ピクシブ百科事典

メジェド

めじぇど

『エジプトの死者の書』に描かれた謎の神。

アルファベット表記は「Medjed」で、その名は「打ち倒す者(The Smiter)」を意味する。

眉毛が描かれた頭巾に足が生えたような不思議な姿をしている。

バンダナを巻いていたり、花瓶のような姿、男根のような姿、オシリスの頭部を収める容器のような姿でも描かれることがある。
見た目こそコミカルだが、オシリスの館に住まい、オシリスの敵を目によって滅ぼす
邪視のようなものか、目からビームのように何かを放射するのか不明)
というその名にふさわしい権能を持つ。
オシリスの丘や、葬儀用の壷に隠れた姿であるといい、人の心臓を喰らい、
死者の肉体を聖別する、という「」と縁の深い神である。

太陽神ホルス地平線から現れる前の相とも言われ、不可視の存在とされる。
目が書かれた袋に足が生えた図像表現も、彼が目に力を持ち、見えない存在であることを表現したものかもしれない。

関連タグ

オバQ 歩ける寝袋 サービスマン

pixivに投稿された作品 pixivで「メジェド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104492

コメント