ピクシブ百科事典

干支

えとまたはかんし

十干(じっかん、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と、十二支(じゅうにし、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)を組み合わせた数の数え方。暦や邦楽の表記法として広く使われる。
目次[非表示]

十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞。暦を始めとして、時間、方位などに用いられる。

中国とその影響を受けた東アジア諸国で広く使われた単位である。60年で一巡りする暦(紀年法)として、現在の中華人民共和国でも、西暦とともに干支が使われている。

現代の日本では、日常的には十二生肖を示すものとなっており、pixivのタグとしても主にこの意味で使われる。年末年始に特に盛んに用いられるタグ。

併用推奨タグ:十二生肖→十二支、本来の干支→十干十二支

概要

「カンシ」または「えと」と読み、主にとして用いられる。十干十二支天干地支とも呼ばれる。
60を周期とするので六十干支とも言い、還暦はこれによる。

例として、甲子園の「甲子」、戊辰戦争の「戊辰」、壬申の乱の「壬申」がある。中国や韓国では歴史上の出来事を示す単位として日本以上に頻繁に使われ、例えば「日清戦争」も「甲午戦争」と呼んだりする。

年だけでなく、月・日・時(時辰)にも当てられているとか(土用丑の丑は、日の十二支)。

「干支」の字は、幹⇔枝、肝⇔肢と関係が深いと言う。
十干の「甲」~「癸」の字、十二支の「子」~「亥」の字は共に、一年を通した植物の状態等に関係してるという話も。
生まれ年について、十二支だけでなく十干も忘れないで。

巡り方

甲子→乙丑のように、干と支それぞれが同時に進行して行く。ちょうど下図のようになる。

干支の歯車(標準版)



十二×十で120通りの組み合わせが考えられるが、最大公約数が2な都合で、甲子で始まり癸亥で終る60通りしか現れない。具体的には、偶数番目同士、奇数番目同士でのみ結び付く。
それ以外の場合を結びつける使い方は有るのか、その場合なんて呼ばれるのかは知らない。
また、偶数番目の干は陰干、支は陰支、奇数番目の干は陽干、支は陽支と呼ばれる。通常は陰と陽で結びつくと言われるが、干と支の場合は陰同士、陽同士で結びついている。結果、干支としても偶数番目が陰、奇数番目が陽となる(陰×陰=陽という解釈はされない様子)。

えと

訓の「えと」は、十干で用いられている「え(兄⇒陽)」「と(弟⇒陰)」に由来すると言われ、元々は十干の事を示したと言われる事もある。
元々十干のみが使われており、このように呼ばれていたのが、十二支を組み合わせた干支においても引き継がれた、とも言われる。十干と十二支がまた陰陽・兄弟の関係であると見れば、干支をこう呼ぶのはあながち間違いでも無いのではと思う。
十干の項も参照】

天干地支

中国では、十干十二支よりも天干地支という呼び方の方がポピュラーな様子がある。
この天や地というのは大層な意味があるのかと思えば、こよみのページによると、単なる縦書きにおける上下関係に由来するそうな。
十と十二を2で割ると、十二は六で偶数のまま、十は五で奇数となるが、陰陽説では奇数は陽、偶数は陰とされており、一方、天は陽、地は陰とされているので、この点には結びつく。干支の訓について、そのまま干を「え」、支を「と」と見なした場合とも符合するが、「夫婦/めおと」の例も有るため、良い例とは言えないかもしれない。
日本で天干地支という呼び方があまり使われない様子なのは、癲癇致死で縁起が悪いからだろうか。

最近の干支

平成55年:癸亥(みずのとい)

平成27年:乙未(きのとひつじ)
平成26年:甲午(きのえうま)
平成25年:癸巳(みずのとみ)
平成24年:壬辰(みずのえたつ)
平成23年:辛卯(かのとう)
平成22年:庚寅(かのえとら)
平成21年:己丑(つちのとうし)
平成20年:戊子(つちのえね)

昭和59年:甲子(きのえね)

関連タグ

十干 十二支 天干 地支
十干十二支 天干地支 六十干支
元素
年賀状 正月 十二生肖


他の記事言語

Sexagenary Cycle

pixivに投稿された作品 pixivで「干支」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3347438

コメント