ピクシブ百科事典

ライオコンボイ

らいおこんぼい

私はパパではない。
目次[非表示]

ライオコンボイとは『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズⅡ』に登場するサイバトロン戦士であり、コンボイでありパパである。
CV:郷田ほづみ

概要

本作品のサイバトロンの総司令官。
ある時惑星ガイアに不時着し、重傷を負うがその惑星に住む白いライオンに助けられ、一命を取り留めた。
以後はその白いライオンの姿をスキャン。同時に旧名の「コンボイ」から、「ライオコンボイ」に改名した。
その後惑星ガイアに侵攻してきたガルバトロン一味と熾烈な戦いを繰り広げることになった。

性格は仏様のように温厚で懐の深い人物で、個性的なサイバトロンメンバー達をその広い心でまとめ上げている。どのくらい仏かというと、ジョイントロンの問題行動の数々に頭を悩ませている仲間に対して「平和の守り方が少し変わっている」で済ませている(ただし話の進行とともに不安になっている)。そのためか、歴代司令官およびサイバトロンの部隊で穏健派とされている。
不時着した際にマトリクスが善のアンゴルモアエネルギーと反応して生まれたライオジュニアという息子がいる子持ちの司令官である。

ガルバトロンとは浅からぬ因縁がある模様だが最後まで話し合いによる解決を試みた。なおシーコンズとインセクトロンとは成功している。

因みに酒乱という裏設定がある。漫画版ではこれが原因でややこしい事態に陥っている。

「セカンド」の最終回後は行方不明になるが、「ネオ」の終盤にて再登場。
ガルバトロンとの最終決戦の影響で生じた時空の抜け穴から過去世界(デストロン達の当時の拠点「惑星ダイナソア」)に飛ばされ、そこでビックコンボイ達の訪れを待っていた。
ブレントロンの目的と黒幕(ユニクロン)の存在を教え、彼らを通常空間に戻すため自らはダイナソアに残ったが、ユニクロンとの最終決戦ではビッグコンボイ達に助力した。
ユニクロン討伐後は、ベクターシグマの命令により新たなグレートコンボイに任命される。なお、他のメンバーも無事に帰還したらしく最終回にわずかながら出演していた。
ビッグコンボイは彼のことを“偉大なる先輩”と称しており、彼に対しては敬語を用いて会話をしている。

漫画版

性格自体はアニメ版と大体同じだがアンゴルモアエネルギーを受けたのとガルバトロンにマトリクスを傷つけられ暴走、巨大化している。この時、ガルバトロンの目をライオンクローで目を潰した後にフルボッコと日頃の温厚さを感じさせない容赦なさを見せた(因みにガルバトロンはこの後、何事もなく復活していた)。これを境にアンゴルモアエネルギーによる正義と悪の狭間に揺れてしまう。

その一方で酒乱ネタが披露され、ややこしい事態になったにもかかわらず寝酒が癖になったお茶目な所もある。

ガルバトロンとの一騎打ち後は過去の世界に飛ばされてしまい、助けてもらったマンモスと共に行動するが…。

容姿

ビーストモード時は助けてくれた白いライオンの姿と同じで、白い体に鬣は金色である。
このコンボイの玩具は非常に出来が良く、変形時のプロポーション・可動範囲の広さ・武器ギミックの再現性を高レベルで達成していたため飛ぶように売れた。
また海外でも「ライオコンボイ」名義で発売されている(「オプティマス」や「プライム」などではない)。


後にロボットマスターズにて、サイズダウンして各種スプリングギミックをオミットした代わりにプロポーションを格段に向上させた玩具が発売された。

レオプライム

トランスフォーマープライム」に於いて、玩具オリジナルキャラとして「グレートライオコンボイ」を襲名した数万年後の姿が登場。
この次元のコンボイ(プライム)に合わせて「レオプライム」と名乗っている。
ユニクロンの脅威を察知し、遠い次元から現代の地球へと渡ってきた。
時空混乱を防ぐため、オプティマスプライムとメガトロンの戦いに直接関わることはなかったが、ユニクロンを常に監視しているとの事。
流石に寄る年波には勝てないのか顔は髭を生やしてヨボヨボになっており、歴戦の戦いで失ってしまったのか、右足が義足となっている。
エネルゴンマトリクスの力を引き出す太古の剣(エンシェント・ソード)が武器。

玩具はサンダートロンの色替え。

関連イラスト

ライオコンボイさん
ライオコンボイ!



関連タグ

ビーストウォーズⅡ ホワイトライオン
サイバトロン アパッチ ビッグホーン タスマニアキッド ダイバー スクーバ ビッグコンボイ
インセクトロン ビッグモス トンボット マンティス
デストロン ガルバトロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129855

コメント