ピクシブ百科事典

十二支

じゅうにし

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥のこと。十干と合わさって干支を成す。日常およびpixivタグとしては特に十二生肖を意味する。
目次[非表示]

概要

地支(ちし)とも言う(対して十干は天干)。読みは以下の通り。

十二支
チュウインボウシンシンユウジュツガイ
うしとらたつうまひつじさるとりいぬ
訓の意鳥(鶏、雉)

英語ではEarthly Branchesと言うらしい。これは「地支」という呼び方に基づいたネーミングとなっており、中国でも地支の方がポピュラーな様子。
日常では干支(えと)と呼ばれる事が多いが、干支は正確には十干と十二支を組み合わせたもの(十干十二支)のことで、干支=十二支は誤りとされている。
古くは時刻や方向を示すものとしても馴染まれた。
十二という数の由来については、一年の月数なのか、木星が天球を一周する年数なのか、いずれとも無関係なのか、いまいちよくわからない。
「支」の字は枝・肢に関連すると言う(対する「干」は幹・肝)。
「子」~「亥」の字は、(十干の「甲」~「癸」共々)一年を通した植物の状態等に関係してるという話も。

十二支と動物

訓として動物名が当てられているが(なぜか未だけ三音)、元々は動物とは関係の無いもので、動物の当てられたものは特に十二生肖十二属相と言うらしい。国によって若干動物に違いがある。
同様に十二種のキャラクターが当てられているものとして、黄道十二星座(→星座)と比較される事も。
訓は八卦(後天図)にも転用され、以下のようになっている。

八卦十二支訓(共通)方角
艮(ゴン)丑寅うしとら北東
巽(ソン)辰巳たつみ南東
坤(コン)未申ひつじさる南西
乾(ケン)戌亥いぬい北西

=日本昔ばなし=
十二支の動物がどのように選ばれたのかが語られている。犬猿の仲や、ほかの動物の習性の由来が追加されているのが特徴。
 神様が「一月一日の朝、一番から十二番目までに来たものを1年交代で動物の大将にする」という手紙を書く。
 それを受け取った全国の動物たちは、自分が一番になろうと翌朝まだ暗いうちから一斉にスタートした。でも猫だけは「一月二日の朝」とネズミから聞いていたので、出発しなかった。犬と猿は最初は仲良く並んで走っていたのだが、そのうち必死になって走ってしまい、とうとう丸木橋の上で大げんかを始めた。
いよいよ新年の太陽が昇った時、前日の夕方から出発していた牛が一番に現れた。しかし牛の背に乗っていたネズミが、「神さま、新年おめでとうございまチュゥ」と、牛の背中からぴょんと飛び下り、神さまの前に走っていった。一番はネズミになってしまったので、牛は「モゥモゥ!」と悔しがった。
続いて虎が到着し、そして兎、龍がやってきた。こうして次々に動物たちが到着し、蛇、馬、羊、猿、鳥(鶏)、犬、猪、カエル、の順番となった。13番目になってしまったカエルは、がっかりして「もうカエル」と言って帰っていった。
さて、神さまと十二支たちの酒盛りが始まりまったが、犬と猿はまだケンカをしていた。そこへすごい剣幕で猫が現れ、ネズミを追いかけまわった。だから、今でも猫はネズミを追いかけていて、犬と猿は仲が悪いという事だ。

十二支と時刻

昔は主に、年よりもその日の時間を表わす“12の刻(こく)”を表わしていた【例:「草木も眠る丑三つ時」「正午(午前11:00~午後1:00は午の刻)」】。
それぞれの刻が120分であり、それを更に三つ~四つに分けて表わしていた。四つに分ける方法では、分けられた一刻は30分となり、それぞれ「一つ」~「四つ」と呼ばれる。子の刻ならば、「子一つ」~「子四つ」となる。
三つに分ける方法では上刻・中刻・下刻と呼ばれ、これは恐らく、太陰暦において各月が上旬・中旬・下旬に分けられる事に準ずるものと考えられる。

pixiv内での十二支

もちろん十二支全てを集合絵のように描いたものもあるが、それぞれを擬人化してみたり版権キャラに当てはめているイラストも存在する。

干支をモチーフとした作品

アニメ

ゲーム

漫画

その他

  • 魔神英雄伝ワタル(12ヶ月の月が十二支繋がり)
  • 路地裏さつき
  • ヘボット!(OPテーマの歌詞に十二支が入っている)

関連イラスト

十二支擬人化
ぐるっと十二支



別名・表記ゆれ

12支 地支

関連タグ

干支 十干十二支 十二生肖 十二支の由来  元素 八卦 植物 十二人組
           
星座 十二星座
십이지
猫年 水牛 山羊   

pixivに投稿された作品 pixivで「十二支」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 904801

コメント