ピクシブ百科事典

ミラ=マクスウェル

みらまくすうぇる

ミラ=マクスウェル(Milla Maxwell)とは、RPG『テイルズ オブ エクシリア』およびその続編『テイルズ オブ エクシリア2』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:沢城みゆき
年齢20歳。身長168cm。戦闘タイプは術剣士。
キャラクターデザインはいのまたむつみ

ジュード・マティスと並ぶ本作の主人公の一人。
を司る四大精霊を従え、自らを精霊マクスウェル」と名乗る女性。
マクスウェルとしての責任感が思考の規準となっており、精霊としてかなりの英知を持っている人物。
性格は冷静沈着で、使命を果たすための行動には一切迷いが無いが、それ以外の場面ではかなり天然ボケかつ素直である。犯罪者としてジュードと共に捕まりそうになった時も己の使命完遂を優先して「迷惑をかけた」と言い残し一人で先に逃げてしまったり、まともに戦えない状態のエリーゼを連れていながら「こうなることは予想できていたのだから」と迷わず魔物の住む危険な森に入るなど、本人には悪意は全く無いものの、人間的な世間一般でいう常識というものをほとんど持ち合わせていないという一風変わったキャラクターである。
ツインブレイヴ』のコミカルシナリオではそれがかなり強調されており、悪気があってやったわけではない言動で様々なキャラクターから怒りを買ってしまう。ただ決して悪人ではなく、自分の過ちをすぐに認めて謝罪するなど良識はあり、旅をするなかで徐々に人間らしい感性を身につけていく。
日常でも人間的生活能力は皆無で、様々な書物や話からそれらを学ぶ好奇心旺盛な面を見せる。
年齢は20歳となっているがそれは媒介としている肉体の年齢であって、実際には精霊として2000年以上に渡り世界を監視してきたらしい。

容姿

腰より長いボリュームのある金髪、頭にはねた髪の毛の一部は薄緑色(エメラルドグリーン?)をしている。瞳は赤紫。
腹と太ももを露出した動きやすそうな服装は、『テイルズオブデスティニー』のルーティを彷彿とさせる。体の各部を細い布地でX字を描くように巻いている。
ちなみに女性の姿になったのは「人類の半数(男性)を脳殺できて有利だから」とのこと。作中でも「美人」「バリボー(おそらく巨乳の意)」と評されている。
メインビジュアルの装備武器は、切っ先の尖っていない直剣「フェアーソード」。

戦闘

武器はで、様々な剣技を覚える。また精霊術を使うことが出来、精霊の主らしくストーリーをある程度進めると四大精霊を使うことが出来る。精霊術は火、風、光の属性を多く覚える。
術技の性能やスキルの関係で、空中戦も得意。滞空しながら術を詠唱することもできる。
キャラクター特性は、精霊術を設定したボタンを短く押すことで詠唱せず技に変化させて使用することが出来る「魔技」で、固有サポートスキルは一定時間敵を拘束し、行動不能にするという効果がある「バインド」。

一年後

分史ミラ

ミラ


続編『テイルズオブエクシリア2』では、精霊の主「ミラ=マクスウェル」とは異なる、もう一人の「ミラ」が登場。→分史ミラ

ミラ=マクスウェル

華麗なる精霊の演舞


先代マクスウェルから精霊の主の座を受け継いだ、今代の大精霊マクスウェル。
魂を浄化するシステムに異変が生じたことを察知。それに対処するため、ミュゼの力で強引に人間界に具現化するが、「何か」が起こり、行方不明になってしまう。


ネタバレ



その正体は、本物のマクスウェルによって20年前に生み出された人間であり、リーゼ・マクシアに入り込みマクスウェルを殺そうとするアルクノアをあぶり出す為の「」の役割を担っていた。
本物のマクスウェルの記憶を植えつけられているため、自分が本物のマクスウェルだと思い込んでいたが、リーゼ・マクシアを守るために決して死んではいけない筈の自分が、自ら前線に立って戦っている事の矛盾に疑問を抱きつつあった。
同じく本物のマクスウェルによって精霊として生み出されたミュゼは、本当の意味でのミラの姉にあたる。

