブラジル出身の超人
d.M.pのアジトにて悪行超人の子として産まれたが、正義超人の戦闘技術を体得させるために両親の手によりオーバーボディを着せられ、ブラジルに住む寝技と関節技のスペシャリスト・パシャンゴの元に預けられる。当初は早くアジトに帰ることを夢見て修行に打ち込んでいたが、いつしか関節技の面白さにハマり、本来の目的を忘れて修練に没頭するようになる。
そして15年後、d.M.pのアジトが壊滅したことを知りようやく自分が悪行超人出身だということを思い出すが、幼い頃から正義超人として育てられてきたヒカルドは悪行超人である両親の死を悲しむことができなかった。また同時期に、スパーリング中にヒカルドの正体を知ってしまったパシャンゴは正義超人としてヒカルドを征伐しようとしたが、血を見てしまったヒカルドは悪行超人としての本能を抑えることができず逆にパシャンゴを殺害してしまった。

師の教えである「正義超人は最後にリングに残るもの」という考えを信じて成長したが、オーバーボディが破れると本来の悪行超人の本能か相手を血祭りに挙げないと気が済まない残虐なファイターへ変貌する、正義超人の心と悪行超人の心を持つ多重人格超人である。本人をそのことに苦悩しており、自身のことをあくまで正義超人として認識しているという、「昨日の敵は今日の友」という展開が売りであるキン肉マンシリーズでは珍しいタイプのキャラクター。
彼の正義超人でありたいという気持ち自体は紛れもない本物なのだが、彼の周りの人物はいずれも彼が正義超人であるということをはっきりと否定している。

  • 両親の死を悲しむことができないような奴に正義超人は名乗らせないと言うジェイド(ジェイド本人は自分が会ったこともない両親に毎回、墓参りしているので分からなくはないが)
  • 例え正義超人として育てられてもその体にはドス黒い本性が流れていると言うブロッケンjr(超人血盟軍とは一体・・・)
  • 正体を知った瞬間自分が長年育ててきた弟子を容赦なく倒そうとしてきたパシャンゴ

仮に上記の3人の意見を肯定して考えるのなら、そもそもキン肉マンシリーズという作品のテーマそのものを否定していると言わざを得ない。ヒカルドに対して性悪説を唱えるというのなら彼だけではなく、バッファローマンアシュラマンネプチューンマンなどの元・悪行超人残虐超人(悪行超人の一派)ブロッケンマンの血を引くブロッケンJr.とて例外ではないはずである。またコンビニコミックのオマケコーナーのインタビューでもヒカルドは『誰が何と言おうが、オレは正義超人だ!見た目や過去の経歴などでとやかく言われるのなら、あのバッファローマンなんて完全に悪魔超人じゃねぇか!なあ?』と語っている


にも関わらず作中では誰一人として彼の「自分は正義超人である」という主張を肯定しようとしなかった。
ヒカルド自身も本性を現した際には「どんなにクリーンでいようとしても一度血を見てしまうと歯止めが利かなくなってしまう」(要約)と語っており、これは一応「悪は所詮悪である」と捉えることもできるが、見方を変えれば正義超人でいたいのにどうしても悪行超人としての本能を抑えられないという彼の悲痛な叫びとも言える。

万太郎に敗れた後、死んだ両親の幻影(亡霊)に諭されたヒカルドはついに正義超人になる事を諦め悪行超人道を邁進する事を決意した。

正義超人として育てられ、正義超人でありたいと願いながらも周囲の無理解もあって悪行超人の子と言う自らの血統を覆す事が出来なかったのである。


関節技(サブミッション)アーティスト

ヒカルドさん



暗黒の主(ロード・オブ・ダークネス)

(ヒカルド:左側)

悪魔と天使の間で…



関連タグ

キン肉マンⅡ世
正義超人 悪行超人
オーバーボディ
哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒカルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33404

コメント