ピクシブ百科事典

ミックミクかがみ

みっくみくかがみ

「らき☆すた」の柊かがみが、VOCALOIDの初音ミクのコスプレをした、または変身した姿。
目次[非表示]

概要

なお、ミックミクかがみという名前はねんどろいどの商品名で使われたもので、他では使用されていない。
Google検索ではかがミク、ニコニコ動画ではかがみくという呼び方が一般的。かがみ音ミクとも呼ばれる。

元々ツインテールという容姿上の類似点を持つ二人であるが、類似の容姿を持ったキャラクターは多数存在するにもかかわらず、アニメ版らき☆すたの持つパロディ性からか、比較的頻繁に描かれるクロスオーバーネタである。
『らき☆すたOVA』においては、これを逆手に取り、魔法使いとなった泉こなた(こちらもなぜか、長門有希が劇中扮した魔法使いの姿をしている)によって魔法をかけられ、メイド→巫女→遠坂凛とめまぐるしく変身させられた挙句、最後にこの姿になる、という展開がなされた。
そのインパクトからか、作中での登場時間はごく僅かにもかかわらず、Figmaねんどろいどなどのフィギュアとしても商品化されている。

その容姿は初音ミクに似せているが、髪が中分け(ミクは分けていない)で瞳の色が紫(元の色)、髪の先が先細り(元の髪がそのまま長くなった状態)、左肩のマーキングが「K★H」(本人のイニシャルと思われる)、袖のシンセサイザーの意匠がにゃもーになっている、といった細分の相違点がある。

VOCALOIDについては、鏡音リン柊つかさが、巡音ルカ高良みゆきがそれぞれ似ているとも言われ、まとめてコスプレネタに使われることが多いが、「らき☆すたキャラがVOCALOIDに扮する」というシチュエーションが一般的であり、逆のパターンはほとんど見られない。これも、らき☆すたという作品が元来持つパロディ性による部分が大きい。

余談ながら、VOCALOIDの派生系である『SF-A2開発コードmiki』の意匠は、今のところVOCALOIDシリーズに唯一類似の意匠を持つキャラクターが存在しない泉こなたの特徴(アホ毛など)を有している。

関連イラスト

かがみっくはわたすのヨメDaaa!
かがみっくにしてやんよ



関連タグ

柊かがみ ミクコス
かがミク かがみく かがみ音ミク

葱しばき合い対決

ミQB中の人関係。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミックミクかがみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 446570

コメント