ピクシブ百科事典

ホルス

ほるす

エジプト神話の天空神のこと。
目次[非表示]

概要

エジプト神話の天空神であり、ハヤブサの頭を持つ現世の統治者。
エジプトの王者〈ファラオ〉はホルスの生まれ変わり。

エジプト神話

オシリスイシスとの間に生まれた子。古代エジプトではその名はヘル、ホルというふうに発音された。エジプトの王者〈ファラオ〉はホルスの生まれ変わりとされる。一般に、天空太陽の神として知られている。主に頭がで体が人間という姿をしているとされる。オシリスイシスの子でありセトの敵対者というのが有名。また牝牛の女神ハトホルを妻とすることもある。

ホルスは父オシリス死後、父オシリスの後を受け継ぎ現世の統治者となっている。ちなみに同じエジプト神で同じ太陽神としてラーが存在するが、しばしば同一の存在と扱われる事がある。同一として扱う場合、ラー・ホルアクティという名になる。この他ハルポクラテス、ハロエリスなど地域や時代によって様々なバリエーションのホルス像が生まれている『エジプトの死者の書』ではメジェドという名の彼の一相が登場する。

西洋魔術

アレイスター・クロウリーの創始したテレマにおいては「ヘル・ラ・ハ」として取り込まれている。クロウリーが関わったタロット「トート・タロット」では「太陽(タロット)」にその姿が描かれている。「ヘル・ラ・ハ」は二つの面(ラー・ホール・クイトとホール・パアル・クラアト)をもつ二重神とされる。

それを象徴してか、前述のトート・タロットでも双子の姿で描かれている(外部リンク)。

関連タグ

エジプト神話
 ウジャトの目 鳥人

ペット・ショップ・・・スタンドの名前がホルス神

同性愛・・・セト神が養子となったホルス神の股下に挿入した。という神話が残っている。セト神とホルス神が描かれるときは豊穣と同性愛的なものをあらわしたという。

pixivに投稿された作品 pixivで「ホルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 678808

コメント