ピクシブ百科事典

十干

じっかん

十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸。十二支と組み合わさって干支を成す。
目次[非表示]

概要

天干(てんかん)とも言う(対して十二支は地支)。読みは以下の通り。

十干
コウオツヘイテイコウシンジン
きのえきのとひのえひのとつちのえつちのとかのえかのとみずのえみずのと
訓の意木のの兄火の弟の兄土の弟の兄金の弟の兄水の弟

御馴染みの「コウ・オツ・ヘイ」という音読みだと、甲と庚、己と癸が被ってしまう(前は甲が「カフ」で庚は「カウ」だから問題なかったのよ)。
英語ではCelestial StemsまたはHeavenly Stemsと言うらしい。これは「天干」という呼び方に基づいたものとなっており、中国でも天干の方がポピュラーな様子。

日常では、順位や種別や名称の代わりとしての使われ方が馴染み深い。
恵方はその年の十干によってのみ決まっている。
「干」の字は幹・に関連すると言う(対する「支」は枝・肢)。
「甲」~「癸」の字は、(十二支の「子」~「亥」共々)一年を通した植物の状態等に関係してるという話も。
昔、十個の太陽が交代で巡るという宇宙観があって、そこから来たという説も。

十干の訓と陰陽五行

訓の「え(兄)」は陽、「と(弟)」は陰を意味するらしい(陰陽説)。兄や弟は、(今日においても姉妹を指して兄弟ぶ事があるように)古くは性別を問わないものだったそうで、この場合もその様子。ただし、陽の干を(男性の)兄、陰の干を妹とする説も多くみられる(主に中国? 参考:鍼灸学の一考察)。
「兄弟」でちょうど「えと」となり、干支の訓はここに由来するとの事。元々は十干が「えと」と呼ばれていたと言われる事もあり、それが干支にも引き継がれたとも。十干と十二支自体がまた陰陽・兄弟の関係と言う事で、干支が「えと」と呼ばれるようになった……のではないかとも思うが、なかなか聞かない。
一方の木・火・土・金・水は五行説に基づくもので、ちょうど下表のように、陰陽×五行という形になる。


ただし、陰陽×五行という事で考え出されたわけではなく、元は陰陽五行とは別に存在していた様子。陰陽と五行は十二支にも当てられているが、十干の場合は訓にもなっているように、殆どイコールで結び付けられていると思われる。
陽の木や陰の火について、具体的にはだいたい以下のように解釈されている様子(参考:四柱五行推命術独学習講義教室本当の自分ウラ・オモテタオの風水学教室鍼灸学の一考察)。

陽木(甲)大木
陰木(乙)草花
陽火(丙)太陽、燃え盛る炎
陰火(丁)焚き火、灯火
陽土(戊)乾いた土、硬い土、大きな山、岩
陰土(己)湿った土、柔らかな土壌
陽金(庚)剛金、刃物
陰金(辛)貴金属、宝石
陽水(壬)海、大河、泉
陰水(癸)雨滴、露、池

関連タグ

干支 十二支 十干十二支
陰陽 五行 元素
植物 万葉仮名 通知表 通信簿

pixivに投稿された作品 pixivで「十干」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26499

コメント