またミラの容姿と名前は、かつてマクスウェルが愛したミラ・クルスニクがモデルとなっている。


余談

テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトルでは初の女性主人公である(シリーズ全体では携帯ゲームアプリの『テイルズオブブレイカー』のミカが初)。上記の通り自己の目的も態度も始めから首尾一貫しており、作中で迷い、思い悩むシーンは少ない。

『テイルズオブエクシリア』は最初にミラとジュードのどちらかを選択してシナリオを始めることになるが、物語構成上ミラ編は序盤から世界観に関する専門用語が多く出てくるため、世界観に関する基礎知識がほとんどない状態でいきなり選択することはあまりお勧めできない。

GREEの『テイルズオブカードエボルブ』(2014年9月サービス終了)にて『アイドルマスターミリオンライブ!』とコラボが実施され、ミラが島原エレナのコスプレ(というよりピンクダイアモンド765を着用)していたカードが登場。また、ミリオンライブ!のほうもエレナがミラのコスプレをしていた。

本作の1年前に発売された『テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX』では、彼女の出自(?)を示唆するサブイベントがある。そのサブイベの内容は以下の通り。

モーリア坑道にいたマクスウェルは「人形」を作っている途中らしく、完成のためにディオメルに「良質の土」を用意するように依頼する。その目的とは、アセリアとは別の多元宇宙世界を作り出し、そこでどんな生命が誕生するか、環境に適応していくかを観察する実験であった。
そのために双子が持ってきた土から人形を作り、その世界の監視役にさせようとした。後は名前を決めるだけというところでディオは持ち前のネーミングセンスで「マクスウェル子」なる酷い名前を提案、勿論マクスウェルは却下。しかも勝手に監視者を女性にした事に突っ込むが、それには賛成する。その後マクスウェルは一人で考え込み、ディオとメルは話についていけなくなり、報酬を受け取って立ち去った。
しばらく名前を考えていたマクスウェルだが、その時、水の雫が落ちる音が響いた。その水が落ちる音―孤独の音から閃いたマクスウェルは、土人形に名前を付けた―――――――「水落(ミラ)」と。

↓以下ネタバレ注意

『エクシリア』でも精霊王マクスウェルが登場し、ミラを世界の監視者である自分の身代わりとして生み出したことが本人の口から語られるが、マクスウェルは「テイルズオブシリーズ」では頻繁に登場する精霊の名前であり、同一人物かどうか不明であった。
『エクシリア2』では再びマクスウェルより「ミラ」の名前の由来が語られ、過去に初めて自身を呼び出し、契約を結ぼうとした人間の少女ミラ・クルスニクから名をとったことが判明する。
名付けの由来が異なっているため、両作品のマクスウェルは異なる存在であると思われる。しかし上記のサブイベントは明らかにミラとの関連性を示唆するものであり、単なるファンサービス要素なのか、込められた真意は謎である。

他作品への出演

テイルズ オブシリーズ

テイルズオブザヒーローズツインブレイヴ
テイルズオブイノセンスR

テイルズオブゼスティリア』では、ロゼアリーシャ用DLCコスチュームとして、『エクシリア2』でのミラの衣装が配信。

グランブルーファンタジー

テイルズオブアスタリアとのコラボで登場。メインキャラのカタリナ声がよく似ている。 アスタリアではヴィーラのコスプレでも登場。

テイルズオブベルセリア

エクシリアの時の姿でジュードと共にゲスト登場している。
サブイベントで戦う事が出来、多彩な技も健在である。


関連イラスト

あふれた願い
-Elements Queen-


マクスウェルさん
ミラ様ああああぁぁぁぁ!(CV:森久保祥太郎



関連タグ

テイルズオブエクシリア テイルズオブエクシリア2 TOX エクシリア テイルズ 
ジュード・マティス アルヴィン エリーゼ・ルタス ローエン・J・イルベルト レイア・ロランド イバル
ミラ マクスウェル
分史ミラ ミュゼ
島原エレナアイドルマスターミリオンライブ!のキャラクターで彼女がミラのコスプレをしていた)

CPタグ

ジュミラ/ミラジュ アルミラ イバミラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラ=マクスウェル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2202731

コメント