ピクシブ百科事典

八卦

はっけ

八卦(はっけ、はっか)は、古代中国から伝わる易における8つの基本図像。
目次[非表示]

概要

我々は通常「はっけ」と読むが、専門家は「はっか」と読むそうな。
を表す「」とを表す「」とで表現され、以下のような二進数の形を取っている。

八卦
名前
読みケンシンソンカンゴンコン
自然()()
このような属性的なものも当てらており、特に六十四卦はこれらを含んだ名前となっている。

この「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」という並びはちょうど二進数と一致しており、「伏羲八卦次序」と呼ばれる。一方「☱」と「☶」のような、陰と陽が反転関係にあるもの同士を隣接させた「乾・坤・震・巽・坎・離・艮・兌」という並びも存在し、「文王八卦次序」と呼ばれる。

繋辞上伝の生成論においては、以下のような感じで生まれたとされる。

太極 → 陰 + 陽
陰 → 太陰(老陰/) + 少陽()
陽 → 太陽(老陽/) + 少陰()
太陰 → 乾 + 兌
少陽 → 離 + 震
少陰 → 巽 + 坎
太陰 → 艮 + 坤

この話においては、陰と陽をまとめて「両儀」、太陰・少陽・少陰・太陽をまとめて「四象」と呼び、「太極→両儀→四象→八卦」のように表現される。

⚊と⚋に加えて𝌀を含んだ図像も存在するが、これは太玄経というものの中で用いられる。
こちらは陰陽の代わりに天地人を当てており、⚊を、⚋を、𝌀をとしている(𝌀はUnicode名では地となってるが、中国版Wikipediaによれば誤植っぽい)。

先天図と後天図

八卦には、3×3のマスに並べる方法が主に以下の2通り存在する。

先天図

兌☱乾☰巽☴
離☲坎☵
震☳坤☷艮☶

これは伏羲八卦次序をS字状に並べた形となっている。反時計回りに半分並べた後、向かい側に陰陽が反転した卦を配置させた形である。

後天図

巽☴離☲坤☷
震☳兌☱
艮☶坎☵乾☰

実はこちらの並びの方が我々に馴染み深く、「艮」を「うしとら」と読むことなんかはこれと関連している。この図は下を北としており、艮は北東すなわち丑寅の方角に位置しているため、こうなったのである。同様に「乾」⇔「いぬい」⇔「戌亥」、「坤」⇔「ひつじさる」⇔「未申」、「巽」⇔「たつみ」⇔「辰巳」となっている。十干十二支と組み合わさって二十四方を表したりもする。

由来は、文王八卦次序を魔方陣に従って並べたものと説明されるが、その通りならば以下のようになるはずである。

巽☴兌☱坤☷
震☳離☲
艮☶乾☰坎☵
離に火が、坎に水が当てられている事を踏まえると、五行との整合性のために手が加えられた可能性が考えられる。五行においては火は南、水は北に位置するからである。これに基いて入れ替えると、ちょうど先の図となる。

ただ、なぜ離に火が、坎に水が当てられたのか、そもそも八卦と自然の対応の成立は、後天図の成立より先だったのか、その辺は情報求む。
八卦と五行の関係については、坎と離はそのまま水と火で、乾(天)と兌(沢)は金に、坤(地)と艮(山)は土に、震(雷)と巽(風)は木に分類されており、陽全開であるはずの乾が陰寄り扱いとなっている。

関連タグ

太極 陰陽 易経
風水 二進数/2進数 陰陽大戦記 八卦炉 八卦掌 八卦ロボ
属性 エレメント 八色 八角形 八芒星

関連外部リンク

八卦 - Wikipedia
八卦とは | 易経ネット
風水探偵団 - 風水と八卦
Miasmal Garden - 八卦とは

pixivに投稿された作品 pixivで「八卦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55559

コメント